最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

京都市立病院の外壁に描かれた謎の宝の地図

DSC_4559

 国道9号線は京都市内を始点とし、中国地方の山陰側を経由して山口県まで結ぶ幹線道路である。京都の始点は、国道1号線との分岐点である堀川五条の交差点だ。

 その国道9号線を堀川五条から西、すなわち山陰方面に進むと、御前通(おんまえどおり)を越え、西大路通の手前で右側に見えるのが、京都市立病院である。

 写真は五条御前の交差点で、左側から奥に繋がる道は国道9号線の五条通、手前を横切っている道は御前通。

DSC_4554 (2)

 さて、上の写真の五条御前の交差点を右、すなわち御前通を北上すると、左側にいくつかの病院の建屋が見える。その中に、この写真の3階建の建物がある。

 そして、この建屋の3階の外壁には、緑の線で何か模様が描かれている。幾何学的というにはあまりに規則性や作為性がないように見える。所々×印も描かれており、まるで児童向けの冒険譚に出てくる宝の地図のようだ。

DSC_4554

 謎の宝の地図が描かれているのは、この建屋の3階の外壁だけのようだ。他の建屋を入念に調べてまわったわけではないが、サッと見たところでは周囲の建物にもそれらしき絵図は描かれていなかった。

 なにか配管のようなものを示しているのか、とも思ったが、それなら他の階や別の建屋に描かれていてもおかしくはない。芸術的な趣向にしては地味だし、何らかの意図があるように感じてしまうのだが、線や×が何を意味するのか、さっぱりわからない。

 何の用事もない健康体の私が、(しかも病院が大変なこのご時世に、)この謎の答えだけを求めて、訪問や電話で問い合わせをするのも気が引ける。かといって、通るたびに気になって仕方がないこの謎の図、どなたか目的や意味をご存知の方はいらっしゃらないだろうか。

【写真】2021年3月
【文章】2021年4月
にほんブログ村 旅行ブログへ

鉄骨の大仏

DSC_6058_2

 写真は2018年12月初旬にバンコクの寺院ワットパクナムを訪れた時のものだ。ワットパクナムは大仏塔の天井画がフォトジェニックな場所として、21世紀に入ってしばらくしてから有名になった寺院だが、私が訪れた時、この大仏塔のそばに大きな鉄骨が聳え立っていた。

 はじめは新しい仏塔か、あるいはビルのような伽藍でも建てるのだろうか、と思った。だいたいの目測だが、20~30階建てくらいの高さだ。


DSC_6058

 初めは巨大すぎて気が付かなかったのだが、全体をよく見上げてみると、なんだか途中から腕が生えているような形状に見える。いや、よく見るとそれら2本の腕が肘で折れ曲がっているように見える。

 これは巨大な仏像の骨組みではないかと気が付いた。周囲の伽藍や建物などと見比べて頂いても、どれほど高いか、おわかり頂けるかと思う。

DSC_6058_3

 しかし、この段階ではビルのような普通の鉄骨造の建物のようだ。昔はともかく、近代では仏像はみんなこうやって作るのだろうか。この後、どうやって作るのだろうか。少し興味が沸いた。

 昔、と言えば、例えば中国にある世界最大の大仏・楽山大仏は90年もかけて赤土の岩肌に掘られたものである。


 また日本最大の東大寺の大仏は、石や粘土の仏像とそれを覆う鋳型を作り、隙間に銅を流し込んで鋳造したのだと小学校の社会見学で習った覚えがある。

 そういえば日本最大のブロンズ立像である牛久大仏は、中にエレベータも通っていて登ることができたが、その構造は鉄骨造にブロンズパネルを貼り付けたものだったはず。ワットパクナムの大仏も近い感じの作り方になるのだろうか。

 また興味と時間があれば、古今東西の大仏の作り方も調べてみようと思う。

【写真】2018年12月
【文章】2021年2月
にほんブログ村 旅行ブログへ

今日の自宅窓から野鳥さん

DSC_9607

 鳩は年中よく見かけます。公園などに居る鳩よりも用心深くて人慣れしておらず、近寄るとすぐに逃げます。しかし窓際でじっとしていると、案外近くまで寄って来るようになりました。

 鳩って案外間抜け顔に見える。

DSC_9612

 あれ?スズメかな。と思いましたが、一回り大きいし、鳴き声もスズメより低い。

DSC_9604

 ツグミさんですね。3~4羽以上見かけました。自宅窓から見たのは初めて…いや、見ていても認識できていなかっただけかも知れません。少なくともカメラに収まったのは初めてです。

DSC_9605

 相変わらず飛ぶところを撮るのは難しいね。やっぱり望遠レンズが欲しくなってきました。


にほんブログ村 旅行ブログへ

久しぶりの自宅窓から見る野鳥さん

DSC_9571

 昨年11月中旬、4年程続いた自宅療養と言う名のぐーたら生活を終え、就職して社会復帰をしております。そんなわけで、のんびり自宅の窓から外を眺める時間もすっかり減ってしまいました。冬の日は短く、暗いうちに家を出て、暗くなってから家に帰ってきますからね。

 そんな中で休みの日などに家の窓から撮った写真を、昨年末くらいの分からいくつかピックアップしまして、と。

 上の写真だけは家の裏の田畑を散歩していた時のものですが、以下の写真はすべて家の1Fリビングの窓からその田畑にやってくる鳥を撮ったもの。望遠レンズもありませんので、写りが悪いのはごめんなさい。でも肉眼で見えている感じに近いってことです。

DSC_9585

 いつものケリさん。いつも通りの足長です。

 でも今日何羽か見たケリはすべて片足で立っていました。土が冷たいから触れる部分を減らしたい、などの理由があるのでしょうか?

DSC_9591

 ムクドリが何羽か来てました。つぶらな瞳と黄色いクチバシが印象的です。キュルキュルと鳴く声も数羽ならなかなか心地よいです。

DSC_9588

 しかし街中で大きな群れを成し、街の厄介者となっている報道もしばしば耳にするようになりました。元々は益鳥だったはずですが、時代や場所が変われば価値観も変わりますね。

DSC_9587

 実は変わっているのは鳥ではなく人間社会のほうなのですが、勝手に益鳥だの害鳥だのに扱われて椋鳥にとっては迷惑なものかも知れません。

DSC_9549

 たぶんカワラヒワかな。鉄道の反対側には川がありますので、この田畑には鴨や川鵜(カワウ)といった河川沿いでよく見られる鳥たちもやってくるのです。

DSC_9461

 羽を開くとこんな感じで鮮やかな黄色です。

 飛んでる鳥はデジタル一眼でもなかなか綺麗に撮れませんね…。スマホカメラだとほぼ無理ゲー。

DSC_9580

 田畑の脇の竹藪でジョウビタキを見かけることがあります。しかしこの竹藪、家の窓から直線距離で200~300mくらい、さすがに望遠レンズ無しで藪に居る鳥はカメラに捕らえられません。

 でもこの時はリビングの窓のすぐ下にジョウビタキがやってきてました。すぐにカメラを取りに行ったのですが、その間に少し遠くに飛び去ってしまいました…。


 なかなか鳥を写真に収めるのは難しいものですね。動くの早いし、近づくと逃げるし。家の窓から見かけたけれど、まだ全く写真に撮れたことがないのはメジロとヒヨドリ。まぁ四六時中張っているわけでもないので、また機会があれば。

にほんブログ村 旅行ブログへ

一つ前の駅で降りて歩いてみる

DSC_4495

 朝、少し早めに出て
いつもより一つ手前の駅で降りて
歩いてみる。

こんなに身近にも非日常はある
小さな旅だ


DSC_4497

非合理的で無為なことだと
笑う人もいるかも知れない

だが
非合理で無為なことにこそ
『楽しい』があるのだと私は思う

世の多くが理解を示す趣味や道楽でさえ
興味のない人にとっては非合理で無為なことなのだ


【写真】2021年1月 (京都市)
【文章】2021年1月
にほんブログ村 旅行ブログへ
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設