最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

1997年のスリラット高速道路と初バンコクの思い出話

FH040009

 時は1997年。タイ王国の首都バンコクは急拡大する大都市で、モータリゼーションの波が押し寄せていたが、交通インフラの整備は追いついていなかったように思う。

 公共交通機関で言えば、地下鉄はおろか高架鉄道BTSもなく、唯一の鉄道である国鉄はコミュータートレインではなく長距離専門、1~2時間遅れは当たり前。路線バスは万年渋滞に悩まされ、バイクタクシーやトゥクトゥクが車の間を縫って闊歩していた。中心部でもいくつかの路線が残っていた運河の乗合舟は、ラッシュアワー時には最速の公共交通だったと思う。乗りこなせればの話だが。

 首都高速はと言えば、当時は第一高速に続き、第二高速であるスリラット(シーラット)高速道路が2年半前に開通していた。写真は1997年2月、スリラット高速道路がシーロム通りと立体交差する辺りで、投宿したホテルから撮ったものだ。


 当時、バンコクの空の玄関口はドンムアン空港だった。右も左もわからぬまま、とりあえずドンムアン駅から国鉄に乗ってファランポーン中央駅にやってきた。確か5バーツ(=約20円)だったと思う。最初のバンコクの宿だけは予約していたので、歩いて向かう。

 土地勘がなかったので、地図では距離感がわからない。駅からは近いかと思っていたのだが、荷物を抱えて歩くと、思ったより遠かったのを覚えている。また当時、信号がない交差点も多く、途切れることなく交差点に突っ込んでくる車の流れをどうやって渡れば良いのか、途方に暮れたものだ。これは現地の人に見習って、阿吽の呼吸で渡れるようになった。ちなみにこの呼吸は、後に中国に行くようになってからも役に立った。

 予約していたのはシーロム・プラザ・ホテルという名前の古ぼけた中級ホテルだった。20年以上前の記憶なので、もしかしたら間違っているかも知れない。しかし場所はだいたい覚えていたし、昔は全くタイ文字は読めなかったが、今なら写真中央右寄りの病院マークの下に『ルートシン』と書いてあるのがわかるので、地図でもすぐに探すことはできた。

<GoogleMapで高速道路から見てみる>


 ルートシン病院の建物も新しいものが増えているし、看板も違っているが、やはりこの場所のようだ。左奥の建物は手前に別の建物があるが、GoogleMapで近寄ってみると、写真と同じ建物が今でもあるようだ。

 地図で確認してみると、この時私が泊ったシーロムプラザホテルは、今ではノボテル・バンコク・フェニックス・シーロムという名前になっているらしい。値段を見てもそれなりなので、たぶんノボテルが買収し、改装して営業しているのだろうと思う。

 しかし、このホテルに泊まれば、二十年以上の時を隔てて、同じ景色が見られるのかも知れない。機会があれば泊まってみようかと思えてきた。運よく同じ景色が見える部屋になるかはわからないけれど。

【写真】1997年2月
【文章】2020年8月

にほんブログ村 旅行ブログへ

鄭州夜話

20171026_202028A

 中国の河南省は、その領域の大半が黄河の南岸に位置することから付けられており、省全体が広大な華北平原に収まっている。中国で最も歴史のある地域の一つで、省内には日本でもよく知られている洛陽・開封・商丘・安陽などの古都や少林寺(嵩山)などがある。

 その河南省の省都は鄭州市、人口規模は東京23区と同じ程度だが河南省では3位で、同省には1~2位に南陽市と周口市という1000万人都市がある。ちなみに河南省だけで人口は一億人近いので、この規模から考えれば省は一国の規模、大都市(地級市等)は日本で言うところの県の規模、に近い。

 鄭州は3500年前の商王朝時代に都があった古代文明発祥の地の一つである。3500年前といえば、日本では有史どころか神話時代よりも更に千年以上の昔である。そんな時代から歴史が続き、栄え続ける街というのも、考えてみればものすごいことなのだろう。

20171026_201948A

 とはいえ、現代の鄭州の街といえば、やはり近代的で巨大な建物が並ぶ大都市だった。私が初めて訪問したのは2017年のことだったが、夕刻の公園や夜の屋台市などは人も多く、熱気と活気で溢れていた。

 うまく表現できないのだけれど、日本の大都市の活況とも古都の活況とも違った。鄭州は大都市なのに田舎臭いところがあったり、それでいて垢抜けたりもしている。人が密集しているかと思えば、そこからちょっと抜けたらガランとした大通りに出る。賑やかで人が溢れているエリアなのに、薄暗い通りや界隈も多い。光と影が交わるような不思議な感じだ。でも、人々は日本の人たちよりも明るく楽しそうに見えた。

 それらは、ちょうど経済成長による過渡期の真っ只中の光陰で、人々の明るさはひと昔前の高度成長期の日本人も持っていた漠然とした希望なのだろうかと思ったりもした。

【写真】2017年10月
【文章】2020年7月

にほんブログ村 旅行ブログへ

自家製コリアンダーシードと100円ペッパーミル

DSC_8584

 3週間ほど前の記事にパクチーの実がなった写真を載せておりましたが、それらを収穫し、しばらく乾燥させておいたら写真のようになりました。

 いわゆるコリアンダーシード、スパイスとして使えます。パクチーよりも格段にカメムシ臭が薄く、若干オレンジピールのような酸味や甘味を感じます。

 小さく黒ずんでしまったものは、少し生臭いカメムシ臭が強かったので、今回は比較的綺麗なものを選りました。

DSC_8583

 小さなすり鉢と擂り粉木も持っているのですが、毎回少量ずつ擂るのも面倒なので、100円ショップでペッパーミルを買ってきました。そんなに立派なものだとは言えませんが、機能的には十分です。100円で手に入るなんて、なんとも良い時代になったものです。

EZRbZGIUEAAwV9y

 ペッパーミルを2つ買ったのは、少し前に中華食材屋さんで入手した花椒にも使おうと思ったからです。

DSC_8588

 うむうむ、良い感じです。昨日、ステーキ用の肉を安く買ってきましたので、今日はさっそくステーキソースにコリアンダーシードを使ってみます。

DSC_8586

 ちなみに、コリアンダーシードの収穫時に、いくつか植木鉢に落としておきましたら、新しいのが生えてきました。パクチーは雑草みたいによく育ちますので、あと1週間もせずに食べられる葉が出てきそうです。
にほんブログ村 旅行ブログへ

家庭菜園で太陽の偉大さを感じる今日この頃

パクチーの実

DSC_8438

 冬から春まではボチボチだったウチの小さな小さな庭の家庭菜園も、最近温かくなってきて急速に育つようになりました。やはり太陽の力は偉大だと感じます。

 写真はパクチーの実です。いわゆるコリアンダーシードですね。鉢植えのパクチーはグングン育って観葉植物化どころか丈が1mを軽く超えて、白い花がたくさん咲きました。花が咲いた後には、このように丸い実をたくさんつけています。

 もう少ししたら実を集めて乾燥させてすり潰し、スパイスにしてみようと思います。葉っぱほどのカメムシ臭はなく、色々な料理に合いそうです。

水菜


DSC_8437
 数週間前に水菜を植えてみました。実は初めに植えた時には、右下の一つしか育たなくて、あとは少し発芽してもすぐに枯れてしまいました。もう一度、同じ種を植えなおしてみたら、今度はいっぱい出てきました。理由はわかりません。

 ちょっと早めですが最初のモノを収穫してみるかな…。

ネギ

DSC_8440

 ネギは元々冬場に植えたものです。春先から急に伸びてきまして、今では細ネギとは思えないくらい立派になりすぎて、途中で自重に耐え切れず曲がってしまうものまで…。ネギは使いやすくて重宝しますので、早めに食べて、また次植えることにしましょう…。

青じそ(大葉)

DSC_8442

 昨年に引き続き、同じ種を植えましたが、なぜか発芽してくれません。それなのに、なぜか関係のない脇のほうから、いくつか生えてきたのでした。昨年の種が散っていたのでしょう。ちょっと大きく丈夫になってきたら、盛り土の方に植えかえることにします。

バジル

DSC_8443

 料理をする際、乾燥粉末バジルを使うことも多かったので、それならばフレッシュなのも育ててみようと思い、数週間前に鉢植えに。

 いくつか種を蒔いたのですが、なぜか一つだけしか発芽しませんでした。写真の一番大きな葉っぱのものです。発芽率が悪いのかと思って、再度多めにまいてみたら、なぜか今度はわんさかと生えてきました…。難しいですね…。

リーフレタス

DSC_8444

 最近『無限レタス』と呼んでいます。もうどれほど千切って食べたのかわかりませんが、千切っても千切っても、また新たに葉が付いてきます。だんだん幹(?)が太くなってきました。

 2~3週間に一度くらい、ちょっとだけ肥料を追加します。
 
にほんブログ村 旅行ブログへ

田んぼに水が張られて

DSC_8400

 数日前、裏の田んぼに水が張られました。家の窓の景色から季節の移り変わりを感じられるのも、考えてみれば贅沢な生活です。都会暮らしの経験があるからこそ、気付けるのかも知れません。色々な経験は人を豊かにしてくれるものだと思いたいものです。

 窓からは季節を問わずケリ、白鶺鴒、鳩、雀、椋鳥、燕、烏などが見られますが、田んぼに水が入ると、水生動物を狙う鴨・カルガモ・鷺などが多くやってきます。そういえば最近ウグイスの鳴き声も頻繁に聞こえるのですが、どこにいるのでしょう…

 夜、真っ暗になると、蛙の大合唱が始まります。朝は4時前後の少し空が明るむ直前くらいに一斉に鳴きやみます。明るい時はあまり鳴かず、真っ暗な時だけ一斉に鳴くのは、異性には目立ちたい生殖本能と鳥等の捕食者には目立ちたくない防衛本能とのせめぎ合いの妥協点なのでしょうか。

 大合唱ではグワグワ・ゲコゲコ・グブゥと色々な鳴き声が混じり、いろんな種類や個体がいることがわかります。結構大きな騒音なのに、蛙や鳥の声が不快にならないのはなぜでしょうか。

 昼間はしばしば鳴く程度ですが、たまに田んぼにボチャンと飛び込む音が聞こえます。なるほど、これが松尾芭蕉が古池で聞いた音か、と感心したり。いや、もしかしたら亀かも知れない、とか思ったり。ひねもすのたりのたり。

※写真は望遠レンズも三脚も使わず家の窓から撮っただけなので、この程度でご容赦ください…
にほんブログ村 旅行ブログへ
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設