最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

【雑記】箱庭ではなく箱畑

DSC_8163

 我が家の玄関の軒先には、二畳分程度の小さな庭がある。ちょっと大きめの箱庭と言えるくらいの大きさだ。

 昨日、家内がご近所の軒先にある色鮮やかな花が植えられているプランターを見て、「ウチもパンジーでも植える?」などと言う。私の答えは簡単だ。「パンジーは食べられないし(植えない)」

 そう、我が家の庭とその傍の鉢植えでは、基本的に食べるものしか育てていない。以前の記事でも紹介したが、昨夏~秋にはキュウリや青じそを植えていた。箱庭というよりは箱畑である。

 そんな箱畑に、最近黄色い花が咲いた。昨秋に植えて、昨年末くらいから間引きしながら食べてきたのだが、まだ残っていたものが温かくなってきて一気に育ち、花も咲いた。

 母曰く、野菜類の花はほとんど黄色だそうな。そうだったかな?

DSC_8164

 こちらはまだ蕾のもの。なんの野菜かおわかりだろうか?

DSC_8166

 これは正月菜といって、愛知県などの東海地方では文字通りお正月に食べられる野菜だそうで。コマツナに似た感じで少し苦みが強いが、ホウレンソウほどクセはない。いわゆる菜っ葉という感じの味だ。小さいのを間引きしていた時は、みそ汁に入れたり湯がいておひたしにしていた。

 育って大きくなってきてもそれほど固くならず、茹でたり、炒めたり、湯がいたりしたら普通に美味しく食べられるので、使い勝手が良い。育てるのも、発芽率も高かったし、たまに肥料や水をやる程度でほとんど手もかからない。種も安価。なかなかお得な感じだ。

DSC_8158

 こちらは鉢植えのパクチー(香菜)

 これも雑草みたいなもので、種を適度にまいて日のあたるところに置いたら、たまに水をやるだけで勝手に生えてくる。特に温かくなってきたら、急激に伸びてきた。

 我が家のメニューは中華や東南アジアの味も多いので、使いたいときに使えるのが嬉しい。

DSC_8161

 レタスみたいなヤツ。実家から株だけもらったので、正式な名前は知らない。

 肥料を2~3週間に一度パラパラと撒いておいたら、千切っても千切ってもまた生えてくる不思議。

 冬は3~4日放置しても全く大丈夫だったが、たぶん夏場は毎日水やりしたほうが良いはず。

DSC_8167

 こちらは細ねぎ。種のパッケージに書いてあった種まき時期では秋でもOKだと書いていたが、昨秋に植えてから全然育たなかった。

 肥料をやったり、雑草を抜いたり、日当たりの良い場所に植え替えたりしてもダメだったので、ウチの土壌や環境では育たないのかと諦めていたが、春が近づくにつれて一気に成長あ。おかげで薬味には事欠かない。

 結局こちらも種をまけば、あとはたまに肥料と水をやるだけで良いみたいで、手がかからない。


 さて、青じそはまた植えるとして、夏に向けて他に何を植えようか。

にほんブログ村 旅行ブログへ

南フランスのニースで車上荒らしにあった話

1446510981113

 しばらく更新が滞ってしまった。忘れる前に書き留めておきたい写真や思い出はたくさん残っているのだけれど、一度サボると「明日でいいか」とサボり癖がついてしまう。このままでは追いつかなくなってしまうので、意識的に筆をとることにする。

 この車上荒らし事件も話せば長くなるので、なんとなく書き始められずにいたのだが、忘れる前に書き留めておきたいことの一つだ。

 このとき、私は仕事で南フランスのニース近郊に来ていた。1週間弱だった。事件が起きたのは最終日、しかも帰路の飛行機に乗るために空港の近くまで来ていたのだった。

 最終日は帰るだけの日で、宿を出た我々はレンタカー2台に便乗してニース市街に向かった。総勢11名で、片方の大型ワゴンには私を含めて7名が乗っていた。2名は社外コンサルタント、私を含む5名が同じ会社の社員だ。

 帰路につく前にニース市内でランチをとろうということで、空港にも程近いニース市街の地下駐車場に車を止めた。そして食事をして、余った時間で少しばかり街を散策して車に戻ってきた時に、異変に気が付く。止めていたのは1時間程度のことだったが、大型ワゴンの窓ガラスが割られ、中の荷物が荒らされていたのである。

 ただし、実は私は手鞄やポーチ等を車中に残して車を離れることはしない。PCが入っていて重たかろうが、短時間であろうが、だ。これは国内でも同じことで、ちょっとしたトイレ休憩であっても、車を離れる時に財布・カメラやPCの入った手鞄等を車内に残すことはない。このときも私は、個人用会社用のPC等も含めて、荷物をすべて身に着けていたので被害には合っていない。社外コンサルの一人も鞄をシートの下奥に隠していたので無事だった。被害にあったのは同乗していた他の5人である。会社貸与のPCや携帯電話、私物のPC等も盗られ、誰が何を盗まれたのか、私もすべては覚えていない。

 これより以前にも、同出張中に、食事で車を止めて、皆で店に入る機会はあった。その際、どれだけ時間が短くても、荷物が重たくても、私は荷物を持って出た。このとき私は他のメンバにも「持って出た方が良い」と何度か言っているが、皆の反応は、むしろ私の方が気にしすぎだろう、程度の感覚だった。

 私だけの過度な用心で終わってくれていたらそれで良かったのだが、実際はそうはならかった。私としては、強権的に「荷物を持っていけ」と言っていれば良かったと、後悔の念が残っている。というのも、同乗していた社員5人の中では私だけが次長で、他は課長や監督職だったのだから。ただ、言い訳にしかならないのだが、他のメンバは直属の部下ではなかったし、私は転職してきてたった四か月の新参者で少し遠慮もあって命令的に言いにくかったのだ。

 被害者たちに対して「そら見たことか」「言わんこっちゃない」などと思う気持ちは毛頭ない。海外出張という非日常的な緊張を強いられる中で、一仕事終えて帰路につく直前のつかの間の休息に、日本では不要な緊張を維持するのは難しい。こういうときにモノを言うのは、知識・経験からくる心構えや習慣みたいなもののはずで、だからこそ若干ながらも彼らよりも海外慣れしているはずの私が、無理やりにでも彼らの「大丈夫だろう」という油断を叩き潰しておけば良かったのだ。

 この後、警察に行くのだが、警察が同様の被害者でごった返していることに驚いた。後に知ったことであるが、ニースを中心したコートダジュールでは、こういった車上荒らしが頻発していると、外務省のホームページにも出ていた。

 警察の手続きなどを要したこともあり、予定していた飛行機には当然ながら乗れず、当日はニース空港の近くでもう一泊することになる。そして翌日の便も予定していた関西空港行は取れず、成田行しか確保できなかったので、更にもう一泊東京過ごすことになってしまった。間接的な私の被害と言えば、これで週末の休暇が無くなってしまったことくらいだが、もちろん始末書まで書くことになる他の社員の被害を止められなかった失態からすれば全く大したことではない。

 車の運転でもよく言われることだが、「大丈夫だろう」という思考は、とにかく危険だということを再認識させられたものである。この思考は、単に慢心というより、面倒なことからの逃避であるように思う。そして幸か不幸か、アクシデントというのは毎回皆に発生するわけではなく、むしろほとんど大丈夫な場合が多い。そして何も起こらなければ、用心は単に無駄な取り越し苦労と考えてしまいがちである。これが「(次も)大丈夫だろう」を生み、面倒からの逃避を自分に納得させてしまうメカニズムなのだろうと思う。

 実際、用心していてもトラブルや事故は起こるし、用心しなくても大丈夫なこともある。しかし、用心や予防はできる限りやるに越したことはない。起こらなければそれでよいし、起こった時に後悔するよりは良いと思っているからだ。だから私はこれからも、周囲に気にしすぎだと笑われようが、いくら重たかろうが、鞄は車内には残さないし、財布を尻のポケットに入れることもない。他にも細かな用心や対策は枚挙に暇がないが、これはまた別の機会に。

【写真】2015年10月
【文章】2020年1月

にほんブログ村 旅行ブログへ

I♡KL

DSC_4591

 マレーシアの首都クアラルンプールのフォトスポットとなっているクアラルンプール・シティギャラリー前の真っ赤なI♡KLのモニュメント。なんと撮影するために多くの人が列を成しているのだ。皆が次々にモニュメントの前でポーズを決めて写真を撮っていく。

 私はこんなものがあることは知らず、ふらふらと散策していて辿り着いただけで、ここが目的地だったわけではない。名勝名跡ならいざしらず、インスタ映えにも興味がない私としては、コレの前で写真を撮るために長い列に並ぼうとは思えなかったわけだが。

 ここで写真を撮ったら、確かに『KLに来ました!』って感じになる。なるほど、ネット&デジタル時代になっても、集合写真を撮る場所に『名勝〇〇』と大きく書かれていたり、ペナントやら通行手形やら『~に行ってきました』という洋菓子のお土産やらと変わらないわけか、と思うと、なんだか一人で納得してしまった。

DSC_4592

 ご丁寧に説明書きもあった。この赤いI♡KLのモニュメント自体は、2012年に作られた比較的新しいスポットであるらしい。作ったのは、1989年にARCH社を設立したアンドリュー・リーさんだとのこと。ちなみにARCH社はKLの木工細工のブランドである。

DSC_4590

 ここまで歩いてくるのに結構疲れていたこともあり、入口前のI♡KLの毒気のような喧騒を浴びたら、なんだかこのギャラリー自体入る気がなくなってしまった。なかなかセンスの良さそうな建屋だったのだけれど。

【写真】2018年11月
【文章】2019年12月
にほんブログ村 旅行ブログへ

福田五星の三輪車

DSC_6251

 福建省泉州にて。

 中国に『福田五星』というメーカーがある。バイクベースの三輪車や電動の三輪/四輪自動車を作っている会社だ。

 古い会社の古いモデルというわけではないはずだ。しかしオート三輪が街を闊歩していた時代を知る人ならば、懐かしさを感じるフォルムではないだろうか。もちろん福田五星はこのデザインの車輛だけではないが、他にもどことなく昭和の町を思い出させるようなデザインをしばしば見かけた。もしかしたら、若い世代には、逆に斬新に見えたりもするのだろうか。

 日本では四輪の方が性能と価格とのバランスが良くなっていったため、三輪車は衰退した。しかし中国でも他のアジア圏でも、いろいろなタイプの三輪車が活躍しているのを見ると、なぜ日本がほぼ絶滅してしまったのか、不思議に感じたりもする。政策とか法規制とか、いわゆる国策が原因ではなかったのか、と思ったりもする。




【写真】2019年1月
【文章】2019年12月
にほんブログ村 旅行ブログへ

安徽省で泊まった細い路地の奥の趣深い宿『黄山徽舍民宿客栈』

P1020460

 2013年の年末も近づいた頃、日本から杭州に飛び、バスで安徽省黄山までやってきた。

 昔は新しい土地に着いたら、まずは宿探しと情報収集から始まったものだが、それらはもうネットで手軽にできる時代だ。基本的にあまり旅程を決めない放浪旅でも、次の目的地を決めたら宿の確保と情報収集は即日済ませられる。便利になったものだ。

 ただし、この黄山はとりあえず決めていた第一の目的地だったので、日本にいる間に予約しておいた。民宿とかいてあって、超安宿ではないが決して高くはない宿だ。

 そして予定通り、バスターミナルから公交(市内の路線バス)で近くまで来ることができたわけだが、ここで困った。それらしき建物が見つからないどころか、そのような道路もない。大まかなで不正確な地図から無理に読み取ってみると、どうやらこの細い細い路地の奥にあるのかも知れない。このような路地の先にホテルがあるなどとは少し考えにくいことではあるのだが、他に宛もないのでキャリーバッグを抱えて進んでみることにした。

P1020468

 すると確かにあるではないか。徽舎というのが予約していた宿だ。本当にこんな路地に入っていって良いものかと冷や冷やしたものだが、安心した。

P1020465

 外観からは想像もつかなかったが、中国の昔ながらの旅籠のような感じで、古いながらもモダンなセンスを感じる内装だった。

P1020464

 部屋は二階だとのことで、案内される。

P1020463

 当時のデジカメは、まだ暗い所の性能があまりよくなかったな、と思い出す。少しボケているのはご容赦頂きたい。

P1020461

P1020462

 部屋もなかなか凝っていて、ベッドは木彫りの天蓋付き。繰り返すが、決して高級ホテルではない。日本で言うところのペンションという分類が正しいのだろう。この価格帯で、清潔でハイセンスであれば、文句はない。

P1020466

 こちらは中庭みたいなところ。丁寧に手入れされているのが見て取れる。

P1020467

 京都でも町家を改装した宿やカフェなどが人気を博している。それと似たような感じだと思う。ただ京都の町家カフェや宿は、どこもちょっと高価すぎる気がするのだけれど。


黄山徽舍民宿客栈
当時で日本円で一室二名6500円程度

【写真】2013年12月
【文章】2019年12月

にほんブログ村 旅行ブログへ
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設