最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

王室の守護寺院ワット・プラケオの3つの塔

2001_1112_113709AA

 タイの聖なる川チャオプラヤーのほとり、王宮の隣に位置するワットプラケオはタイで最も重要な寺院と言える。1782年、現在まで続く王朝の創始者であるラーマ1世によって王朝の守護寺として建立され、現在でもタイ王室の重要儀式が行われる。 ご本尊がエメラルドのような色をした翡翠でできており、そのことから別名エメラルド寺院とも呼ばれる。

 海外からの観光客だけでなく、タイの人々もバンコクへ行けば必ずお参りする人が多いと言われるこの寺院は、いつも人で溢れている。

 入り口では服装チェックが行われ、かかとのないサンダル履きやタンクトップ、 半ズボンなどでは入れない。不適となった人には無料で服や靴を貸してくれるサービスもあるのだが、できればその格式に相応しい服装で訪れるのが礼儀ではないかと個人的には思う。

 さて、寺院に入るとすぐに三つの塔に迎えられる。異なる三種の塔が一列に並んでいるのは珍しいと思われる。これらの塔は仏舎利や高僧の骨などが納められているもので、 写真手前から様式別にチェディ、モンドップ、プラーンと称されている。

 日本語ではそれぞれ仏塔、仏堂、塔堂と訳されることもあるようだが、これらの訳語は特徴を捉えて言葉を当てているいるわけではなく単なる言い換えにしか過ぎないように見受けられる。覚えて使い分けるのは難しいし、知っている人同士でしか通用しないのではないかと思ったりする。

 チェディはインドのストゥーパが原型のセイロン(スリランカ)から伝わったとされる様式、プラーンはアンコールワットで有名なクメール様式が原型、モンドップは方形のお堂の上にチェディを載せたようなタイ発祥の様式である。詳しい説明は別の機会にするとしても、日本の寺とは違う様式美に、まずは圧倒される。

【写真】2001年11月
【文章】2005年6月 2017年6月改訂
にほんブログ村 旅行ブログへ

当ブログの説明や紹介

坂木です。

【ブログの主旨】
この数十年で撮りためた旅行写真が整理できなくなって、いつどこにいったのかも忘れがちになってきたので、整理の意も込めて、エッセーっぽい文章とともに紹介します。

【写真について】
決して上等ではないカメラですし、腕前も良くはありませんが、すべて坂木が撮ったものです。
芸術というよりは旅の記録です。あまり写真のデキについては期待されなきよう・・・
記事の最後に撮影(=訪問)した年月を記載しています。

【記事について】
昔の写真や昔に書いた文章も内容に含んでいます。昔サービス停止して閉鎖してしまったブログに書いた記事もあります。故に情報や当時に見たもの・思ったことなどは、既に現況と合致していないところもあるとは思いますがご了承ください。
特に国境の情勢などは変わることが多いですのでご注意ください。

書き溜めた文章も校正しつつアップしていますので、記事がブログにアップされた日付と文章を記した日付は異なる場合があります。記事の最後に文章を記した年月を記載しています。

【写真の著作権について】
著作者人格権を侵害しない限り、個人的な使用においてはご自由に使っていただいて構いません。つまり、「自分が撮った」とウソを言って使わないのであれば、無許可・無断でご使用頂いて構いません。事前ご連絡頂けると嬉しいですが。
有料の出版物にご使用される等の商用目的の場合は、必ず前もってご連絡ください。

※他に何かあれば随時加筆していきます。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設