DSC_0524

 日本一広い琵琶湖は、滋賀県のみならず、その下流域の京都や大阪に於いても重要な水源である。琵琶湖に流入する川は多数あるが、琵琶湖から流れ出る川は唯一この瀬田川だけである。瀬田川は京都府に入ると宇治川と名を変え、更に淀(京都府伏見区)の辺りで木津川・桂川と合流して淀川となり、大阪湾に注ぐ。滋賀・京都・大阪の三府県を流域に持つ、関西の代表的な河川の一つである。

 近江八景にも数えられる瀬田の唐橋から下流の南へ約4km、南郷に琵琶湖から流出する水量を調節するための堰がある。現在の堰は昭和中期に作られたもので正しくは瀬田川洗堰というが、それまでにあった明治時代に作られた旧堰の名称でひとまとめに南郷洗堰と呼ばれることもある。

 現在の堰は橋のようになっていて、歩いてはもちろん、自動車でも渡ることができる。

DSC_0526

 こちらが古い南郷洗堰の跡。現在の堰のすぐ上流にある。現在の堰は電動式だが、昔は手動で角材を落とし込んだり引きあげたりして開閉していたのだそうな。

 ちなみに、堰とダム、双方とも水量調節などを目的として川や湖をせき止める構造物である。しかし確か河川法では、ダムは背の高いもの、堰は低いもの、と区分されているはずだ。本来、日本語と外国語の違いだけなので、少し変な気もするが。

 洗堰(あらいぜき)は堰の中でも、主に洪水などの際に閉まっている堰を越えて水を流出させられる仕組みのものを指している。

DSC_0525

 このあたりは結構綺麗に整備されている。天気の良い日には、川沿いを散歩してみるのも気分の良いものだ。

DSC_0521

 瀬田の唐橋までだいたい4km、ゆっくり歩いて1時間程度なので、良い運動になるだろう。

 ただし、今日は少しばかり疲れていたので、この近辺を少々歩くだけにしておいた。というのも、今朝はお稲荷さん(伏見稲荷)に行った。ウチの神棚もお稲荷さんから御霊を分けて頂いているし、特に観光というわけではなく、普段のお参りに近い感覚ではある。そして御山を散策した。これだけで2時間程度歩いている。

 そこから、特に深い理由もなく琵琶湖でも見ようかとバイクを走らせた。いつも通りのフラリ放浪である。ところが琵琶湖の南端付近にかかる近江大橋で大渋滞に捕まった。近くにできているイオンモールのせいもあるだろうけれど、どうやら事故らしかった。対向車線は別の橋になるのでUターンはできない。本来なら近江八幡くらいには到着しているであろう時間をかけて近江大橋を渡り終えたころには、もう疲れ切っていた。

 琵琶湖を眺めるという目的は達成したし、宇治川ライン(瀬田川→宇治川沿いを京都の宇治方面に抜ける有名なワインディングロード)でも走って帰ることにした。このとき、渋滞疲れの休息がてらに立ち寄ったのが南郷だったのだ。

 初めて来た土地ではないが、普段は通過するだけの場所でも、何十年かぶりにゆっくりしてみるのも良いものだった。

【写真】2017年5月
【文章】2017年5月

にほんブログ村 旅行ブログへ