DSC_3662

 梅田新道はその名が示す通り、元々は道路の名前である。大阪駅(梅田)から淀屋橋まで作られた当時の「新しい道」だったわけで、今では御堂筋の一部となっている。

 現在では梅田新道、通称ウメシンと言えば、梅田新道交差点を指す。昔の新道の起点付近にあたるこの交差点は、私のような国道や下道を走るのが好きな旅行者やクイズ愛好家には有名で、7つの国道の起点あるいは終点となっている。そのうち4本が旧一級国道である。

 写真は夜の梅田新道交差点(の一部)

midosuji

 一昨日、Google Mapで大阪を見てみると、上記の通り紫の破線が目に入った。なんだろうと思ってみてみると、どうやら『光の饗宴』という御堂筋のライトアップが行われているとのことだ。

 先日も記した通り、フランスからの友人が来日していて、ちょうど大阪に滞在しているので、夜にふらりと散策してみることにしたのだ。

DSC_3665

 御堂筋は大阪の街の中心を南北に縦断する基軸の幹線道路である。大阪の二大繁華街、キタの梅田とミナミの難波を通るのだが、その間の御堂筋が綺麗にライトアップされている。暑い時期ではないので、夜にふらりと散策するのも良いだろう。

 三脚もなく、それほど気合いを入れて撮っていないので、申し訳ないがあまり良い写真はない。12月末までは毎日17時以降催されているようで、梅田や難波、淀屋橋などの各鉄道主要駅にも近いので、夜の大阪に来る機会があれば少しばかり歩いてみられるのもお勧めである。

【写真】2018年11月
【文章】2018年11月


にほんブログ村 旅行ブログへ