最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

Bangkok バンコク・近郊

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

鉄骨の大仏

DSC_6058_2

 写真は2018年12月初旬にバンコクの寺院ワットパクナムを訪れた時のものだ。ワットパクナムは大仏塔の天井画がフォトジェニックな場所として、21世紀に入ってしばらくしてから有名になった寺院だが、私が訪れた時、この大仏塔のそばに大きな鉄骨が聳え立っていた。

 はじめは新しい仏塔か、あるいはビルのような伽藍でも建てるのだろうか、と思った。だいたいの目測だが、20~30階建てくらいの高さだ。


DSC_6058

 初めは巨大すぎて気が付かなかったのだが、全体をよく見上げてみると、なんだか途中から腕が生えているような形状に見える。いや、よく見るとそれら2本の腕が肘で折れ曲がっているように見える。

 これは巨大な仏像の骨組みではないかと気が付いた。周囲の伽藍や建物などと見比べて頂いても、どれほど高いか、おわかり頂けるかと思う。

DSC_6058_3

 しかし、この段階ではビルのような普通の鉄骨造の建物のようだ。昔はともかく、近代では仏像はみんなこうやって作るのだろうか。この後、どうやって作るのだろうか。少し興味が沸いた。

 昔、と言えば、例えば中国にある世界最大の大仏・楽山大仏は90年もかけて赤土の岩肌に掘られたものである。


 また日本最大の東大寺の大仏は、石や粘土の仏像とそれを覆う鋳型を作り、隙間に銅を流し込んで鋳造したのだと小学校の社会見学で習った覚えがある。

 そういえば日本最大のブロンズ立像である牛久大仏は、中にエレベータも通っていて登ることができたが、その構造は鉄骨造にブロンズパネルを貼り付けたものだったはず。ワットパクナムの大仏も近い感じの作り方になるのだろうか。

 また興味と時間があれば、古今東西の大仏の作り方も調べてみようと思う。

【写真】2018年12月
【文章】2021年2月

1997年のスリラット高速道路と初バンコクの思い出話

FH040009

 時は1997年。タイ王国の首都バンコクは急拡大する大都市で、モータリゼーションの波が押し寄せていたが、交通インフラの整備は追いついていなかったように思う。

 公共交通機関で言えば、地下鉄はおろか高架鉄道BTSもなく、唯一の鉄道である国鉄はコミュータートレインではなく長距離専門、1~2時間遅れは当たり前。路線バスは万年渋滞に悩まされ、バイクタクシーやトゥクトゥクが車の間を縫って闊歩していた。中心部でもいくつかの路線が残っていた運河の乗合舟は、ラッシュアワー時には最速の公共交通だったと思う。乗りこなせればの話だが。

 首都高速はと言えば、当時は第一高速に続き、第二高速であるスリラット(シーラット)高速道路が2年半前に開通していた。写真は1997年2月、スリラット高速道路がシーロム通りと立体交差する辺りで、投宿したホテルから撮ったものだ。


 当時、バンコクの空の玄関口はドンムアン空港だった。右も左もわからぬまま、とりあえずドンムアン駅から国鉄に乗ってファランポーン中央駅にやってきた。確か5バーツ(=約20円)だったと思う。最初のバンコクの宿だけは予約していたので、歩いて向かう。

 土地勘がなかったので、地図では距離感がわからない。駅からは近いかと思っていたのだが、荷物を抱えて歩くと、思ったより遠かったのを覚えている。また当時、信号がない交差点も多く、途切れることなく交差点に突っ込んでくる車の流れをどうやって渡れば良いのか、途方に暮れたものだ。これは現地の人に見習って、阿吽の呼吸で渡れるようになった。ちなみにこの呼吸は、後に中国に行くようになってからも役に立った。

 予約していたのはシーロム・プラザ・ホテルという名前の古ぼけた中級ホテルだった。20年以上前の記憶なので、もしかしたら間違っているかも知れない。しかし場所はだいたい覚えていたし、昔は全くタイ文字は読めなかったが、今なら写真中央右寄りの病院マークの下に『ルートシン』と書いてあるのがわかるので、地図でもすぐに探すことはできた。

<GoogleMapで高速道路から見てみる>


 ルートシン病院の建物も新しいものが増えているし、看板も違っているが、やはりこの場所のようだ。左奥の建物は手前に別の建物があるが、GoogleMapで近寄ってみると、写真と同じ建物が今でもあるようだ。

 地図で確認してみると、この時私が泊ったシーロムプラザホテルは、今ではノボテル・バンコク・フェニックス・シーロムという名前になっているらしい。値段を見てもそれなりなので、たぶんノボテルが買収し、改装して営業しているのだろうと思う。

 しかし、このホテルに泊まれば、二十年以上の時を隔てて、同じ景色が見られるのかも知れない。機会があれば泊まってみようかと思えてきた。運よく同じ景色が見える部屋になるかはわからないけれど。

【写真】1997年2月
【文章】2020年8月

女性の行列ができるバンコクの朝

DSC_6007

 私はバンコクで宿泊するときは、昔からスラウォン通りやシーロム通り周辺に投宿することが多い。『買い』には興味がないし、どこへ行くにも便利だし、その便利さの割にはリーズナブルで程度のよい中級ホテルがたくさんある。

 この時はサラデーン通り沿いに宿泊していた。サラデーン通りはBTSサラデーン駅付近のシーロム通りからサトーン通りに向けて南南東に延びる道である。

 朝、ホテルから出てシーロム通りの方へ歩いていくと、いくつかの行列が見えた。私の頭が古いのかも知れないが、バンコクのバス停や駅などで整然と列を成して並んで待つというのは昔からほとんど見かけなかったので、珍しく思えた。

DSC_6010

 この時はちょうど平日の通勤時間帯で、行列はバイクタクシーの順番待ちの列であった。なんの表示も看板もないが、どうやらここがバイタク乗り場となっているらしい。サラデーンの駅までBTSできて、会社まではバイクタクシーを使うのだろうか。

 にしても、長い列を成しているのは見事に女性ばかりである。バイクタクシーは決して女性向けの乗り物というわけではないはずだが、何か理由があるのだろうか。運転手が女性で客も女性専用とか、単に運転手がイケメンだとか、女性の方が化粧が落ちやすいなどの理由で短い距離でもバイタクを使うとか…。

DSC_6008

 こちらはシーロム通りに近いお店。写真右端に見えているのがシーロム通りだ。

 ここでも女性を中心に列ができていた。たぶんカフェだったと思う。オフィスレディーたちが、会社で飲むためのコーヒーなどをテイクアウトしていくのだ。日本のオフィス街の朝にも見られる光景ではあるし、珍しくはないはずなのだが、およそ10年ぶりくらいでバンコクを訪問した私にとってはなんだか新鮮に思えた。

【写真】2018年12月
【文章】2019年8月

流行の変な日本語Tシャツ

DSC_5992

 2018年末の旅の少し前、日本のTVで「タイで日本語のTシャツが流行っている」と紹介されていたのを見た。以前の記事でも書いているが、タイでは周期的に日本の文化などが流行するようだ。また流行がやってきたらしい。

 確かにバンコクなどの都会では、しばしば日本語の書いたTシャツを着ている人や売られている露店を見かけた。それなりにTシャツに似つかわしい文言などもあるが、なかなか訝しいものも多くて微笑ましい。

 しかし考えてみれば、日本で売られているTシャツでは英語などのラテン系の言葉が書かれているものも多いが、それらは単なるデザインと受け取り、意味を考えないまま買って着ている人も多いのではないだろうか。つまり日本で売られているTシャツも、ネイティブの人が見たら「なんだこれ?」と思われるような文言が書かれているものもあるのかも知れない。

 にしても、日本の文字ではあるが日本の言葉ではない文言、私が見ても意味不明なものまであったりもする。

DSC_4992

 そういえば少し前からSuperdryというブランドが、変な日本語が書いた服やグッズで有名だ。あれはたぶんわざとやっているのだろうとは思う。

 どうやらこれはそのパクリだと思われるが、Superdayとか書いてる。OSAKA?太陽クドーオ?86?もういったい何の意味があるのかはわからない。

 他にもたくさん変な日本語のシャツを見かける。お店で見つけたら、色々変な日本語Tシャツを漁ってみるのも面白いかも知れない。

【写真】2018年12月
【文章】2019年5月




オールドサイアムプラザの中の日本

DSC_5948

 バンコクの中華街の西端から更に少しばかり進んだところに、オールドサイアムプラザという老舗のショッピングモールがある。いつ頃からあるのかは知らないが、少なくとも1997年に訪れた記憶が残っている。それ以降も何度か訪れた覚えはある。

 店の入れ替わりは激しいので、昔からのお店なのか、よくわからないし覚えてもいないが、こんなところにも日本を思わせるお店があったりしたので、少しばかり紹介しておく。

 上の写真はガンプラを中心とした日本のプラモデルや玩具などのお店。私のフランス人の友人もガンダムやマクロスが大好きで、しばしば部屋に飾っているプラモデルなどの写真を送ってくれるのだが、ガンプラというのは既に世界共通ワードになっているのだと改めて認識した。


DSC_5949

 なかなかに品ぞろえも良い。

 ちなみに私は写真に写っているガンダムの名前をほとんど言えてしまうが、自分はマニアではないと思っている。

DSC_5955

 こちらは北海道バーというドリンクスタンド。ツが大きいのはご愛敬だが、なぜ妙にリアルな牛頭のキャラクターが描かれているかはよくわからない。

 老舗ショッピングモール・ラビリンスに閉じ込められたミノタウロスと言ったところか、と勝手に思いを巡らせてみる。

DSC_5955 - コピー

 メニューは北海道コーヒーに北海道ミルクティー、それにイタリアンソーダ、などと書いてある。他にもココアや緑茶などもあって、要は一般的なドリンクスタンドのメニューである。

 少しミルクを使ったメニューがあるところだけは北海道っぽいのかも知れないが、特にミルク系の目玉商品があるわけでもなく、おそらく北海道産の原料を使っているわけでもないと思われる。北海道を店名や商品グループ名に冠している理由はよくわからない。

 日本人の私からすれば『北海道』でイメージできることは多いが、ひと昔前までは海外で日本の地方や都市の名前がそれほど知られているようには思えなかった。しかしバンコクでも『北海道』と聞いてどんなところかイメージできる人が、どんどん増えてきているということなのだろう。

【写真】2018年12月
【文章】2019年5月

  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設