最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

当ブログの説明等

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

ブログ開設二周年記念

20171104_173918A

 当ブログを開設して二年が経ちました。

 毎日同じことを続けるのが苦手な私です。二年間ほぼ毎日の更新できたのは、奇跡というべきか僥倖というべきか。義務のように思ってしまうとストレスですので、どうしても毎日更新しなければならないとは思わないように心がけています。もしかしたらそのほうが結局は長続きするのかも知れません。

 この2年間でアップした記事数は約1200、写真は約1900枚です。この一年では記事数400~500、写真が800枚程度というところでしょうか。平均すると一日1~2記事です。

 ブログに蓄積されているデータ量もものすごくなってきました。まさに人生の記録の一部が蓄積されているような感じです。ただし写真は解像度を落としているので、無料のブログサービスにも関わらず、サービスが続く限りは、このペースだとあと140年は容量オーバーしません。そのまえに死んでいることでしょう。つくづく文明は進歩したものだと思います。

 ご訪問者はUU(ユニークユーザ)カウントの延べ人数で約42300人です。一年目が約17300でしたので、二年目は前年の5割増しくらいでしょうか。ご訪問頂きました方々には御礼申し上げます。PVがだいたいUUの2~3倍程度なのは変わっていません。

 収益を目的をしておらず、あくまで趣味のブログです。趣味だからこそ、楽しく続けられる限り、続けてみようと思っています。ご覧いただいた方に共感頂けたり、興味深く思って頂ければ幸甚に存じます。今後ともよろしくお願いいたします。



丸コピパクリサイト発見と当ブログの著作権の扱い

丸ぱくり禁止

 最近、ひょんなことから、当ブログの記事を丸ごとコピーしたサイトがあることを発見しました。写真も文章もそっくりそのままです。しかも、どうやら複数存在するようです。当ブログはせいぜい5,000PV/月程度で人気サイトとは到底思えないのですけれど、そんな対象になっているのだなあと少々感慨深くもあります。

 私はネットで公開している写真や音楽、文章などの著作権を強く主張するつもりはありませんし、そんなに立派な作品だとも思っていませんが、著作権を放棄しているわけではありません。ただし、ある程度の良識的な範囲内で、例えば二次創作など、お使い頂くのは構わない、というスタンスです。

 著作権侵害の大部分が親告罪であるのは、この裁量を著作者に与える意味合いがあります。つまり私が特定の無断使用に対し、見過ごすのも使わせないのも選択できるということです。

 もし当ブログを気に入って頂いてのことなら光栄ではあるのですが、丸コピというのは私の作品をそのまま使って、何らかの益、例えば広告料などの金銭あるいは承認欲求の充足を得ようとしている行為だと思います。そうでなければRSSやリンク集だけでいいのですから。私の作品はなんらかの益を得る意図で作ったものではないので、そういった使われたかたをすると作品が可哀そうです。

 さらに悲しくなったのが、Google検索でパクリサイトのほうが上位に来たことです(笑)

 今すぐ情報の削除依頼などをする気はありません。いたちごっこになるのはわかりきっていますし、手間の割に効果も薄いでしょう。今のところ目に見えて害があるようにも思いません。ただ何も対処しないというわけでもありません。

 さてしばらく経ってから、私が逸失した使用料や広告収入の損害賠償、あるいは著作者人格権の侵害に対する慰謝料などを求めたら、いくらくらいになるんでしょうかね。写真だけでも数十万円の判例は見たことあるような気がします。今のうちから情報収集や必要な証拠集めをやっておこうと思います。

 当ブログのパクリだけでなく、これだけデジタルコピーが容易にできてしまう時代ですから、そんなに悪気もなく軽い気持ちでやってしまう人も多いのだろうとは思います。ニュースサイトから丸コピしている人も見かけます。でも訴状が届いてから慌てることになっても知りませんよ…。

祝♪一周年記念

vSn6qIBc


 似つかわしくない飾り文字を使ってしまいました。

ブログ1周年に寄せて、ブログと私のこと

 6月2日が当ブログ開設記念日でございまして、ちょうど1年経ちました。面倒臭がりで、すぐに新しいモノに目が行ってしまう私にとって、ブログという言うなれば世代の古い情報発信の場に、毎日欠かさず更新できたということは、我ながら珍しいことだと思います。

 10年以上前にもブログを書いていたことがありますが、運営会社がブログサービスをやめることになり、それとともに移設することもなく、以来個人的な情報発信の場は失ったままでした。転職したり職位や職責も上がって仕事も忙しくなり、趣味の情報や創作物を発信していくような心の余裕も減って行きました。

 昨年ブログを再開したのは、4月に会社で倒れて、そのまま休職となり暇ができたのが大きなきっかけです。フラフラする頭と体ですが、せっかく神さんが暇を与えてくれたので、今までできなかったことを始めたり、辞めてしまったことを再開しようかな、と思いました。ブログもその一つです。

 会社員っぽいのに、なぜか変な時間に更新したりコメント書いたり、平日に山歩きをしていたり、いったいこの人は本当は何してるの?って思われている読者様もいらっしゃったかも知れませんが、こういう事情です。

 今年に入って休職期間も切れ、退職となってしまいました。現在は自宅療養中の無職でございます。ただ子供もいませんし、蓄えもそれなりにはありますので、生活に窮するほどではありません。手術すれば良いような病気ではなく、ゆっくり治すしかないようなので、しばらく焦らずゆっくりさせてもらおうかというところです。今まで生き急いで、神経と身体をすり減らしてきた自覚もあるので、罰は当たらないだろうと。鬱病などの精神疾患ではないです。

 とはいえ、ブログはあくまで趣味ですので、ブログ運営を収入の足しにしようとは思っていません。一応広告を貼ってみましたが、基本的にそれ以上の収入を増やすための努力をするつもりはないです。ちなみに昨今のブログ収入は1日5~10円程度です(笑)

1年目のご来訪者数(UU) 約17,300

 毎日の延べ人数になります。最初の頃は一桁のご訪問者数でしたが、ざっくり平均して50人/dayというところでしょうか。

 PV数はデータを採っていないのでわかりませんが、ずっと平均回遊数(1UU当たりのPV数)が2~3くらいだったと思いますので、年間PVが4~5万程度だと思います。

 以前にも申し上げておりますが、あまりアクセス数を上げること自体には固執していません。どちらかというと備忘録的な当ブログにお越し頂いて恐縮なくらいです。旅を題材にしていますが、旅の役立ち情報もあまりありませんし、旅行記でもありません。書き散らしているエッセイに近いので、需要が少ないのは理解しています。

 しかし趣味なので構いません。そして趣味の合う方にお越し頂いて、「興味深い」「面白い」と思って頂ければ、それに勝る目的はありません。そういう意味でアクセス数は指標ではありますが、目的ではないということです。

1年目の記事数:735 画像数:1122

 平均すると2記事/dayになります。最初の頃は古いブログの情報などを引っ張りだして一気にアップしていったので、実際の感覚は2日で3記事くらいでしょうか。

画像のほとんどが自分で撮った写真です。いつしか1000を越える写真を紹介していたのですね、自分でも驚きました。とはいえ、まだ未発表のものもたくさん眠っていますので、どこかへ行ってしまわないうちに掘り起こしておきたいと思います。

旅行記事の国別割合


grf

 タイ、中国、台湾、ラオスでかなりを占めますね…渡航回数や滞在日数とだいたい比例していると思います。

 ただし仕事で行った場所については、渡航回数や滞在日数に比べて少ないです。例えばアメリカは4回訪問していますが、すべて仕事なので残っている写真なども少ないです。そりゃそうですね、昼間は仕事をしていますし、していない時でもやはり遊びに行っているわけではないので写真をパシャパシャ撮るのはなんとなく控えてしまいます。行ける場所も限られますしね。

最後に

 続けられる限り、続けてみようと思います。

 も「興味深い」「面白い」旅行や音楽の記事を楽しんで頂ければ幸いです。

 今後ともよろしくお願いいたします。

記事のカテゴリの整理をしました

2001_1111_100552AA
写真はタイ国際航空の飛行機だけど、特に意味はありません。

 カテゴリが多くなりすぎたので、少し整理しました。

【タイ】
 特にタイはカテゴリが増えすぎたので、県毎にまとめることにしました。今まで郡や小さな街でカテゴリ化していたものは、県名のカテゴリに統合しました。

・ピマーイ → ナコーン・ラーチャシーマへ統合
・チョーンメック → ウボン・ラーチャターニーに統合
・カンターララック → シーサケットに統合
・チェンコーン → チェンラーイに統合
・メーサーイ → チェンラーイに統合
・シーサッチャナーライ → スコータイに統合

 ブンカーンは訪問当時はノンカーイ県でしたが、現在は県として独立しているのでそのままです。

【ラオス】
 県別にしようかと思いましたが、わかりにくくなりそうだったので、とりあえず街別のままです。

【中国】
 中国はこれまでどおり、省あるいは省級の都市+香港・澳門です。

【台湾】
 台湾も県、あるいは同級の市でまとめています。
墾丁→屏東へ統合

他もとりあえずはそのままです。またわかりにくくなってきたら整理しようと思います。何かご意見などあれば遠慮なくどうぞ。

昔の写真はあまりない

 実は表題の通り、27歳くらいまでの旅行写真はあまりありません。
  理由の一つとしては、『思い立ったが吉日』方式でフラリと旅(というか放浪)に出てしまうので、カメラを持たずに出かけてしまうことが多いからです。当時京都在住でしたが、ランチに広島までお好み焼きとか、出石までそばとか、九州までラーメンを食べに行く、と言った具合。距離はともかく「旅行」というよりは、普通のドライブに感覚が近いわけです。

  2つ目の理由はフィルム代が馬鹿にならなかったこと。デジカメが普及していなかった時代、とりあえずパシャパシャ撮って確認する、ということはできなかったのです。 高価な一眼レフなども持っておらず、インスタントカメラに毛の生えた程度のものしか持ち合わせていませんでした。フォーカスもピント合わせもないものです。

  最後に、これが一番大きな理由なのです。特に私の写真の技術がないが故ということもあるのですが、『写真では見た感動が伝わらない』と思っていたからです。(今でもそう思っている部分もなきにしもあらず、ですが。)枠にはまった景色だけでなく、広さ、空気、風の音、温度や湿度など、五感で感じるもの。そんなものは写真では伝わらないから、記憶に刻んでおきたい。そう思っていました。ですから昔は旅行に行ってもあまり写真を撮ろうという気になることが少なかったのですね。

  実際、昔は行ったところの記憶が結構鮮明だったのです。ドライブしているときにどのルートを通って、どこで休憩して、などということを、数年後に同じ道を通っても逐一覚えていました。ところが最近。これは歳のせいなのでしょうね。悲しいかな、昔の記憶が薄れだしました。『どこに行った』ということは覚えていても、そこから光景の記憶が引き出せないことが出てきたのです。

  そんなわけで、21世紀に入ってから、徐々に自分自身の旅の記録として写真を撮るようになりました。 すべてが伝わらなくてもいいのです。それでも記憶の引き出しを開く鍵にはなりますからね。 ただ写真を撮るクセがついていませんので、忘れることも往々にしてあります。

  当ブログで紹介しているものも、そんな旅の記録でございます。 ですから決して芸術的に素晴らしいモノではありませんが、ご覧の皆さんに感動の一部をお伝えできたり、自分の目で確かめてみたい・肌で感じてみたい、と思って頂けたり、訪れたことのある場所の記憶の引き出しを開く鍵になったりすれば、嬉しく思います。
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設