最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

Sukhothai スコータイ

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

スコータイの城壁南側のワットチェトゥポン遺跡

2006-08-19_14.38.17

 世界遺産となっているタイのスコータイ遺跡。綺麗な公園となっている古い城壁の中ばかりでなく、外にも広く広がっている。

 写真は城壁の南側にあったワットチェトゥポン(チェトゥポン寺院)の遺跡。草などは刈られているが、遺跡は吹き曝しのせいで、ずいぶん風化が進んでいる。城壁の外はこのような遺跡が非常に多い。

2006-08-19_14.39.59

 今となってはほとんど建屋は残っていない。一部の柱や土台を残すのみである。柱の太さから考えても、なかなか立派な寺院があったのだろうと思われる。

2006-08-19_14.41.32

 スコータイ様式の仏像は”柔らかい”印象で、私的にはアユタヤーよりも好きだ。柔和なほほえみ、緩やかな曲線などは、張り詰めた心も和らげてくれるような気がする。

 残念ながらこの寺院のご本尊らしき仏像はずいぶん風化が進んでおり、頭部はなく、胴体もずいぶんはげ落ちてしまっている。

 ただ、左右対称ではなく、片足をそっと斜めに添えるようなスタイルの立像は珍しいのではないかと思う。スコータイやその周辺ではたまに見かけるが、他の地域ではあまり見なかったように思う。ただし私は専門家でも研究家でもないので、勘違いや間違いかも知れないことは断っておく。

2006-08-19_14.43.07

 裏側にも別の立像があったのだが、普通に真っ直ぐ立っていた。こちらも頭部がなく、胴体部分も損傷がひどい。しかしこうなってしまっていても、ゆるやかな造形は見て取れる。


 城壁の外側、特に南側や西側はあまり訪れる人もおらず、のどかな雰囲気の遺跡が並ぶ。歩いていくのは困難だが、バイクや自転車をレンタルするなりして、ゆっくりと人の少ない遺跡巡りをするのも良いと思う。ただし人通りが少ないところというのは、強盗や暴漢などに注意が必要なのは世界共通である。

【写真】2006年8月
【文章】2018年9月

草生す遺跡 スコータイ遺跡の城壁北側

2001_1119_104810AA

 1991年に世界遺産に登録されているタイのスコータイ遺跡。見どころのメインは古の市街地があった城壁内の公園となっているが、城壁の外側にもたくさんの遺跡が点在している。

 スコータイは数回訪問しているのだが、世界遺産となった10年後の2001年に訪問した時、城壁外の遺跡は草木に埋もれたものも多数あった。全く放置されているわけではないのだが、やはり人が少ない城壁外までは整備が行き届かなかったということもあるのだろう。

 今はどうかわからないが、少なくとも当時、城壁外の遺跡はバイクなどの交通手段がなければ周ることは難しかったし、時間もかかるので、城壁外の遺跡を見て回る観光客はあまりいなかった。特に遠くなってしまう城壁の西側や南側は、ごく稀に他の観光客とすれ違う程度のものだったと思う。

 2001_1119_104853AA

 今となっては記憶も朧で、風景からだけでは判別できないのだが、これらの写真を撮ったのは確か城壁の北側の大きな寺院ワットプラパーイルアンの跡だと思う。城壁の北側は比較的観光客が訪れやすい場所ではあったが、それでも当時の城壁外は草生す遺跡が多かった。

 ただ、以前の記事でも書いたのだが、やはり遺跡でも時は止まっていない。おそらくこの写真の場所も、今ではもっと整備されて綺麗になっているのではないかと思う。あんまり綺麗になりすぎるのも遺跡の風景としてはどうかと思ったりもするのだが、放っておいたら草木に埋もれ、風化して崩れてしまうことだろう。発掘や保存活動があるおかげで、我々も古代遺産に触れることができることに、素直に感謝したい。

【写真】2001年11月
【文章】2018年3月


妙なポーズの仏像

11

 たぶんタイのスコータイ周辺だと思うのだが、どこで撮ったのかはっきりと覚えていない。

 金ぴかの色合いは、タイでは普通なのだが、その表情もポーズは仏像らしくない。スコータイ様式の温和な表情がベースにあるようだが、なぜか若干妖しげに微笑んでいるように見える。ポーズは若干艶めかしいようにも見えるのは気のせいだろうか。

 造形も若干おかしいようにも見える。仏像の衣服はどうなっているんだろう…。

【写真】2006年8月
【文章】2017年8月

和やかなスコータイ遺跡公園ワットソラック周辺の夕刻

2001_1118_183704AA

 世界遺産にも認定されているスコータイの遺跡は、昔の城壁の内外に点在するが、特に城壁の内部は綺麗に整備されている。

 昔の城壁の内部の半分程度は入場料が必要なエリアとなっているが、それ以外は普通に出入りできる。旧城壁内は住宅が立ち並んでいるわけではない。ワットトラパントーン側の有料エリア入口付近には国立の博物館があり、商店などもいくつか並んでいるが、ほとんどが写真のように遺跡が点在する広い公園だ。

 城壁の内側で有料エリアの外側の辺りでは、夕刻になると、夕涼みでお喋りをする人々の姿をチラホラ見かけた。確かに観光地化はしているものの、住民たちの憩いの場になっている世界遺産は、そう多くはないと思う。

2001_1118_183606AA

 こちらはワットソラックの遺跡として残っている仏塔。

 象が支えている仏塔(チェディ)は、タイの中部から北部にかけて、ランナータイやスコータイの様式の寺院やその遺跡で良く見られる。

 そばで水牛が草を食んでいた。緩慢にも思える水牛は、とても長閑な雰囲気を醸し出す。地元の人たちに混じって、ゆっくりと休んでいると、日が暮れてくるのを忘れそうになる。

【写真】2001年11月
【文章】2016年12月

結婚おめでとうな自動車

04

 アメリカのテキサス州でみた車。おめでとう~!と言いたくなるし、思わず微笑んでしまう。でも空き缶はついていなかった。

 アメリカにはブライダルカーという風習がある。結婚式後、ハネムーンに向かう新婚夫婦のクルマをラッピングするものだ。そして日本でもご存じの方も多いと思うが、変わっているのが、車の後ろに紐で空き缶をぶらさげて、ガラガラ鳴らしながら走る風習。

 当時、一緒にいたアメリカ人の仕事仲間に聞いたところ、アメリカでも交通量の少ない田舎では風習が残っているところもあるが、最近では、特に都市圏では、ほとんど見ないとのこと。

 なぜこのような風習があるのか、という問いに関しては、アメリカ人の間でも認識が違っていて、よくわからなかった。どうやら魔除けのためというのが一般的な説らしいが、音による幸せのおすそわけだと言う人もいた。

 日本でもアメリカナイズがクールだと思われた時代に、このブライダルカーの風習が取り入れられたこともあったように思う。漫画『こち亀』でもそんな描写があったような気がするが、ずいぶん昔のことなので少しあやふやな記憶ではある。

 ただし日本では、結婚式(あるいは披露宴)直後のパフォーマンスだけで、少なくとも私は公道では見たことがない。道路事情や道路交通法も違うだろうし、さすがに無理があったのかも知れないとは思う。

59
 こちらはタイのスコータイの結婚式で見たもの。簡易なラッピングだし、すぐに戻すことができるものではある。しかしこのリボンが付いているだけで、二人の幸せを願いたい気分になってくる。

【写真】2008年5月(一枚目) 2006年8月(二枚目)
【文章】2016年12月
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設