最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

Vientiane ビエンチャン

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

ポーズをとってくれたラオスの少年

2007-04-30_11.35.56

 この時は、ラオスの首都ビエンチャンから、メコン川に沿って東に向かっていた。サスペンションが草臥れて、よくガタンガタンと揺れるオンボロのバスだった。写真はビエンチャンから1時間ばかり揺られた辺りのはずだ。

 今ではどうかはわからないが、当時は都市から少し離れれば、主要国道でも舗装に穴が開いてボコボコだったりするのは珍しくはなかったし、道の脇は赤土がむき出しだ。主要国道でさえそんな状況だから、国道沿いの村落といえども、道は舗装されておらず赤土が普通だった。

 オンボロバスに乗っての長旅だったが、車窓から外を眺めていると、飽きることはない。日本とは違って風景の色合い自体が違う。そして風景も人々も素朴だ。

 時々車窓からカメラを構えてみると、子供たちが人懐こい顔で手を振ったりポーズをとってくれたりもする。こちらからも手を振り返すと、はにかんだ様子で喜ぶ。そういえば私も子供の頃に、車やバスなどに手を振ったりして、それで手を振り返してくれる人が居ると、なんだか楽しくなったものだ。そういうやりとりは、昨今の日本では少なくなってきているような気もする。

【写真】2007年5月
【文章】2018年7月

ラオスでバスがパンクするのは珍しくなかった

2007-04-29_10.33.01

 以前の記事でも、ラオスで自分の乗っていたバスのタイヤがパンクしてしまったことを書いたが、ラオスでは比較的バスなどのタイヤがパンクしている光景を多く見かけた気がする。

 上の写真も車窓越しなので画質が荒くて恐縮だが、止まっているバスはどうやらタイヤを交換しようとしているらしかった。こういうときに乗客もバスから降りて、外の空気を吸いつつ作業を眺めたり、煙草を吹かしたりするのはよくあることで、白いシャツの男たちもそういう雰囲気に見えた。

 今ではどうかわからないが、当時ラオスで使われている車体は何世代も古いものが多かった。こちらの旧車マニア垂涎の記事でも見て取れる通りだ。ラオスの中では比較的道路事情がマシな首都ビエンチャン周辺や南部のメコン川流域の都市を結ぶ国道でも、やはり対岸のタイよりもパンクしているのを頻繁に見かけたのは、やはり車体の古さと無関係ではない気がする。もちろん他にもメンテの熟度などの要因もあるのかも知れない。

 上述の過去記事の乗っていたバスがパンクした時も含め、ラオスのこういう交通機関のトラブルには旅行中に何度か遭遇したが、乗客たちは慣れっこなのか、それとも諦めているのか、たいていおとなしく待っている場合が多かったと思う。ただし、上の写真はバスはもう少しでビエンチャンという郊外だったかと思うが、子供を抱いて荷物を持った人は、もしかしたら少し先を急いでいて、パンクしたバスを降り、他の通りかかったバスかタクシーでビエンチャンに向かうつもりだったのかも知れない。

 もちろん単なる推理に過ぎないのも多いのだけれど、こういった推理を働かせて情景を観察するのも、また旅の面白さなのだろうと思う。

【写真】2007年5月
【文章】2018年5月

ブッダパークのプララー

00

 タイやその周辺では、仏教の寓話をモチーフとした像などが並ぶテーマパークのような場所がいくつかある。寺院の庭に作られていることもあれば、独立した公園のようになっているところもある。写真は確かラオスのビエンチャンからメコン川に沿って1時間程度下った辺りのブッダパークと呼ばれる場所だったと思う。

 以前にも紹介したことがあるが、このプララーフの異形は特に目を引く。逸話等はリンク先の過去記事で紹介しているので、こちらでは割愛する。

 日本の仏教でも例えば梵天はインドの神ブラフマー、吉祥天はラクシュミーなどのように、ヒンドゥー神話が仏教に入ってきた部分が多く残っている。ただしそれら神々に付随する神話や逸話などは、置きかえられたり伝えられなくなっているように思う。

 それに比べるとタイやラオスなどの仏教は中国や日本よりもインド神話の影響を色濃く残している。ラーマヤナやマハーバーラタも、ほぼ内容は変わらず伝わっている。同じ仏教、すなわち元を辿れば同じ教義だったはずであるなのだが、全く異なる雰囲気や解釈があるというのも非常に興味深いことに思える。

 キリスト教でもカトリックとプロテスタントでは解釈が異なる部分も大いにある。しかしこのような仏教の異形の像などを見てしまうと、同じ流れの中から出てきた考え方や解釈の相違というものとは、根本的に違うような気がするのだ。

【写真】2007年4月
【文章】2018年4月 2019年2月修正

ラオスで見た赤い虫と脳髄コンピュータに引っかける網の目を細かくすること

14

 ラオスのビエンチャン郊外で見かけた赤い虫。形からするとどうやらカメムシの仲間のようにも思える。だが少なくとも私は、こんな色と模様を持っているカメムシを見たことがなかった。実は日本でも見かけられるものなのか、それとも日本にはいないものなのか、東南アジアではよく見られるものなのか、珍しいものなのか、よくわからない。

 カメムシの仲間はたいてい異臭を放つものが多いので、触る気にはなれない。いや例え臭くないとしても、あまりに鮮やかな色をしている動植物は、どうも触れたり近付いたりすることを躊躇ってしまう。そういったものには、棘や毒があることも多いからだ。見知らぬ土地においてはなおさらである。

 虫や動物、花や草木、あるいは鉱物等にしても、いわゆる博物学的な知識を持っていれば、見知らぬ土地へ行った時に見える視野が更に広がるのだろうと思う。私にとってはその広がる感覚が楽しいので、新たな知識を得ることや、旅に出ることを求めるのかも知れない。人生の時間は限られていて、森羅万象を理解するのは不可能だとわかってはいるのだが。

 今ではすぐに手持ちの端末で調べたりできるので、昔でいうと辞典や図鑑を持ち歩いている感覚に近い。だからすべての知識を頭に叩き込んでおく必要はないだろう。とはいえ、人が見たり聞いたりしてインプットされた情報のほとんどは、ただ脳髄を経由だけしてスルーされてしまい、わざわざ一つ一つを検証したり辞典で調べたりはしない。そんなことをすればすぐに脳髄の処理能力を越えてしまうので、危険などの本能的な処理に関わる情報あるいは強い興味や好奇心に引っかかる情報でなければ、高性能な脳髄コンピュータが自動的にスルーしてしまうのである。

 しかし、どれだけ分厚い辞典を持ち歩いていても、調べなければ意味がない。何かしら引っかかって調べるというアクションを起こすには、たぶんセンスや好奇心あるいは基礎知識などの水準を底上げすることで、脳髄がスルー処理をせずに引っかける網の目を細かくしてやることが必要なのだろうと思っている。

 知識を得るために知識が要るというのも変な話かも知れないが、文明や文化が一足飛びではなく、常に積み重ねでしか発展できないことから考えると、実は個人レベルでも同じことなのかも知れない。

※あまり思考が整理できていないためとっちらかっている自覚があります。後に修正するか、別記事で続けるかも知れません。

【写真】2007年4月
【文章】2018年1月

車が急激に増えた頃のラオスの首都の目抜き通り

2003_0812_175900AA

 こちらはラオスの首都ビエンチャン、以前の記事でも紹介したことのある凱旋門(パトゥーサイ)の上から2003年に撮ったものである。

 前の大通りはランサーン通り、片側3車線もある主要な大通りである。だが写真をご覧になれば一目瞭然であるが、こんな大通りであるのに車が全然走っていない。車よりも歩いている人の方が多いくらいだ。断っておくが、早朝だとか特別な休日などではない。普通の日の普通の時間でも、当時は車はあまり走っていなかったのだ。リンク先の以前の記事の写真でも、道の真ん中で悠々カメラを構えることができたのである。

 さすが首都の目抜き通りだけあって、他の道路よりも綺麗に整備されていた。当時タイでは地方都市でもこれくらいは普通に整備されていたが、ラオスでは首都圏のほんの一帯だけと言ってもよいくらいだった。私がラオスの道で思い出すのは、大抵舗装もはがれたり継ぎ接ぎだらけで、路肩は赤土むき出し、車が通り過ぎれば砂煙がもうもうと立ち上る光景である。

 当時、夜にラオスのメコン沿いの街を歩くと、対岸のタイでは店のネオンもそれなりに煌めき、自動車のヘッドライトがたくさん通り過ぎていくのに、ラオス側はぼんやりとした小さな灯りだけの店がポツリポツリで、それも早々に閉まり、車のヘッドライトもほとんど通過しなかった。こちらの記事でも書いたが、本当に川を隔てて夜の明るさまでも違うことに驚いたものだった。

30

 その後何度かラオスや首都ビエンチャンにも再訪しているが、訪れたたびにに道路は綺麗になり、車は増えていった。写真は2007年の同じランサーン通り、凱旋門(パトゥーサイ)から少し北東に進んだ辺りだ。パトゥーサイ周辺も同様に車の往来が激しくなっていたのだが、良い写真は残っていなかった。とりあえずとても同じ通りには思えない。

 この頃になるとビエンチャンでは軽い渋滞らしき光景も見られ、非常に驚いた。4年も経たずして一気に押し寄せた変化の波の大きさに圧倒されたものである。

【写真】上:2003年8月 下:2007年4月
【文章】2017年12月
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設