最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

関東 Kantō

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

地図で見た地形が眼下に広がる

DSC_6210

 昼間に飛行機に乗った時、天気が良ければ眼下には鳥観の地図が広がっている。頭の中の地図の記憶と照らし合わせながら、あっちは〇〇、こっちは××、と探しながら、地形を眺めるのが好きだ。行ったことがある場所、あるいは見知っている場所でも、上空から見ると違った発見もあるかも知れない。


 上の写真は東京湾。右手前が千葉県の館山、手前の湾に突き出る陸地の先端に洲崎灯台があり、房総フラワーラインまで目で追える。そこから北に延びる海岸線には、よく釣りに行った那古船形や冨浦、勝山、保田、金谷の漁港までもが確認できる。

 左側は三浦半島である。城ヶ島や久里浜、そこから抉るような曲線を描いて横須賀、その向こうには横浜が見える。西には湘南海岸が続く。この写真ではわかりにくいが、江ノ島も確認できた。

DSC_6207

 こちらは富士山のその周辺。上空から見ても、やはり高い独立峰は美しくて目立つ。

 左側の市街が富士市やその奥の富士宮市、右側の市街が沼津市・三島市、奥に裾野市。手前は伊豆半島である。だいたい修善寺の上空くらいに居たのだろう。

DSC_6204

 山頂付近に白い帽子を被った山脈が3つ連なっている。手前から順に、赤石山脈・木曽山脈・飛騨山脈。すなわち日本アルプスである。

 こうやって見ると、やはりアルプスなどと言うだけのことはある。日本の標高が高い山ベスト10のうち、1位の富士山以外の2~10位はすべて日本アルプスにある。ベスト30まで伸ばしてみても、御岳山以外はすべて日本アルプスの山である。ちなみに御岳山は写真奥の一番左端に見えている白帽子だ。

 あの山は北岳かな、あそこが奥穂高かな、などと思いながら見ていると、すぐに時間は過ぎてしまう。我々は既に知っている地図の形と照らし合わせて見ているだけだが、こうやって鳥瞰で見られない時代に地図を作った人々が飛行機に乗ればどんなに感動するだろう、と想像したりもする。

【写真】2019年1月
【文章】2019年5月


埼玉にある島原の乱の供養塔

2005_0410_105843AA

 島原の乱といえば、日本の歴史上最大級の庶民の反乱、すなわち一揆である。とはいえ、宗教戦争的な意味合いもあり、またその後の鎖国やキリシタン弾圧にも大きな影響を与えた出来事であった。『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』が世界遺産認定されたこともあり、再度研究が活発になっているとも聞く。

 そんな島原の乱の供養塔が、埼玉県新座市の平林寺にある。なぜ島原から遠く離れた埼玉にあるのかと疑問に思われる方もいらっしゃるかも知れないが、もちろん理由がある。

 島原の乱といえば、天草四郎時貞の名前をご存知の方は多いことだろう。言わずと知れた一揆勢の総大将である。しかし乱を収めた幕府軍側の大将の名はあまり知られていないようだ。

 松平伊豆守信綱、江戸幕府の三代将軍家光公の信任も厚く、老中をはじめとして幕府の要職を務めた人物である。島原の乱には当初板倉重昌が上史(大将)として派遣されているが収めきれなかったため、改めて松平信綱が大将となって収めた。

 この松平信綱の領地が現在の埼玉の川越藩であった。そのため供養塔が埼玉にあるのだ。ただしこの供養塔は信綱本人ではなく、後世に家臣が偲んで建てたものだそうだ。

2005_0410_110523AA

 この平林寺は松平信綱の菩提寺である。彼のお墓を含め、一族の墓所も平林寺にある。日本では珍しく、一族のお墓としてはかなり広いもので、なかなか圧巻である。

2005_0410_111823AA

 周囲の広大な寺域は、平林寺境内林として国の天然記念物に指定されている。武蔵野の貴重な自然が残る森である。時間があればゆっくりと散策してみるのも良い。

【写真】2005年4月
【文章】2019年2月

横浜の媽祖廟

P1020215

 媽祖廟は中華圏ではよく見かける祠廟である。航海や漁業を司る道教の神であるので、中国の沿岸部や台湾などで強い信仰を集めている。

 媽祖信仰は日本にも伝わっており、青森から鹿児島まで全国の沿岸部で媽祖像などが残っている。日本における媽祖信仰は、どうやら日本の神様と混淆しているケースもあり、媽祖と天照大神や弟橘媛(オトタチバナヒメ)と混じったりしているようだ。

 写真は横浜の中華街のランドマークにもなっている媽祖廟である。こちらの媽祖廟は上記のような日本の混淆の影響はなく、台湾から分霊されたものだと聞く。

 横浜の媽祖廟には媽祖の他にも玉帝をはじめとした数座の道教神も祀られている。日本で道教の雰囲気に触れてみるには良い場所であると思う。ただ休日になれば人が多すぎて、雰囲気を感じるどころではなくなる。ちなみに上の写真は2013年の旧正月で、普段の休日の比ではないほどに混雑していた。

【写真】2013年2月
【文章】2018年10月

ツインリンクもてぎ (栃木県)

DSC_0036

 興味のない方は驚かれるかも知れないが、日本でモータースポーツが行われるサーキットは、レーシングカート用の小ぶりなものまで含むと、軽く100以上存在する。

 日本でカーレースの最高峰であるF1が開催可能なサーキットは、鈴鹿サーキットと富士スピードウェイの二つであるが、1980年頃までの生まれの方なら、過去に岡山国際サーキット(旧TIサーキット英田)で開かれたことも覚えていらっしゃるかも知れない。確か当時アイルトン・セナが出した岡山国際のラップレコードは未だに破られていないはずだ。

 鈴鹿、富士、岡山を含め、国際レースが開催可能な国際自動車連盟(FIA)公認のサーキットは日本に7つ存在する。そのうちの一つが栃木県の『ツインリンクもてぎ』である。ちなみに他の3つは十勝(北海道)、菅生(宮城)、日田(大分)にある。

DSC_0048

 鈴鹿と同じくホンダの出資により作られたサーキットである。

 オーバルコースとロードコースが重なるように併設されている。写真の奥がオーバルのコース、手前がロードコースだったかと思う。非常に珍しく面白い設計だ。

DSC_0039

 順番待ちをしている時に、RX-7(FD)やロータスのエリーゼ等が快音を響かせていた。

 ほとんどのサーキットでは、走行会やスクールなどのイベントに参加すれば、レーサーのライセンスを持たない一般人でも走ることができる。

 車の性能次第だが、直線も長いので、素人でも危険や恐怖を感じることもなく200km/hくらいは軽く出せる。コーナーでタイヤが少々滑っても、広いからそんなに怖くもない。

 一度そういった体験をしてみるのも悪くはないと思う。良く言われることだが、車の挙動の限界を知ることは、運転の上達にも非常に有益であったりする。

【写真】2014年8月
【文章】2018年4月

榛名山とクルマ

P1020229

 群馬県の榛名山でクルマと言えば、漫画『イニシャルD』を連想してしまうのは、きっと私だけではないだろう。作品中では秋名山となっているが、この榛名山や麓の伊香保温泉の情景描写が随所にみられる。

 私はドラマや映画、漫画などの大好きな作品であっても、その舞台となった場所へわざわざ訪問、いわゆる聖地巡礼には、さほど興味はなかった。そもそもそんな言葉も当時は一般的ではなかったように思う。

 ただし自分の見知っている場所が作品に出てくると懐かしく思うことはあるし、知っている作品に出てきた場所に行ってみたら作品の情景が思い出されることもある。それはそれで楽しいものだと思う。

 2013年に車で登ってみたときは、ものすごい霧だった。麓の伊香保温泉の辺りも霧が出ていたのだが、登るにつれて濃くなり、上の榛名湖の辺りでは数メートル先も霞んで見えた。霧の榛名湖の様子は、それはそれで神秘的なものであったが。

DSC_0464

 実は車で榛名山に登ったのは一回だけではない。その後にも何度か訪問している。晴れた日にワインディングロードを流すのも良い。休日でも伊香保温泉より上は、そんなに車は多くなかったように思う。

 昔はイニシャルDをモチーフにしたゲームもたくさんあったので、実際にはそんなに走ったことがなくても、なんとなくコースを覚えていて走りやすかったりする。それは富士や鈴鹿や茂木などのサーキットもそうだ。ただし実際には公道では安全運転に務めるからスピードレンジが違うし、サーキットも茂木しか実際に走ったことがないのだけれど。

【写真】上:2013年3月 下:2015年4月
【文章】2018年4月
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設