31

 タイ西部のウボンラーチャターニー県チョーンメックから陸で国境を越えると、ラオス側のチャンパーサック県に入ることができる。

 ラオス側にはワンタオと呼ばれる小さな村がある。ここからまずはラオスのチャンパーサック県の県都パークセーに向かうことになる。タクシーやソンテウが客を待ち構えているわけだが、使用されている車は、国境の向こう側のタイとは決定的に違った。

 待ち受けているタクシーの群れは、日本の昭和中期を彩ったセリカ、サニー、セドリックなどを中心とする旧車で占められていた。
 
 旧車マニアなら垂涎ものの車が、なお現役でタクシー としてバリバリ走っていた。それらを見ると、モノを大事にすることが当たり前なのだということを改めて気付かせてくれるのだ。こうやってズラリと並んでい ると、ちょっとした感動すら覚える。
 
【写真】2005年8月
【文章】2006年4月 2016年6月、2018年2月一部修正