最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

NakhonRatchasima ナコーンラーチャシーマー

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

なぜか中華風のコラートのラックムアン

2005-08-17_19.42.47

 タイの大きな街には、ラックムアン(市の柱)と呼ばれる守り神がある。『タイの街のラックムアン』にタグ付けされている過去記事でも書いているので、詳細は省略させて頂く。

 タイは上座部仏教の国であるが、このラックムアン信仰は仏教とは関係がないはずだ。とはいえ、日本でも仏教と神道のほかに、道祖神や精霊信仰に類するもの、あるいは儒教やキリスト教など、多様に混じり合って宗教観や道徳観が形成されているのと同じように、タイでも土着の神様や精霊信仰、華僑の道教など、色々な信仰が混じり合っているようだ。

 写真はコラート(ナコーンラーチャシーマー)のラックムアン。旧市街のちょうど真ん中付近にある交差点の一角にある。ナイトバザールが開かれる通りのすぐ近くだ。知らなければただの小さな中華廟に見える。狛犬の代わりに象がいることを除けば、だが。

 タイのオリジナルの信仰の対象としては不思議な感じであるし、他の都市のラックムアンでこのような中華廟は見たことがない。ただし過去記事でも触れたが、チェンラーイのラックムアンは仏教寺院の境内にあって、すぐそばには中華廟があったりするので、似ているのかも知れない。

 今までたくさんのタイの都市を訪れてはいるが、特に目的をもってラックムアン巡りをしているわけではなかった。しかし、今まで出会ったラックムアンを思い返してみると、本当に多種多様である。今後もし機会があれば、ちょっと意識的にタイの色々な都市のラックムアンを訪れてみようかと思っている。

【写真】2005年8月
【文章】2019年5月

ピマーイの郊外

2005-08-18_17.11.52

 写真はタイのナコーンラーチャシーマ県のピマーイの街の郊外らしかった。というのも、実はこの写真の光景がどこなのか、なぜ撮ったのかも覚えていなかった。ただ、前の写真が以前の記事でも紹介した超巨大な菩提樹で有名なピマーイ郊外のサイ・ンガーム公園、その次の写真ではもうナコーンラーチャシーマ(コラート)の街に戻っていた。

 デジカメではあったがメモリも少なく、そんなにパシャパシャと写真を撮りまくる時代ではない。前後の写真とはかなりの時間が空いていたので、そこからは特定できない。ただしコラートはタイでも有数の大都市なので、いくら郊外っぽいとはいえ、いくぶん寂しい光景はおそらくピマーイの街ではないかと思ったのだ。

 そこでピマーイの街の郊外をGoogleストリートビューで探ってみた。行った記憶がある博物館やサイ・ンガーム公園の周辺から、写真のような中央分離帯がある大きな道路を探す。


 場所は間違いなくここだろうと思う。変わっている建物はあるが、いくつかの建物の形が同じであるし、遠くに見えるガソリンスタンドらしき看板も同じだ。

 予想していたのはサイ・ンガーム公園の近くだったのだが、ずいぶん離れていた。しかし、そういえばと思い出したことがある。往路は博物館の近くでたまたまやってきた三輪タクシーをつかまえて公園まで行った。しかし行ったのは良いが困ったのが帰りだ。タクシーなどが一台くらいは待機しているだろうと思っていたのだが、全くいなかった。地元の人がバイクで来ているばかりで、観光客は他には全くいない。しばらく待ってみたが、タクシーがやってくる気配は毛頭なかった。

 仕方なく往路で見た広い道まで出てタクシーかバスをつかまえることにして、来た道を徒歩で戻った。今ならGoogle Mapなどで細かい地図を確認して、別の道から街まで歩いて戻ることも可能だとわかるのだが、当時はそんな便利なものはない。見知らぬ土地で地図もなければ距離感もわからない。リスクを鑑みれば、とりあえず元来た道を戻るのは悪い選択肢ではない。

 この写真は、そうして広い道まで出て、タクシーやバスが来ないかなぁと探していた時に撮った記憶が微かによみがえってきた。

 昔は色々鮮明に覚えていたものだが、年をとると今となってはそういう時代が懐かしくもあり、もどかしく感じることもある。しかし人の記憶というのは、どういう仕組みなっているのか、不思議なものだ。

【写真】2005年8月
【文章】2018年9月

タイ田舎町の郊外の川岸の小屋

16

 一昔前、タイやラオスの田舎町の郊外などに行けば、こういった川岸に小屋を建てたり、河に浮かべた小さなを住処として、生活を営んでいる風景は頻繁に見られた。

 とはいえ、確か21世紀に入る頃、タイでは基本的にボートハウスは違法になったと記憶している。当時はまだ途上国という印象を強く残していたが、急速に発展する中でこういった風景も消えて行く。

 生活が貧しくなくなるのは良いことだ。豊かさの増加は、ある程度までは幸せを感じる度合と比例すると、どこかの統計でも見たことがある。確かに何もない生活は不自由なものだ。しかし、こういった写真を今更見返してみると、物質的な豊かさが溢れている生活も、何か不自由で幸せではないような気がした。

【写真】2005年8月
【文章】2018年2月

コラートの寺院の変わった形の建物

45

 ナコーンラーシャシーマ通称コラートは、東北部への玄関口となるタイでも有数の都市である。コラートの中心部の市街地は、大きく二つに分けられる。古くからの城壁やお堀の内側である旧市街と、その西に広がる新市街である。

 ワットパーヤップはその境目付近、旧市街の西北端付近にある寺院である。その敷地内に、写真のような不思議な形の建物がある。タイでも珍しい形だと思う。初めて前を通りかかった時から、何の建物だろうと気になったものだ。

 一見すると円形に見えるが、よく見ると正多角形のようだ。写真で面が5つ写っているということは、少なくとも十角形ということになる。距離と角度を変えれば六面見えそうな気もするので、十二角形かも知れない。

 お寺を訪れてみたが、この建物には入れず、説明書きも無かった。結局何の建物でどんな由来があるのかはわからないままだ。ご存じの方がいらっしゃったら、是非ご教授頂きたい。

【写真】2007年5月
【文章】2018年1月

準備中の夜市を覗く

55

 こちらはタイの東北部(イサーン)の玄関口、タイ第二の都市ナコーンラーチャシーマー(通称コラート)の旧市街にある夜市が行われる通り。

 夜だけ通りに露店が出るナイトマーケットは、タイに限った話ではなく、アジア圏で広く見られる。観光地化しているところもあるが、たいていは地元の人々も多く訪れて活気に満ちている。

 こういったナイトマーケットがある場所では、夕刻になるとお店の人が大きな荷物を抱えてやってきて、店を出す準備を始める。

 旅に行ったとき、機会があればこういった夜市の準備しているのを覗いてみるのも楽しい。私もこのコラートに限らず、色々な国の色々な街で、夕刻の準備中の夜市を散策している。

 何を買うわけでも食べるわけでもない。慣れた手つきで屋台を組み立てているお兄さん、綺麗に商品を並べるお姉さん、食べ物の仕込みに大忙しのおばさん、準備を早々に終えて暇そうに煙草を吹かしているおじさん、そういった情景がワクワクするというか、運動会とか文化祭の準備をしているような、忙しいけれど静かというか、不思議な雰囲気がただ楽しいのだ。

11

 同じ日の夜。上の写真よりも2時間程度後、夜市が開いた頃にもう一度やってきた。だいたい同じ場所で撮っているので、なんとなく違いはおわかり頂けると思う。

 準備中の時間はまさに『嵐の前の静けさ』だった。夜市の喧噪と活気は2時間前と同じ場所とは思えない。

 旅の時間の使い方として、こういうのは確かに無駄で非効率なのかも知れないけれど、実は遊びの本質はほとんどが無駄なものなのかも知れない。それを生業としている人は別だが、雪の上を滑るのも、グライダーで空を飛ぶのも、楽器を奏でるのも、山に登るのも、基本的に無駄だからこそ非日常的で自由で楽しいのかも知れない。

 ただ、実際は無駄な経験のほとんどは無駄にはならないのだけれど。少なくともこうしてブログのネタにはなって、一部の物好きな読者様に鼻で笑ってもらうことくらいはできると思う。

【写真】2005年8月
【文章】2017年10月
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設