最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

Savannakhet サワンナケート

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

国境の渡船 [タイ] ムクダーハーン ⇔ [ラオス] サワンナケート

47

 2000年代初頭、タイとラオスの国境で、外国人観光客も越境できるポイントは5カ所だった。2006年には2カ所増えて7カ所になる。

 しかし当時、ウボンの東端チョーンメックとラオスのパークセーを結ぶ国境以外は、すべて大河メコンを渡る必要があった。そのうち橋ができていたのは、タイのノンカーイとラオスの首都ビエンチャン近郊とを結ぶ友好橋のみで、他のポイントでは舟で川を渡って越境していた。物資などもすべて舟や小さなフェリーで運ばれていた。

 写真はタイのムクダーハーンとラオスのサワンナケート間の国境の渡船だ。向こう側に見える赤い屋根がタイのイミグレーションの建物で、すぐ下が船着き場となっている。

 こちらの記事の写真でも確認することができるが、当時この国境を結ぶ橋が建設中だった。開通したのはこの写真を撮ってから、およそ半年ほど後のことである。開通した後に訪れていないので、今となっては渡船が運航されているのか、されていても外国人観光客に開放されているのかはわからない。少なくとも橋での越境がメインルートになっていることは想像に難くないし、同じままであることはないだろう。

 渡船で渡るのは不便だし、時間もかかる。人数がある程度集まらないと出船しない、というのも当たり前のことだった。しかしながら、旅においては、その不便さもまた楽しく、懐かしく思えることもある。逆にあまりにスムースに進めたりすると、後に印象に残っていない。

 もちろん地元の人々にとっては橋ができればどんなに楽だろうかとは思うし、不便も楽しいなんて感覚が旅行者のエゴであることは、重々承知してはいる。日常における不便は多大なストレスになることも理解している。

 ただ、不便さを知っているからこそ、工夫したり、感謝したり、理解しようとしたりすることが多々あるのだろうとも思っている。そもそも旅は棲家にじっとしていることと比べれば不便なものだ。私が旅に出るのは、ストレスのかかりにくい非日常での不便を求めている、という一面もあるような気がする。あんまり不便だったり、危険や不衛生なのは避けることにしているが。

【写真】2006年5月
【文章】2017年11月

ラオス・サワンナケートで泊まったゲストハウスも今はないらしい

27

 ラオスの街サワンナケート、地元の人たちは略してサワンと呼んでいたが、サワンとは天国を意味する。大河メコン対岸のタイ・ムクダーハーンとの国境が開かれている都市であり、ベトナム方面に向かう国道9号線が分岐する要衝でもある。しかし、街中は喧噪で溢れているかと思いきや、長閑で天国という名に相応しい雰囲気だった。

 ただし、その長閑な雰囲気からは想像もできないのだが、第二次インドシナ戦争のラオス内戦において、交通の要衝であったが故に、米軍の猛爆撃にさらされた土地でもある。

 さて、写真はそんなサワンナケートで2006年にお世話になったゲストハウスである。値段ははっきり覚えていないが、確か当時エアコン付の部屋でも一泊一部屋500円くらい、ファン付で200円くらいだったかと思う。ファン付というのは、天井に大きな羽の扇風機が付いている部屋だ。昔はタイやラオスのゲストハウスでは、ファン部屋がデフォルトであったが、21世紀以降エアコン付も急速に増えていったように思う。

 安い割に清潔でよかったと記憶しているが、今の相場だともっと高いはずだ。ただし、このゲストハウスも今は無くなってしまったらしく、今の値段と比較することはできない。

 旅先で良かった場所には、再訪したいと思うことはよくある。そしてもう一度行けたこともあるし、行けても変わってしまったところや、このように行けなくなってしまった場所もある。居住するのと異なり、旅行では気に入った場所や人に寄り添うことはできない。常に訪問した際のわずかな時間を捉えることだけだ。これが縁というものなのだろうと思う。

【写真】2006年5月
【文章】2016年12月

橋がなかった頃のサワンナケートの船着き場

2006-05-01_16.00.26

 タイのムクダーハーンとラオスのサワンナケートの間には大河メコンが流れているが、写真の2006年5月当時、ノンカーイ=ビエンチャン間に次ぐ第二の国境の橋はまだ工事中で開通していなかった。

 旅行者も地元の人も、そして荷物も、すべて渡船でメコン川を渡る。ラオス側のサワンナケートでは、ムクダーハーンで仕入れたものであろう大量の荷物を船からおろしていた。

 橋ができた今となっては、変わっていることだろうとは思う。当たり前だった光景も、いつかは当たり前でなくなったりする。

【写真】2006年5月
【文章】2006年6月  2016年6月・2019年4月修正

ラオスで日本風の菓子パンを食べる

2006-05-02_09.39.19

 ラオスのサワンナケートのバスターミナルの売店で、日本風の菓子パンを見つけた。

 Oishiは、タイで日本食料理店のチェーン展開や日本風のペットボトルのお茶、スナック等を販売しているブランドであるのは知っていたが、菓子パンも売っているのは当時初めて知った。

 日本語の表記もあるのだが、これがまた日本では見かけたことのないような表現等もあって面白い。


【左上】タロイモジャムパン
 日本で見かけたことはないが。確か里芋もタロイモの一種であったはず。買っていないが芋の甘みが生きて美味しいのかも知れない。

【中上】チリペスソパン
 チリペスソとはなんだろうか。チリペーストの間違いか?

【右上・右下】小豆パン
 小豆…そうか、あんぱんか。素直にそう書けば良いと思うのだが。
 某アニメの主人公が小豆パンマンだと、ちょっと残念な語感だ。

【中下】チヨユレートパン
 なんとなく読めるが字は違う。

【左下】タイカスタードクリームパン
 これも何だかよくわからない。日本だと緑色のあんなら、ウグイス豆のあんや抹茶入りを想像する。
 小腹がすいていたので、タイカスタードクリームパンに挑戦してみた。ココナッツミルクが含まれているようで、まろやかな甘み。日本にはない味わいだけれど、私的には美味しかった。

 Oishiブランドのものは、菓子パンだけではなくお茶やスナック菓子にしても、日本の輸入品や完全コピーではなく、タイ人向けにアレンジした『日本風』が多かった。それがまた楽しかったり、興味深かったりするのである。

【写真】2006年5月
【文章】2006年6月  2016年6月、2018年5月一部修正

ラオス サワンナケートで出会った微笑ましい親子

44

 ラオスの都市サワンナケートは、ラオスの中では比較的大きな街なのだが、のどかなところだった。街中をフラリと徒歩で散策していると、民家の軒先でほほえましい親子と出会い、写真を撮らせていただいた。

 ラオスの地方都市は、人も車通りも少なく、とても都市とは思えなかった。インフラは都市らしきところもあるが、雰囲気は山奥の村に感じるものと同じで、のんびり、のどか、という言葉が当てはまる。
 
 家々の軒先では老人がひなたぼっこをし、子供達が元気に遊んでいたりする。通りかかると、みんなニッコリ笑って「サバーイ・ディー(こんにちは)♪」と声をかけてくれる。

 本当に素朴で暖かい人たちの国。大好き、ラオス。

【写真】2006年5月
【文章】2006年5月  2016年6月若干加筆 2018年3月修正
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設