最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

Mukdahan ムクダーハーン

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

国境の渡船 [タイ] ムクダーハーン ⇔ [ラオス] サワンナケート

47

 2000年代初頭、タイとラオスの国境で、外国人観光客も越境できるポイントは5カ所だった。2006年には2カ所増えて7カ所になる。

 しかし当時、ウボンの東端チョーンメックとラオスのパークセーを結ぶ国境以外は、すべて大河メコンを渡る必要があった。そのうち橋ができていたのは、タイのノンカーイとラオスの首都ビエンチャン近郊とを結ぶ友好橋のみで、他のポイントでは舟で川を渡って越境していた。物資などもすべて舟や小さなフェリーで運ばれていた。

 写真はタイのムクダーハーンとラオスのサワンナケート間の国境の渡船だ。向こう側に見える赤い屋根がタイのイミグレーションの建物で、すぐ下が船着き場となっている。

 こちらの記事の写真でも確認することができるが、当時この国境を結ぶ橋が建設中だった。開通したのはこの写真を撮ってから、およそ半年ほど後のことである。開通した後に訪れていないので、今となっては渡船が運航されているのか、されていても外国人観光客に開放されているのかはわからない。少なくとも橋での越境がメインルートになっていることは想像に難くないし、同じままであることはないだろう。

 渡船で渡るのは不便だし、時間もかかる。人数がある程度集まらないと出船しない、というのも当たり前のことだった。しかしながら、旅においては、その不便さもまた楽しく、懐かしく思えることもある。逆にあまりにスムースに進めたりすると、後に印象に残っていない。

 もちろん地元の人々にとっては橋ができればどんなに楽だろうかとは思うし、不便も楽しいなんて感覚が旅行者のエゴであることは、重々承知してはいる。日常における不便は多大なストレスになることも理解している。

 ただ、不便さを知っているからこそ、工夫したり、感謝したり、理解しようとしたりすることが多々あるのだろうとも思っている。そもそも旅は棲家にじっとしていることと比べれば不便なものだ。私が旅に出るのは、ストレスのかかりにくい非日常での不便を求めている、という一面もあるような気がする。あんまり不便だったり、危険や不衛生なのは避けることにしているが。

【写真】2006年5月
【文章】2017年11月

当時建設中だった第二友好橋を望む タイ=ラオス国境

37

 タイ-ラオス間を結ぶ国境では、ノンカーイ=ビエンチャン郊外間の国境の友好橋に引き続き、そのはるか下流のムクダーハーン=サワンナケート間に第二友好橋の建設が進められていた。例によって完成予定は何度も延期を繰り返していたが、とうとう2006年12月に開通した。

  2007年より日本人の短期滞在ではラオス入国にビザは不要となったことは以前に記したが、これには第二友好橋建設への日本の援助が大きく影響しているという。

  写真の右岸はラオス、写真中央付近の奥にかすかに見えるのが第二友好橋。2006年5月のものである。橋桁は建っているが、まだ繋がってはいない。すぐに完成予定は延期になるくせに、この状態から半年後には開通しているのは不思議なものだ。

  左手前に見える建物はタイ側ムクダーハーンのイミグレーション。ここで手続きをして、そのまま渡船でラオスに渡ったものである。橋が開通した今は「旧イミグレーション」になっているかも知れない。

【写真】2006年5月
【文章】2007年1月  2016年6月修正

『地球の歩き方』の間違いとワット・ヨートゲーオシーウィチャイ

48

 タイ東北部のムクダハーンはラオスのサワンナケートとの国境を有する。国境近くにはインドシナマーケットと呼ばれる市場があり、写真はそのそばにあった寺院である。

 明るく近代的なお堂が印象的だった。中はそんなに賑わっているわけでもなく閑散としていたが、仏像の前には敬虔にお参りしている二人の少女が居た。そのせいで仏像やお堂の大きさが更に際立って見えた。

36

 寺の門にはタイ語でワットヨートゲーオシーウィチャイと寺院の名が記されていた。しかし当時『地球の歩き方』には、上と同じ仏像の写真がワット・シーモンコン・ターイの仏像として紹介されていた。ワット・シーモンコン・ターイはインドシナマーケットの北側にある寺院で、こちらの寺院はマーケットの南側にある。

 ガイドブックに載っていたのは恐らく間違った情報だ。後の版で修正されているのかどうかは知らない。『地球の歩き方』は、便利で見やすく、日本人の個人旅行者の聖書(バイブル)とも言える旅行本だと思うし、特に初めてその地に行く時には重宝する。しかし、間違った情報も散見されるのがもったいないところだ。
 
 ガイドブックにしてもインターネットにしても、情報は古くなってしまうこともあるし、悪意はなくても嘘や間違いが載っていることもある。その可能性を理解した上で、現地で得た情報と合わせて、うまく使いこなすことが必要だと感じさせられる。それは情報収集がいかに楽になろうが同じことだ。

【写真】2006年5月
【文章】2006年6月 2016年6月、2018年4月一部修正

インドシナマーケットの金の豚

23

 ラオスの都市サワンナケートとの国境が開かれているタイ東北部のムクダーハーン。同名の県の県都でもある。

 陸続きの国境を持たない日本ではあまり馴染みがないからかも知れないが、国境の街の市場というのは一種独特の雰囲気があるように思う。複数の民族や言葉や文化が混じって溶け合って空気を醸成しているように思える。

 ムクダーハーンの国境近くの市場はインドシナマーケットと呼ばれている。その名の通り、インドシナ半島周辺の名産物、ラオスのコーヒー、中国の雑貨、ベトナムの陶器などを扱う商店や露店が立ち並び、活気で溢れていた。

 昔から中華圏では、豚は金運を上げるとされる。最近は見かけることが少なくなったようだが、昔は日本でも豚の貯金箱がよく見られたのは、その影響だと思われる。また金色や黄色も金運に繋がるのは有名である。中国の縁起ものや風水などは、日本含めアジア全体の文化に影響しているのも多いなぁと思う。

【写真】2006年5月
【文章】2006年5月   2016年6月、2018年4月改訂

  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設