最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

Takhek ターケーク

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

メコンを渡ってタイからラオスに物資が運ばれる

17

 一昨日の記事で、ラオス=タイ間の国境のメコン川のフェリーにタンクローリーにガソリンを積んで、という話をしたが、そういえばそんな写真があったような気がしたので、探してみた。フェリーに積まれている写真ではなかったが、船着き場で待機している姿が収められていた。時期は一昨日の記事よりもちょうど一年前のものになる。
 こちらの写真を撮ったのは、一昨日の記事のパークサンよりもさらにメコンを200kmほど下流に下ったラオスのターケークの街。対岸のタイのナコーンパノムとの国境が旅行者にも開かれている。

 ラオスは海には面しておらず、国土の大半を山間部が占める農業国である。メコンを渡ってタイから来る工業品や物資は、ラオスには欠かせないものである。

 今ではラオス政府も色々と経済に力を入れ始めているようであるが、まだまだ東南アジアの中では先進国であるタイとの差は激しい。タイの田舎町でもラオスの主要都市より街らしい雰囲気で、川のあちらとこちらで物質的な豊かさがまったく違うことに初めは驚いたものだった。

44

 こちらは別の角度から撮ったもの。一昨日の記事で紹介したような簡易型フェリーと、板を渡すだけの船着き場である。

 当時はこの近くを国境の渡船で越えたものだが、2011年に北の町はずれに橋が架かったと聞く。ただし私は2006年以来訪れていないので、今となってはどう変わっているのかはわからない。

【写真】2006年5月
【文章】2017年12月

ラオスの市場の飲食店街

27

 ラオスのターケークの市場にて。
 近代的なショッピングセンターとは程遠い様相だが、東南アジアの地方都市の市場に於けるこんな雑多な感が大好きだ。

 近代的な大きなショッピングセンターや空港などではフードコートやレストラン街が備えられていることが多いと思うが、それはこういった市場においても変わらない。地方都市に於いても3本指に入る程度の大きな市場になると、大抵飲食店の並ぶ一角がある。

33

 フードコート様式と言えば良いのかはわからないが、各店に座席がなく共有(と思われる)テーブルと椅子を使う場合も多い。

 店によっては座席を有するところもあるが、ほとんど「持ち込み禁止」などと固いことを言う店はなく、ある程度は他店で買ったものを食べても容認されているようで、阿吽の呼吸とおおらかな精神で専有されているような感がある。感がある、という言い方をするのは、聞いたわけではないのでそのマナーやルールははっきりとは知らないからだ。

 ラオスのバスの中でも感じたのだが(参照記事:ラオスのオンボロバスで感じた譲り合いの心)、ラオスでは総じて譲り合いの精神が非常に高かったように思う。モノが豊かでない故なのかどうかは、はっきりとはわからない。ただ、日本が物質的に豊かになる反面、徐々に他人への無関心が進み、失いつつある『思いやり』の精神が息づいているように思えたのだ。

 なにせもう10年以上も前の話だ。発展途上にある国の変化は著しく、今となってはその感覚が正しかったのかを証明することも難しい。ラオスでもどこでも、善人も悪人もいるのも当たり前の話で、私とは違う印象を持っている方がいらっしゃってもおかしいとは思わない。あくまで切り取った時間の切り取った断面だけしか見ることができない訪問者の個人的感覚であることはご了承いただきたい。
【写真】2006年5月
【文章】2017年8月

ラオスの街ターケークで見かけた謎の人形

13

 ラオスの街ターケークのバスターミナルのすぐそばのラクサーム市場から、市街をメコン(川)の方に移動している時だった。背後から大爆音で音楽を鳴らしている車が近付いてきた。音が大きすぎる上に、スピーカーも安物らしく、耳障りなくらいに音が割れている。

 見てみると大きな人形を積んだ小型トラックがやってきていた。積まれている人形はお世辞にもデキの良いものとは言えず、作った人や使う人には申し訳ないが、滑稽にも思ってしまった。人形劇かなにかの興行なのか、お祭り用なのか、よくわからなかった。用途は後にも調べてみたがわからず、未だに謎のままである。

※ご存じの方がいらっしゃったら、情報頂ければありがたいです。

【写真】2006年5月
【文章】2016年12月

ラオスのお墓は結構派手なのが多かった

27
01
 
 ラオスのターケークの街を散歩していると、小さな仏塔が林立しているところがあった。タイ東北部でも似たような光景はチラホラ見かけた。どうやらお墓のようだ。下の写真左側の金色の塔は中華系の方のお墓らしく、中国語で書いてあったので確認できた。

 我々日本人が普通に馴染んでいるお墓の形は、海外ではほとんど見かけない。中国では雰囲気は似ているが、やはり形は日本のものとは違う。元々は中国の文化が流入したのであろうが、日本独自の形で進化したのだろうと思ったりする。

 そもそもお墓がない文化も世界中にはたくさんあるだろうし、意味合いが異なるものもあるだろう。それらは宗教や文化的思想と密接に繋がっている。だが弔う形は異なっても、死んだ人を悼む気持ちというのは、ある程度世界共通のものなのだろうとは思う。

【写真】2006年5月
【文章】2016年11月

ラオスのレストランで食べてみるとこんな感じ

50
 ラオスのターケークのレストランにて。

 以前にも紹介したラープ、それにメインディッシュの川魚。ラオスは海がないので、魚は川魚がほとんどだ。それに、ちょっと辛いスープ、ティップ・カオという竹編みの入れ物に入ったカオ・ニャオ(もち米)。二人分にしてはちょっと量が多くて贅沢な感じだ。

 タイやラオスでは、写真手前のようなスープ類をゲーンと呼ぶ。実は日本でタイカレーと称されるのはゲーンの一部である。グリーンカレーやレッドカレーというのも、タイカレーという呼び方と同様、日本をはじめとしたタイ国外での呼称である。ゲーンはご飯と共に食べるのが普通だ。

 ちなみにゲーンの中でも、おすましのようにスープが透明な中華系スープを特にゲーン・ジュートと言う。ゲーン・ジュート・トーフ、豆腐を使った中華風のスープなんかは、どこでも一般的にあるし、辛いものが多くて胃腸が疲れた時に頼んでしまう、ちょっとホッとする味だ。

【写真】2006年5月
【文章】2016年9月
 
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設