最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

台東

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

台湾の田舎の温泉地の駅

P1020154

 知本駅は台湾の台東県台東市にある駅だ。台東の市街からは少し離れた郊外にあり、知本温泉への玄関口としても知られる。

 台東は台湾では島嶼部を除けば、人口も少なく、原住民族の割合も高い、いわゆる最も田舎の地域だと言っても良いと思う。県都である台東市街も大都市というにはほど遠く、ちょっとした地方都市の様相である。その郊外なのだから、それほど発展しているわけはないのだが、とはいえ温泉街の玄関口であるので、そこそこ賑わっているのではないかと思っていた。

 しかし、平日とは言え、駅はあまりにも閑散としていた。待っているタクシーもいるが、そもそも我々以外の利用客がほとんど見当たらない。

P1020153

 ここから温泉へ行くには、バスかタクシーを使わなければならない。だが、そもそもそれらの需要があるのか、と思うくらい誰もおらず、駅前のロータリーも閑散としていた。実際、台東市街からも温泉行のバスはあるので、わざわざこの駅を使わなくても良いのかも知れない。

 飲食店などもなかったと思う。ロータリーの右奥に一軒だけレンタルバイクのお店があった。

P1020155

 無人駅ではなかったが、駅の構内も閑散としていた。

 なんだか台湾ではなく、少し昔の日本の田舎に来たような錯覚を起こす。台湾の鉄道は日本統治時代に礎が築かれており、日本人設計の駅舎も各地に残っているくらいだ。日本と同じような光景が残っていることは、全く不思議ではない。


P1020157

 駅のホームにもあまり人がいない。本当に列車が止まってくれるのか不安になるくらいだ。

【写真】2013年1月
【文章】2019年6月

台湾南東部の知本温泉郷

P1020152

 一目見ただけだと日本の温泉郷の景色にも見えるが、こちらは台湾の台東県にある知本温泉という温泉郷。台東の市街からもそれほど遠くはない。

 台湾には温泉が点在する。海外によくありがちなプールの水浴びのように楽しむ温泉ではなく、日本のように風呂として浸かる温泉だ。温泉好きの日本人による統治期が、ちょうど産業化などの近代文明発展期と重なったことが大きな要因であると思われる。ただし現在に残る台湾の温泉で日本のように素っ裸で入るスタイルの温泉はごく少数残っているとは聞くが、ほとんどの温泉では水着を着用するのが一般的である。

 この知本温泉は元々原住民族(漢民族が入植する以前からの住民)の間でその存在や効能は知られていたらしい。日本統治期に温泉地として開発され、現代に至っている。

 そもそも台東県は首府台北から遠い。離島である澎湖・金門・連江の各県を除けば、陸路で向かった時に一番時間がかかる。また人口が一番少ない県であり、以前の記事で述べたように原住民の割合が最も高い県でもある。つまり台湾の中でも随一の田舎と言える地域であるということだ。

 当然ながら、首都圏近隣の温泉地と異なり、週末に大勢が押し寄せてくる雰囲気ではない。しかし九州ほどしかない台湾本島の大きさであるので、全く人が来ずに寂れるほどの距離感でもない。従って、それなりに開発も進んでいる。要はあまり賑やか過ぎない、ちょうど良い鄙びた具合、と言う風に私には思えた。

 昨今では綺麗なリゾートホテルや小洒落たペンションのような宿も建ち、人気を博しているようだ。日本に似た、それでいて日本と違うところもある台湾の温泉を楽しむのも悪くないと思う。

【写真】2013年1月
【文章】2018年9月

台東で琵琶湖を発見

P1020110

 台湾東部の街、台東。町はずれに大きな森林公園があり、散歩していると『琵琶湖』という表示を発見した。

 日本人からすると琵琶湖と言えば、イメージするのは日本一の湖、滋賀県の琵琶湖以外にない。だが、特にそういった説明はなかったので、名前を日本の湖からとったというわけではないのだろうとは思う。

 日本の琵琶湖に浮かぶ島の一つ、竹生島には弁財天が祀られているのだが、その弁財天の持つ楽器の琵琶に湖の形が似ているということで、江戸時代に琵琶湖と名づけられたものだと聞く。

 その琵琶は名前も含めて中国から伝来したものである。すなわち、中華圏に於いても、たまたま琵琶の形に似ている湖を琵琶湖と名付けても不思議ではない。

 ただ日本人の私としては、それを理解していたとしても、やはり先入観ということもあって、大きな湖を想像してしまうのだ。

P1020109

 実際は公園の中にある小さな湖、というよりは、小さな池だった。

 確かに池の形が括れている感じが琵琶に似ていなくもない。

【写真】2013年1月
【文章】2017年7月

台東の海浜公園

P1020096

 台東は台湾の南東に位置する都市であるが、それほど大きな都市というわけではない。街の中心部付近から、海のほうにフラリと歩いて散策していると、海浜公園に突き当たった。

 せっかくなので、中に入って海のほうまで行ってみることにした。

P1020097

 たまに戦闘機がバリバリと音をたてて飛来するが、公園の中は静かなものだった。ぽつりぽつりと地元の人が散歩をしている程度だ。

 訪れたのは正月明けの真冬の最中である。台湾、特に南部は熱帯の南国であるし、我々日本人にとっては十分暖かいくらいなのであるが、それでも海水浴を楽しめるような気候ではない。暑くなってきたら、人も多くなるのかも知れない。

 また天気がもっとすっきりと晴れていれば、また海も空も青く輝いて綺麗なのであろうが、あいにくの曇り空だった。そういえば台東は名前の通り台湾の東岸にあるので、朝日が綺麗に海から登るのだろうと思う。台東に泊まったときには思い至らなかったが、次に訪れる機会があれば、観に行くのも良いかと思う。

 まぁ南国の冬の曇天の海という、輝いているのか厳しいのかわからないような自然の表情もまたアンバランスさを感じて面白いものである。

【写真】2013年1月
【文章】2017年6月


台湾の森林公園を散歩していて拾った水晶と鉱物狩り

P1020146

 山歩きをするとき、その綺麗な空気を感じるのはもちろんのこと、色々な動植物を観察したりするのも面白いものだ。そして鉱物も色々観察してみるとわかることが色々あって結構楽しい。私の場合、これは日本でも海外でも同じことだ。

 台湾の台東県の森林公園を散策している時、道の脇に白い特徴的な石がいくつか転がっているのに気が付いた。どうやら石英のようだ。鉱脈が近くにあるのだろう。

 実は日本でも石英の鉱脈があるところは多く、そういった山に入ると至るところに写真のような石英が見られる。石英が結晶化しているのが水晶であるが、水晶が宝石の中でも比較的安価なのは希少価値が低いということでもある。

P1020147

 いくつか拾って観察してみると、少しばかり水晶になっているものもあった。道端に落ちているものなので、こんなものだと思う。これくらいの水晶なら、道端の石ころとして落ちているところは日本にもある。

 鉱脈に近いところを探して、比較的大きな石英を割ってみれば、大きく綺麗な六角柱状の結晶を見つけられることもあるが、石英は硬度7で非常に硬くて、普通の岩にぶつけたくらいでは簡単には割れない。むしろ岩の方が削られてしまう。石英同士をぶつけて割るのが早いが、割れたとしても破片が飛び散って危ないので、普通の観光旅行者としてはお勧めできない。

 特に水晶を入手したいわけではない。バードウォッチングと同じような感覚で、山歩きの一つの楽しみとして『鉱物狩り』も良いと思う。石英や雲母などの鉱物を見つけたり、岩壁に金属の鉱脈が走っていたり、火山岩を見つけたりすると、また新たな気付きに繋がったりするのが楽しい。

【写真】2013年1月
【文章】2017年3月
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設