最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

Nan ナーン

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

タイ北部ナーンの街の本頭公廟

2008-01-28_19.27.42

 タイ北部の街ナーンは、ラオスに面するナーン県の県都であるが、山間の盆地の小さな街だった。先般の記事でも触れたが、外国人観光客もほとんど訪れないようだった。

 ナーン随一の名刹はワットプーミン。昔のタイのお札にデザインされていたこともある美しい本堂を持つ寺院である。特に目的もなくナーンにやってきた私だったが、とりあえずは近くの市場を散策したあと、ふらりと歩いてワットプーミンを見に行ってみた。

 天気はそれほど良くなかったが、バケツをひっくり返したような強雨でなく、たまに降る程度の小雨なら、南国の猛暑の中よりもよほど散歩に適している。

 ワットプーミンを訪れて、またふらりと別の道を通って帰る途中、見つけたのがナーンの本頭廟。本頭公については、これまでもタグ『インドシナ半島の華僑オリジナル神・本頭公の廟を巡る』内の記事にて記している通りである。

 旅行ガイドにも載っていなかったと思うし、見つけたのも偶々である。そもそもタイの他の街でみた本頭公廟もすべて旅行ガイドには載っておらず、調べて狙っていったわけでもない。たまたま街をふらりと散策していて見かけたものばかりである。私に縁があるだけなのか、見つけやすい位置にあることが多いのか、そこら中にたくさんあるのか、よくわからないが。

2008-01-28_19.28.36

 中は綺麗なものだった。私の数少ない経験の限りではあるが、どこの本頭公廟も丁寧に掃除や手入れがされていたと思う。それだけ大切な信仰の対象ということなのだろうと思う。

 建物は潮州風だった。本頭公廟は潮州風のものが多いように思う。シンガポールをはじめ東南アジアに進出した華僑は潮州や福州の出身が多いと聞いたことがあるが、それも頷ける。

 門神が二体描かれているが、神荼と郁塁だろうか、それとも秦叔宝と尉遅恭だろうか。少し違うような気もするが、あまり詳しくないのでよくわからなかったのが残念だ。

【写真】2008年2月
【文章】2018年7月

私がナーンを目指した理由

2008-01-28_16.47.05

 まず最初にお断りしておきたい。私はあまり他人の意見に影響されない方だと思う。他人の意見を聞かないというわけではないし、奇を衒うこと、すなわち他人と違うことをしたり、異なる意見を述べることで、ナルシズムを満足させる性質でもない。他人の意見は材料として参考にはするが、評価や判断するのは自分だと考えているだけだ。そんな私は天邪鬼と言われることもよくあるが、自分でも間違いではないとは思う。その天邪鬼の私見ということをご理解頂きたい。

 写真はタイ北部の街ナーンのバスターミナルに到着した時に撮ったものだ。初めての訪問だったので、そのワクワクや不安感とともに、若干の安堵感があったのを今でも覚えている。この話は長くなるが、忘れないうちに書き記しておこうと思う。

 この旅は一人旅だった。いつも通り目的地は決まっていなかった。とりあえずバンコクに到着した日、当日の夜行列車の切符が取れた北部に向かい、翌日にはチェンマイでバスに乗り換えて、タイ最北の県都チェンラーイまでやってきた。

 チェンラーイは何度目かの訪問ではあったものの、当時のあまり垢抜けていない雰囲気は好きだったので、しばらく滞在しても良いかと考えていた。当時はインターネットでの宿予約はほとんど流通していなかったが、たいてい買い手市場で、小さなゲストハウスなどは簡単に飛び込みで入れた。私が宿泊したのは日本人が経営しているゲストハウスで、今はどうなっているのかは知らないが、当時では有名だったと思う。ただ私が選んだのは、単に旅行ガイドの上のほうに載っていたというだけの理由だった。

 各地を旅していると、日本人経営で日本人バックパッカーが多い宿などはしばしば見かける。ここもそんな宿の一つで、なんとなく流れる阿吽の呼吸のような空気感は、しばらく日本を離れたりするとちょっとばかり安心感が感じたり、懐かしくなったりするのかも知れない。

 今までも、旅の途中で日本人旅行者と出会って、情報交換したり、一緒に食事に行ったりした経験はある。もちろんそれは日本人旅行者だけに限った話でもない。そういった旅の出会いというのも楽しいものだ。ただ私の場合、旅の途中で出会った人々と、旅の一部の行程を共にしたり、連絡先を交換するようなことはほぼない。その時は意識していないが後から考えると、旅という非日常に、日常的なしがらみを持ち込みたくなかったのだと思う。

 この宿は確かに日本人には居心地が良いのかも知れない。いわゆるアットホームな雰囲気である。居間のようなところには日本語の本が並び、日本人が居る。日本語で話せる。仲間もできるし、一緒に食事に行ったりする人もいる。中には意気投合して、一緒に旅を始める人も居る。もちろんそれらも自由だし、楽しい旅の出会いの一つだろうとは思う。

 しかし正直に言うと私にはそのアットホームさは少々居心地が悪かった。不愉快な思いをしたわけではない。ただ、日本人と出会って、日本人と話して、日本風のコミュニティに浸るのが心地良いのなら、異国で一人旅する必要はない、と天邪鬼の私の心の声が言うのだ。一人旅の孤独、不便さ、リスク、はあるし、それを軽減させたいのも理解はできる。が、悪く言うなら、せっかく異国に一人旅に来ているのに、なぜか日本人同士でつるんで慣れあっているような雰囲気に溶け込む気にはなれなかった。別に不愛想に応じたわけではないが、ちょっとばかりの旅の情報交換をした程度だ。結局は不必要に日常と非日常の境界線を越えているように感じたのだろうと思う。

 そんな居心地の悪さもあり、到着した当日に近隣をブラリとしただけで、翌朝には逃げるように発ってしまった。チェンラーイは北部の各地への足がかりに便利な地で、俄然旅行者も多い場所であるが、私は『一人旅』がしたくなったのだ。

 チェンラーイから行きやすい場所で、日本人旅行者が少なそうな方面を考えた。そして次の目的地をナーンに決めた。当時の旅行ガイドに載っていたかどうか覚えていないが、少なくとも大勢の旅行者が訪れるような場所ではなかったはずだ。

 バスで結構な長時間かかったと思うが、ようやくナーンに到着した。バスから降り立ち、やっとここから一人旅だ、と思ったところで、なんだかほっとしたのだ。日常のしがらみをやっと振り切った安堵感のようなものだと思う。この後、私が『一人旅』を満喫して帰ったことは言うまでもない。

 最後に重ねて断っておくが、日本人が集うアットホームな宿をすべて否定するわけではない。旅先で出会い、仲良くなるのを否定するわけでもない。ただ、非日常の際、踏み込まれたくない日常との境界線というのがあることに気が付いたという話だ。これは普段の休日や、もしかしたら家庭内や恋人同士の会話等でもあるのかも知れない。このラインは人それぞれで、自分にあった線を見つけられたら、きっと有意義な非日常が過ごせるのだろうと思うのだ。

【写真】2008年2月
【文章】2018年6月

タイ北部ナーンの名刹にあるドーム形の建物 その中は…

05

 以前の記事でも紹介しているが、タイ北部の街ナーンの随一の名刹ワット・プーミンは本堂がタイの紙幣の柄として採用されたこともあるほどの由緒あるお寺である。

 その境内にちょっと変わったドーム型の建物があった。そんなに大きくはなく、入口も頭をぶつけそうなくらいだ。チェディと呼ばれるセイロン様式の仏塔に近い形状をしているが、それもこんなに下膨れのドームではない。私の知る限りでは、タイに影響を与えているインド、ラオス、ビルマ、大理などの様式でもないように思えて、よくわからなかった。

01

 中はまた奇妙な感じで、地獄を表現したものらしい人形がたくさん展示されていた。こうして薄暗いところで撮って若干補正した写真を見るとなかなかオドロオドロしく見えるが、実際のところはそんなに精巧な人形ではなく、すこしばかり滑稽に見えるほどだった。

 東南アジアなどでは、いくつか仏教の物語や逸話を表現した人形が展示されているところがあったりする。それだけ敬虔な仏教徒が多いということだとは思うが、たいていあまり精巧でなく造形が歪であったりして、若干湧き出る敬虔な気持ちよりも滑稽さが勝ってしまったりする。作った人には申し訳ないが。

【写真】2008年1月
【文章】2017年1月

オートバイで傘さし運転は危ないと思います

29

 タイ北部ナーンの街を徒歩で散策しているとき、30分程雨が降ったことがあった。スコールのような強い雨ではなく、日本で言っても普通くらいの雨だ。

 以前の記事にも書いたが、放浪旅行者にとって少々の雨はそれほど悪いものではない。どうしても晴れている時に行きたい場所があるなら予定を変えてしまえばいいだけであるし、何より普段と違った様相を見ることができたりする。

 タイをはじめ東南アジア諸国は暑すぎるせいか、自転車はさほど多くは見かけない。代わりに多いのはオートバイで、田舎に行けば子供が乗り回しているのもよく見られた風景だ。そして雨が降ってくれば、写真のように傘さし運転をするのをよく見かける。二人乗りして、後ろの人が差していたりもする。

 しかしタイは東南アジア諸国の中では格段に豊かで、モータリゼーションの変革も急速に進んだ。田舎でも車の往来は結構多い。そんな中で、こういった交通安全の意識の低さがもたらすものは、安易に予想できることだ。以前の記事にも書いた通り、2015年の世界保健機構(WHO)の調査結果によると、単位人口当たりの交通事故死亡者数はタイが世界二位だそうだ。

 現代の日本では、バイクで傘さし運転をする人は見かけないが、自転車で傘さし運転をする人はいまだに多く見かける。私が子供の頃から声高に叫ばれるようになっているにも関わらず未だになくならないが、れっきとした違法行為である。

 また他にもヘッドフォンで音楽を聞きながらの運転、携帯電話(スマホ含む)を操作しながらの運転なども、昨今メディアなどでも叫ばれているにも関わらず、しばしば見かける。歩きスマホや飲酒運転、シートベルト未着用なども結局は同様だろう。その時々のタイミングで安易にやってしまう気持ちはわからなくもないが、安全への意識の低さが時としてどういう結果を引き起こすか、きっちり認識しなければならないと思う。ミスや過失ではなく、意識的に止められるものなのだから。もちろん自分への戒めとしてでもある。

【写真】2008年1月
【文章】2017年1月

タイ北部の県都ナーンのバスターミナルにもアルファベット表記はありませんでした

16

 ナーンはタイ北部の同名の県の県都である。古くはランナータイ王国の一部として栄えたが、ビルマ軍の占領によって街は荒廃した。現在の街は近世に再建されたのであるが、観光客も少なく、静かでのんびりとした小さな田舎街である。

 この写真は1月末頃に訪問したときのバスターミナルだが、ここではもちろん、この街に居る間、他の観光客らしい人には一切会わなかったくらいだ。

 以前の記事でも触れたことではあるが、たとえ県都のバスターミナルであっても、観光客の少ない田舎のほうに行けば、行く先表示でさえABCのアルファベットは表示されておらず、タイ文字だけだ。日本でも昨今は主要交通機関や観光名所を中心に英語や中国語・ハングルなどの表記や案内が増えたが、一昔前はちょっと都会を離れれば日本語表記しかないことが多かったのと同じだ。

 見慣れた形ではないのでとっつきにくいが、タイ語やハングル等の文字は基本的に表音文字で、表記はアルファベットの組み合わせである。意味はわからなくても、文字の読みを覚えておけば、ある程度の音読はできる。旅人にとって特に重宝するのが、こういったバスや案内板の行先表示だと思う。言葉をたくさん覚えるのは大変だが、いくつかの子音と母音の文字を覚えるだけならそう難しくはないので、旅行者にはお勧めだと私的には思っている。

 例えば、一番手前の14番の行き先นครสวรรค์はナコーンサワン。小さくて見えにくいが4番はクルンテープ、すなわちバンコク行き。私の場合、行く先も決めずに放浪していることも多いので、その街のバスターミナルに着いたら、どこ行きのバスがどれくらいの時間や頻度で出ているのか、ザッとチェックする。その上で、次の日以降どの方面に向かおうかな、と胸算用するのだ。もちろんそれが狂うことも良くあるが、その時にも交通網を頭に入れておくと、次善の策を講じるのが楽になる。

【写真】2008年1月
【文章】2017年1月
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設