最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

フランス プロヴァンス France La Provence

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

南フランスのニースで車上荒らしにあった話

1446510981113

 しばらく更新が滞ってしまった。忘れる前に書き留めておきたい写真や思い出はたくさん残っているのだけれど、一度サボると「明日でいいか」とサボり癖がついてしまう。このままでは追いつかなくなってしまうので、意識的に筆をとることにする。

 この車上荒らし事件も話せば長くなるので、なんとなく書き始められずにいたのだが、忘れる前に書き留めておきたいことの一つだ。

 このとき、私は仕事で南フランスのニース近郊に来ていた。1週間弱だった。事件が起きたのは最終日、しかも帰路の飛行機に乗るために空港の近くまで来ていたのだった。

 最終日は帰るだけの日で、宿を出た我々はレンタカー2台に便乗してニース市街に向かった。総勢11名で、片方の大型ワゴンには私を含めて7名が乗っていた。2名は社外コンサルタント、私を含む5名が同じ会社の社員だ。

 帰路につく前にニース市内でランチをとろうということで、空港にも程近いニース市街の地下駐車場に車を止めた。そして食事をして、余った時間で少しばかり街を散策して車に戻ってきた時に、異変に気が付く。止めていたのは1時間程度のことだったが、大型ワゴンの窓ガラスが割られ、中の荷物が荒らされていたのである。

 ただし、実は私は手鞄やポーチ等を車中に残して車を離れることはしない。PCが入っていて重たかろうが、短時間であろうが、だ。これは国内でも同じことで、ちょっとしたトイレ休憩であっても、車を離れる時に財布・カメラやPCの入った手鞄等を車内に残すことはない。このときも私は、個人用会社用のPC等も含めて、荷物をすべて身に着けていたので被害には合っていない。社外コンサルの一人も鞄をシートの下奥に隠していたので無事だった。被害にあったのは同乗していた他の5人である。会社貸与のPCや携帯電話、私物のPC等も盗られ、誰が何を盗まれたのか、私もすべては覚えていない。

 これより以前にも、同出張中に、食事で車を止めて、皆で店に入る機会はあった。その際、どれだけ時間が短くても、荷物が重たくても、私は荷物を持って出た。このとき私は他のメンバにも「持って出た方が良い」と何度か言っているが、皆の反応は、むしろ私の方が気にしすぎだろう、程度の感覚だった。

 私だけの過度な用心で終わってくれていたらそれで良かったのだが、実際はそうはならかった。私としては、強権的に「荷物を持っていけ」と言っていれば良かったと、後悔の念が残っている。というのも、同乗していた社員5人の中では私だけが次長で、他は課長や監督職だったのだから。ただ、言い訳にしかならないのだが、他のメンバは直属の部下ではなかったし、私は転職してきてたった四か月の新参者で少し遠慮もあって命令的に言いにくかったのだ。

 被害者たちに対して「そら見たことか」「言わんこっちゃない」などと思う気持ちは毛頭ない。海外出張という非日常的な緊張を強いられる中で、一仕事終えて帰路につく直前のつかの間の休息に、日本では不要な緊張を維持するのは難しい。こういうときにモノを言うのは、知識・経験からくる心構えや習慣みたいなもののはずで、だからこそ若干ながらも彼らよりも海外慣れしているはずの私が、無理やりにでも彼らの「大丈夫だろう」という油断を叩き潰しておけば良かったのだ。

 この後、警察に行くのだが、警察が同様の被害者でごった返していることに驚いた。後に知ったことであるが、ニースを中心したコートダジュールでは、こういった車上荒らしが頻発していると、外務省のホームページにも出ていた。

 警察の手続きなどを要したこともあり、予定していた飛行機には当然ながら乗れず、当日はニース空港の近くでもう一泊することになる。そして翌日の便も予定していた関西空港行は取れず、成田行しか確保できなかったので、更にもう一泊東京過ごすことになってしまった。間接的な私の被害と言えば、これで週末の休暇が無くなってしまったことくらいだが、もちろん始末書まで書くことになる他の社員の被害を止められなかった失態からすれば全く大したことではない。

 車の運転でもよく言われることだが、「大丈夫だろう」という思考は、とにかく危険だということを再認識させられたものである。この思考は、単に慢心というより、面倒なことからの逃避であるように思う。そして幸か不幸か、アクシデントというのは毎回皆に発生するわけではなく、むしろほとんど大丈夫な場合が多い。そして何も起こらなければ、用心は単に無駄な取り越し苦労と考えてしまいがちである。これが「(次も)大丈夫だろう」を生み、面倒からの逃避を自分に納得させてしまうメカニズムなのだろうと思う。

 実際、用心していてもトラブルや事故は起こるし、用心しなくても大丈夫なこともある。しかし、用心や予防はできる限りやるに越したことはない。起こらなければそれでよいし、起こった時に後悔するよりは良いと思っているからだ。だから私はこれからも、周囲に気にしすぎだと笑われようが、いくら重たかろうが、鞄は車内には残さないし、財布を尻のポケットに入れることもない。他にも細かな用心や対策は枚挙に暇がないが、これはまた別の機会に。

【写真】2015年10月
【文章】2020年1月

ニースのギャラリーラファイエット

20151031_115750

 旅に出ても、ブランド品を扱うような高級なデパートや百貨店にはあまり興味がない私であるが、ギャラリーラファイエットがパリに本店を置く大手百貨店であることくらいは知っている。

 パリには訪れたことがないが、南仏ニースでギャラリーラファイエットを見かけて、立ち寄ってみた。

 中は昨今の新しい百貨店などとは違って天井が結構低めだった。古めかしい感じであるが、古びて草臥れているわけではない。きちんと手入れされている感があった。店の人は普通に丁寧で愛想がよかったが、日本の百貨店よりも人数が少ない印象を受けた。ただし長い間居たわけではないので、たまたまかも知れない。

 とりあえずTVや写真などで見たことがあるパリのギャラリーラファイエットとはずいぶん異なるような気がしたが、もしかしたら雰囲気などは似ているところもあるのかも知れない。今のところ、私は想像するしかないわけだが。そのうちパリにも行ってみようか…。

【写真】2015年10月
【文章】2018年9月

見慣れない生鮮を眺めるのもまた楽し

20151029_164414

 こちらは南フランスでふらりと立ち寄った小さなスーパー。

 旅行者の場合、キッチンや調理器具がある宿に泊まる機会も少ない。生鮮の食材などは手に入れても調理することができないので、買おうと思うことはほとんどない。しかし所変われば売っているものも変わる。普段見慣れないような野菜や魚が並べられているのは、非常に興味が惹かれるもので、見ているだけでも楽しい。

 また同じものが並んでいても、値段がとても安かったり、逆に非常に高価であったりすることもある。大抵そういった事象には必ず理由があったりするので、調べてみるのも面白い。そういうものの積み重ねが、形のない文化というものの根本であったりすると思う。

 普段の生活をしている場面に於いて、買う必要もないのに生鮮品売り場などをわざわざ物色するのは時間の無駄に感じてもおかしくはないが、実は無駄ではない。どの季節に、どんなものが、どんな値段で売られているのか、という感覚を掴んでおくことは大事なのだろうと思う。

 というのも、例えば我々日本人の多くが写真のカボチャを見て『大きい』と思うのは、普段我々が知っている一般的なカボチャの大きさをベンチマークとして比較しているからだ。それと同じで、新しいモノや少し変わったモノに触れたとき、ベンチマークがあるのとないのとでは感度が大いに異なる。だから日頃の生活に於いても、色々なものを観察してベンチマークを作っておきたい。

 話は飛躍するが、そのベンチマークが海外のものも含めて自分の中で複数できてくることをグローバル化というのだろうと私は思っている。この辺りはなかなか短い文章でうまく説明できないので、また機会があれば追々書こうと思う。

【写真】2015年10月
【文章】2018年4月

アルベール1世庭園からプロムナード・デ・ザングレを望む

20151031_111935

 フランス南部のニースは、紺碧海岸コートダジュールの中核を成す都市の一つである。市内の中心部付近の大通りに挟まれた一角に、アルベール1世庭園という大きな都市公園がある。

 この公園の端は海岸沿いの道路に接している。この海岸沿いにはプロムナード・デ・ザングレという有名な遊歩道がある。Promenade des Anglais、すなわち直訳すればイギリス人の遊歩道ということになる。不思議な名前だと思って調べてみると、温暖なニースで冬を過ごすイギリスの富豪たちの出資によるものだとか。

 私もこの庭園から出て少し歩いてみたが、コートダジュールの空と海の青を満喫できる遊歩道だった。それなりに人は多かったけれど。

 この写真は2015年11月のものである。この8か月後の2016年7月14日、ここで惨劇が起きた。7月14日というのは、フランスに於いては特別な日である。1789年のその日にフランス革命が勃発しており、日本の高校の世界史の授業でも日付まで習うはずだ。そんな日の記念行事を狙ったテロ事件である。記念日の花火の見物客に突入したトラックが止まったのが、ちょうど写真右奥の付近だそうだ。

 以前の記事にも書いたことがあるが、シェンゲン協定や移民受け入れなどが、テロ対策を難しくさせているという面もあるのだろう。ただし、ここでテロリズムについて細かに論うつもりはない。しかし少なくとも、美しい風土や文化が破壊されるのは、単純に寂しく思う。一度行った場所、見た風景ならなおさらである。

【写真】2015年11月
【文章】2018年2月

エズの魔橋

20151030_152304

 欧州には魔橋と呼ばれる橋が散在している。いずれも悪魔が作った、悪魔と契約した、悪魔と対峙した、などの伝承がある。建築当時の土木技術では難工事となったであろう場所が多く、死者や怪我人が出たりしたこともあって、そういった伝承が形成されたのであろう。

 以前の記事のこちらこちらなどで何度か触れてきているが、人智で及ばない事象は神様や魔物の領域なのだ。

 写真はフランスのエズの魔橋。エズはニースとモナコ公国との中間地点あたりに存在する小さな街だ。街の作りや歴史もなかなか興味深いのだが、こちらはまた別の機会にしようと思う。

 魔橋は英語の場合Bridge of DevilあるいはDevil's Bridge、フランス語ではPont du Diableと呼ばれる。

 このエズの魔橋は20世紀初頭に作られたようだ。欧州に散在する魔橋は古代ローマ時代に作られた石造りの橋などの古いものが多く、それらに比べると比較的新しいように思う。しかしながら、悪魔と契約して作ってもらったという伝承があり、魔橋の一つとされているようだ。

 この橋が見渡せるエズの要塞の頂上付近にフランス語と英語で説明書きがあったのだが、写真に撮れておらず、はっきりと記憶もしていない。私の覚えている範囲で恐縮だが、だいたい以下のような話だったかと思う。

 橋を作る際に、『最初に橋を渡ったものの魂を提供する』という約束で悪魔に橋を作ってもらうことになった。一人の農民が生贄に選ばれ、彼は眠れぬ夜を過ごした。翌朝、壮大な橋ができあがっていた。悪魔が魂をもらうために傍に居たが、生贄の百姓は一計を案じて、橋の向こうに棒切れを投げる。彼の犬が飛び出して拾いに行き、犬の魂が悪魔に引き渡された。悪魔は怒ったが後の祭りだった。

【写真】2015年10月
【文章】2017年10月
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設