最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

基隆

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

私が台湾で一番気に入った夜市『基隆廟口夜市』

P1010377

 台湾の都市には、大抵夜になると露店街、すなわち夜市が立つところがある。大きな街では複数の夜市がたつことも多いのだが、それぞれ規模や客層が違ったり、特色があったりして、雰囲気が異なる。それが楽しくて、私も一般的な旅行者にしては結構多くの夜市を訪れているほうだとは思う。

 そんな中でも、私的にはトップクラスに良い夜市と思えたのが、基隆の廟口夜市である。基隆最大の代表的な夜市だ。近くにある奠済宮という廟の門前町がその名の由来である。

P1010379

 基隆は首都台北の外港、すなわち台湾北部の海の玄関口として栄えた港町である。しかしあまり観光客向けというイメージはなく、地元の人々が圧倒的に多いようだった。台北からは日帰り観光の圏内であるせいか、夜に基隆で過ごそうという海外からの観光客はそれほど多くはないのかも知れない。

 夜市の雰囲気というのはどこも楽しいものであるが、それに加わる港街独特の風と潮の香り、それにどこか垢ぬけないというか地元感の漂う雰囲気。かといって閉鎖的でもなく、私のような観光客にも優しかった。それらの相乗効果で、もうフラリフラリと歩いてみてまわるだけでも楽しい夜市だった。

P1010378

 この夜市はグルメで有名とのこと。確かにどこのお店もレベルが高かった。港町なので海鮮も多い。とにかく食べ物露店の種類が豊富だった。

 それに規模感が私的にはちょうどよかった。たくさんの種類の屋台を色々見て回るのに、広すぎると疲れるし、同じような店ばかりだと飽き飽きする。多種類がギュっと詰まっている感じがよかったと思う。

 とはいえ、これらは2~3度訪れただけの私の個人的な感覚である。それにもうずいぶん昔の話となってきているので、今となってはどうなっているかはわからない。また機会があれば行ってみたいものだと思っている。

【写真】2012年1月
【文章】2019年9月

港湾都市のクレーン

P1060240

 台湾の基隆は昔から栄える港湾都市である。台北からも程近い基隆は台北の外港、すなわち海の玄関口とも言える。

 基隆が港湾都市として栄えるようになったのも、日本統治時代の影響であるといえる。元々基隆の港は水深が浅めだったそうだが、日本が台湾統治をはじめてすぐに整備し、大きな船舶も停泊できる港となった。その後、日本から近い位置となる台湾北部の基隆は、内地(日本列島)との貿易港として大いに栄えることとなる。太平洋戦争の終戦直後には、ここからもたくさんの日本人が引き揚げているとのことだ。

 現在においてもその貿易港としての機能は失われておらず、荷物の積み降ろし用のクレーンがズラリと並ぶ港の周囲はなかなかの壮観である。一台のクレーンだけでもかなり圧倒される大きさのはずなのだが、こうやってミニチュアのように並んでいると、大きさを錯覚してしまう。

【写真】2008年12月
【文章】2019年2月

台湾の屋台の寿司

P1010380

 今や寿司は日本だけのものではない。アジアはもちろんのこと、欧米に於いてもSUSHIはそれなりに知られており、駅の売店などでも売られていたりするのだ。

 そして台湾と言えば夜市の屋台。台湾の都市や大きめの街では必ず夜に屋台街のできるところがある。そんな夜市でも寿司は売られていたりする。写真は港町基隆の夜市にて。

 日本でお祭り等の屋台にお寿司が並んでいるとどうにも奇妙な感じがするが、夜市の屋台が盛んな台湾では珍しいことではない。こうやって文化というものが混じっていくのだろうと思う。

 それに考えてみれば、江戸時代の日本などでは普通に屋台で寿司が握られていたという。日本では今や夜市や路上の屋台は絶滅に近い状態にあるが、もしそれらが残っていたら、今でも寿司の屋台があっても不思議ではない、と想像は膨らむ。

【写真】2012年1月
【文章】2018年10月

巨大すぎて全景が撮れない台湾基隆の仏光山極楽寺の山門

P1060208

 基隆には二度ほど訪れているが、この写真は初めて来たときのものだ。土地勘など全くなかった。基隆までやってきてバスで市街を通っているときに、少し遠くに大きな大きな山門が見えた。終点の基隆の駅前付近まで行って散策でもしようかと考えていたが、すぐ次のバス停で降りて向かってみることにした。

 とりあえず巨大な山門や伽藍が目立つ。あまりにも巨大すぎて全景が写真に収まらない。近くに行けば入らないし、遠くからだと建物などが邪魔をする。ちなみに当時は駐車場となっていたらしい写真右下の空き地には、今では建物があるらしいので更に写しにくいのではないかと思う。

 以前の記事でも触れたが、中国では巨大な建築をよく目にする。私は勝手に『巨人向けに寸法を間違えた系』などと呼んでいるが、主に駅や役所、博物館などの公共施設や寺院等に多いのは、権勢や威厳を誇示したいのだろうと解釈している。

 ただし台湾では中国本土ほど『巨人向けに寸法を間違えた系』は多くはないと思う。感覚的には今の日本と同じだ。日本でも昔は権勢を示すために巨大あるいは豪華絢爛な建築などを造ったが、近代以降は大きさよりもむしろ機能性や個性的なデザインを重視しているように思う。これも以前に述べたような日本の凝り性文化の影響もあるのかも知れない。

 ともかく台湾では珍しいと思う巨人向け寺院、実際に行ってみないとなかなかその圧倒されるは感覚わかりにくい。基隆に立ち寄る機会があれば、訪れるのも悪くない。台湾に観光旅行に行けばほとんどの人が訪れる名所・九份からも近い。九份からは基隆行きのバスも出ている。

 九份方面からバスで来る場合は、地図で確認するなり他の人に聞くなりして、終点に着く前に最寄りのバス停で降りることができれば歩いて行ける。信一路を走ってきたら、義二路口で降りる。ただし私の経験も古い話であるし、時間が経てばますます古くなるばかりであるので、最新の情報は確認されたし。

【写真】2008年12月
【文章】2018年9月

台湾 基隆駅前の迷惑駐輪で埋め尽くされた歩道

P1010362

 少し前に羅東駅近くの迷惑駐輪も紹介したが、羅東は言ってみれば田舎の小さな街である。迷惑駐輪のレベルもまだ可愛いものなのかも知れない。

 こちらは昔からの大きな港町、基隆。戦後に日本人の多くがここから引き揚げたことでも知られている。この街の駅付近の迷惑駐輪は、それはもうスゴイものだった。歩道や店先を埋め尽くし、まるで捨てられているように詰めて止められていた。

 一応人が歩くスペースを若干残してはいるが、駅の付近のバス停があるところで、歩行者やバスを待つ人々が大勢いるのだから、迷惑極まりない。これも2012年の写真なので、以降どうなっているのかはわからない。日本では行政側が本気で取締りを行わない限り変わらないのを見てきたことは上述のリンク先の記事でも書いた。やはり台湾でも同じなのだろうか。

 ちなみにGoogleストリートビューで同じ場所を見てみたが、2016年でもあまり改善されているようには見えなかった。



【写真】2012年1月
【文章】2017年7月
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設