最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

Katong カトン

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

プラナカン文化の色濃いカトンの路地

P1000978

 シンガポールはマレーシアに住む中華系移民、すなわち華僑が中心となってマレーシアから独立した国である。シンガポール土着の文化というのはほぼ残っていないが、大航海時代以降の西欧の支配による洋風の文化、マレーシアの文化、中華風の文化が混じりあい、プラナカンと呼ばれる文化を形成している。

 それらは単に交じり合っているだけでなく、混じり合っている。つまり今やシンガポール固有の文化と言えるまでに醸成されていると思う。
※交じる:区別がつく/分別可能 混じる:区別がつかない/分別不可

 シンガポールの市街中心より東側、カトンと呼ばれる地域は、プラナカン文化が色濃い地域である。昨今の建築は、いわゆる日本や他の国の都市でも見られる普通の近代的なビルであったりマンションであったりすることが多いのだが、カトン地区の街並みはそれらとは一線を画している。

 独特のカラフルな色使いが印象的である。また建築様式は洋風だけでなく、アジア風も多く混じる。そのせいか欧州で見られるカラフルな街並みともまた異なる風情を醸し出しているように思う。雰囲気的には澳門(マカオ)の街並みにも似ているかも知れない。

 私は旅に出ると色々な路地を歩いてみたくなる。当ブログにも各地の路地の写真が結構あるとは思う。しかしシンガポールの路地は地区によって大きく雰囲気や情景が違う。淡路島くらいの広さしかない中で、非常に振れ幅の大きい表情の変化を見せるのは、シンガポールならではの魅力のような気がする。

【写真】2011年11月
【文章】2018年10月

シンガポールのマレー系マーケット パサール・ゲイラン・セライ

P1000967

 これまでの当ブログのシンガポールの記事で何度か記しているが、シンガポールは多民族国家である。中華系が八割近くを占めるが、残りの多くがマレー系とインド系だ。シンガポールの国家の成り立ちや歴史には、その国土の位置からもマレーシアが深く関わっているし、マレー文化はシンガポール文化の素地の一つである。

 シンガポールの中心街から少し東に、昔からマレー系イスラム教徒が多く住んでいた地域がある。マレーの食料品や衣料などを取り扱うお店なども多く集まっていたようだ。その地区の大きな市場が、写真のゲイランセライ市場である。

 写真は2011年のものであるが、綺麗な建物だった。少し前に老朽化が進んだために建てなおされたと聞いた。しかし中は少々薄暗くてディープな雰囲気だった。

P1000968

 衣料や食品、お菓子、ハーブ、など様々なお店があるが、やはりシンガポールの他の地区では見かけないものが並んでいることも多い。とにかくマレー文化一色だった。

 当時、あまり写真を撮らなかったので、中の写真が一枚もない。ちょっとディープな雰囲気の庶民の生活の場は、物見遊山的に写真を撮るのは憚られたこともある。昨今ではSNSやスマホカメラも発達して、所構わず写真を撮ってもかなり許容されるようになってきたようだが、当時はまだそこまでの雰囲気ではなかったように思う。

 中にはマレー系の食べ物主体のホーカーズ(フードコートのようなもの)もあって、手軽に本格マレー料理を食べることもできた。

 MRTのパヤレバ駅から徒歩で数分。チャイナタウン、リトルインディアと並んで、シンガポールの多民族国家ぶりを体感できるところだと思う。

【写真】2011年11月
【文章】2018年3月

シンガポール カトンのヒンドゥー寺院

P1000979

 これまでの記事でも触れているが、シンガポールは多民族国家である。一番多いのが7割以上を占める中華系、次いでマレー系、インド系がそれぞれ10%前後だ。この多彩な人種構成が、シンガポールの文化に多様性をもたらしている一因でもある。

 そんなシンガポールの街を歩くと、様々な宗教の寺院を見ることができる。キリスト教の教会もあれば、モスク、仏教寺院、そしてヒンドゥー寺院などが、一緒くたにシンガポールの街に溶け込んでいる。

 上の写真はカトンと呼ばれる地区にあるヒンドゥー寺院で、ガネーシャ神を祀っている。ガネーシャ神についてはこちらの記事でも書いたことがあるので今回は省略させて頂く。この見事な入口の門や内部の柱のレリーフ等は一見の価値がある。

 ちなみにカトンについては、また別の機会に紹介したいと思うが、シンガポールの市街より東側の海岸沿いで、プラナカン文化が色濃く残るエリアである。プラナカン文化とはマレーシア・中国・欧州が折衷しており、多様なシンガポールの象徴的な文化だ。


 この寺院、拝見させて頂いているKennyさんのブログの記事で先日写真が紹介されていた。私もガネーシャ神を祀っているこの寺院に行った覚えはあったのだが、寺の名前は思い出せなかった。正直自分が撮った写真であっても、どこのものか覚えていないことも多くなってきている。

 故に、最近では、場所を特定できる何かを一緒に写したりする。メモ書き代わりだ。

左下部拡大
 P1000979 - コピー

 なるほど、スリ・センパガ・ヴィナヤガー寺院と言うらしい。
 
 文明の利器というのは便利なものだとつくづく思う。

【写真】2011年11月
【文章】2017年6月

  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設