最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

金門

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

金門島で金門牛を食す

DSC_6590

 中国福建省厦門の沖に浮かぶ台湾領の金門島。ここには高梁酒をはじめとしていくつか名産品があるが、金門牛もその一つであるとのことで、食べさせてくれるレストランに行ってみることにした。

 最近は便利なもので、こういう名産やそのお店などもネットを使えば現地ですぐに情報を入手することができる。昔は宿の人やお店の人など、交流を持つことができた限りの小さい範囲で情報を集め、苦労して行ったものだった。楽になったのは良いことに思えるが、実は非日常や趣味の世界では、快適であることは必ずしもプラスとは限らないようにも思う。そもそも趣味というのは、その楽しみを共有しない他人から見れば、なぜ実益もないのに面倒や苦労を嬉々としてやっているのか、と受け取られるようなことばかりだ。だからといって、旅に出てわざと苦労したいとは思わないし、昔の方が良かったとも思わないのだけれど。

DSC_6591

 閑話休題。
 店の中はこんな感じ。まだ夕方の早い時間だったけれど、店は賑わっていた。後で知ったことであるが、それほど大都会ではない金城(金門島の中心街)の夜は早い。暗くなったら閉まる店も非常に多いようだった。

DSC_6592

 ちゃんと金門牛の肉を買ってます、という表記。せっかく来たのだから、地元のものを食べたい。

DSC_6595

DSC_6594

 味は…普通に美味しい。値段もそれほど高くはない、いやむしろ日本人の感覚からするとかなり安い方である。値段相応ではあるが悪くはない。

 日本で〇〇牛などの名前がついているブランド牛と同様のレベルを期待してはいけない。そんなスペシャルで絶品なものではない。しかし離島であることも鑑みると、値段と質のバランスは良いほうだろう。

 そもそも金城に絶品のレストランがひしめいているわけでもなく、むしろ食べるところを探すのに少し苦労するかも知れないような街だったので、選択肢の一つとしては悪くないと思う。



【写真】2019年1月
【文章】2019年10月 

二つの『三眼井』 雲南省ナシ族の村と金門島の村落

P1010968

 こちらは雲南省麗江の古鎮にある『三眼井』、三つ目の井戸という意味であるのはすぐにわかる。

 中国の雲南省やその周辺に多いナシ族(納西族)の伝統的な上水道だとのことである。3つに区切った水場の最上流を飲用、真ん中を野菜を洗う用、最下流をその他の洗浄用とすることで、貴重な水資源を皆で上手に使うための工夫である。確かに飲用や野菜を洗うときに、魚や肉を洗った生臭い水や、洗濯した後の汚れた水は使いたくない。昔はそういう諍いが多く発生していたのだろうし、それはここだけに限った話でもないだろう。

DSC_6664

 別の場所で、同じ『三眼井』という名の上水道に出会った。台湾、といっても本島より福建省厦門に近い金門島にある南山という集落内である。

 ナシ族の三眼井とは形状は大きく異なる。恐らくその目的・用途も異なると思うのだが、こちらは何の説明も資料もないので、なんのために三つ目にしているのかはわからなかった。

DSC_6663

 中を覗いてみたが、真っ暗でよくわからない。少なくとも現在では使われていないようだ。中で繋がっているように思えたが、それなら余計になぜ三つ目にしているのか疑問である。三人が一度に取水できるように、だろうか。

 また『三眼井』で検索してみると、中国各地にいくつか散在している。同じものを指しているのかもわからないし、そもそも単なる地名としてなのか、史跡や名勝としてなのかはわからない。が、各地にあるのだとしたら、これまたルーツや由来にも興味が出てくるのである。

とりあえず覚えている内に、2つの三眼井の場所を記録しておくことにする。




【写真】上:2012年8月 中・下:2019年1月
【文章】2019年8月

薔薇塩味・卵黄味・ガパオ味のポテトチップス

DSC_6694

 私はかなりポテトチップスが好きな方だと思う。しばしば自家製で作るほどだ。そして海外に出れば、大抵の国でポテトチップスはスーパーやコンビニ等で売っている。私は夜にシャワーを浴びたあとのビールのつまみなどにすることも多い。

 日本でもそうだが、ポテトチップスはたいてい色々な味のものが並んでいる。海外では日本では見かけないようなフレーバーもあったりして目移りしてしまうが、やはり日本では見たことがない、そして味の想像もできないようなものを試してみることが多い。世の中にはどんな美味しいものがあるかわからない。ただし結局は基本の塩味に戻ってきてしまうのだが。

 写真は台湾の金門島のもの。その立地からして、製品が台湾島から運ばれてくるもの主体か、中国からのものかはよくわからないのだが、定番の製品群の中にひときわ白い『波的多』と書いた、見慣れない3つのパッケージが目に入った。しかもフレーバーがまたあまり見かけないものである。

 ちなみに波的多はpotetoの当て字であるが、本来中国語のポテト(ジャガイモ)は土豆か馬鈴薯である。

 この3つの白いポテトチップス、左から順に『薔薇塩味』『卵黄味』『タイ・ガパオ味』。2つ目は6折(=4割引き)ということで、他で食べたことがあって味の想像もできるガパオ味以外の二つを購入してみた。

 薔薇塩(中国語で書いてあったのは玫瑰鹽)はいわゆるピンクソルト、ミネラルを多く含む岩塩である。これは塩の旨味が際立ち、なかなか美味しかった。卵黄味は…確かに卵黄の味はするのだけれど、そのコッテリ感がうまくポテトに合っていない感じ、不味いわけではないが美味しくもなく。そして二つに共通していたのが、ポテトがあまりパリッと香ばしく揚がっていなくてイマイチ。とはいえ、またポテチの新たな境地が開けた気がした『波的多』のフレーバーだった。

 海外だとどこでも見るレイズ(Lay's)はだいたい安定して美味しい。たまに変なフレーバーも見かけて、目を白黒させて食べることもあるけれど。

【写真】2019年1月
【文章】2019年7月

金門島の道端の防空壕

DSC_6485

 以前の記事にも書いているが、台湾の統治下にある金門島は、中国大陸の福建省の目と鼻の先にある。台湾本島よりも中国の厦門のほうが断然近い。

 その立地からもわかることであるが、中国と台湾との武力衝突もあった。1950年代には毛沢東が金門島への砲撃を開始し、文字通り雨あられと砲弾が降り注いだのだとか。そして1970年代まで砲撃は断続的にあったとのことだ。

 写真は金門島の街や集落からは外れた場所を散策していた時のもの。主要道ではなく枝道を歩いていたのだが、道端に洞穴のようなものがあった。明らかに自然のものではなく人工のものだが、それほど新しいものではない。入口付近の草むらに踏まれた形跡が全くないので、今では何かに使われていることもないようだ。奥行きは10mあるかどうか、というところである。

 場所はだいたい覚えていたのでGoogleストリートビューでも確認できた。本当に何もない田舎道であることが御覧になれるはず。



 これは私見でしかないが、上述したような歴史から考えると、おそらく防空壕ではないかと思う。サイレンがなったら最寄りの壕に飛び込めるように、島の各所に作られていたのだろう。

 この数十年、台湾では親中政権と対中政権が入れ替わり、外交や政治の駆け引きが行われていることは過去記事にも書いたことがある。しかし昨今では少なくとも対中政権であっても、武力行使に至るほどの緊張関係にはないようだ。だがそんな平和が一瞬にして変わってしまうのも、これまでの歴史上何度も見られていることである。このような防空壕が再び使われる日が来なければよいのだが。

【写真】2019年1月
【文章】2019年6月

我慢?慢心?怠慢?『慢』の標識

DSC_6690

 恐らく漢字圏の人ではなかったら、意味がわからないかも知れない標識。日本人ならこの標識もなんとなく意味がわかるのかも知れない。

 中国語では『ゆっくり』『遅い』を表す時に「慢」を使う。写真は日本で言うところの『徐行』の標識である。

 日本でもこの意味で使うことはあり、緩慢・慢性などがこれにあたる。しかし日本に於いて『慢』という字はどちらかというと『驕る』という意味に使う場合が多く、そのイメージが強いのではないだろうか。例として挙げれば、慢心・高慢・自慢・傲慢・驕慢・暴慢・我慢、等だ。ちなみに今日では『我慢』は意味の違う用法が多いが、元々は自らを偉いと捉える意味合いの言葉である。

 『慢』というのは、仏教の煩悩の一つである。他人と比較して思い上がり、他人を侮る心を指す。サンスクリット語のMānaに由来しているそうなので、中国を経由するときに漢字が当てられたのだろう。つまり日本に於ける『慢』という漢字に対するイメージは、少なくとも日本独自のものではない。

 ここからは勝手な予想だ。

 恐らく『慢』という漢字が日本にやってきた時、二種類の意味合いを持っていたのだろう。元々の『ゆっくり』という意味と、サンスクリット語のMāna=『驕る』の意味である。しかし日本では前者の意味合いとしては定着せず、慢性・緩慢・怠慢などいくつかの熟語だけが名残として残った、あるいは後世に入ってきた。後者の意味合いは仏教の教えと共に定着し、そのイメージが強くなったのかも知れない。

 つまり、私の勝手な推理が正しければの話ではあるが、中国は元々『ゆっくり』の意味を示す字を、新たな概念Mānaの音を示す当て字として使っただけだから、元々の『ゆっくり』の意味合いが強く残っていて当たり前なのである。日本では元々『ゆっくり』のことを『慢』と言っていたわけではないので、文字を輸入してきたとき、仏教用語として使う慢と言う字を『ゆっくり』の意味には当てはめなかった、ということかも知れない。

 素人が書き散らしているだけなので、この辺りでとどめておく。とりあえず標識の文字ひとつから想像や思考を膨らませてみるのも、また面白いものである。

【写真】2019年1月
【文章】2019年6月
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設