最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

Chumphon チュンポーン

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

街角の濡髪の女神

DSC_5657

 タイ南部チュンポーンの市街を、特に行く宛もなくフラリと歩いて散策していた。ちょうど街の中心部と街はずれとの境界辺りに川が流れており、その川に沿って遊歩道があった。少しばかり歩いてみると、小さな祠の裏手に出た。

 この祠、観光ガイドはおろかGoogle Mapにも載っていない無名の小さな祠だ。しかし誰に見せるためのものでもないはずだが、とても丁寧に手入れや掃除がされており、綺麗に祀られていた。なんだか心が和やかになる。

 時間が経てば忘れてしまいそうなので、以下Googleストリートビューにてとりあえず場所を記録しておく。


DSC_5658
※逆光で綺麗に撮れなかったので、強い目に修正を入れた。

 祀られていたのは濡髪の女神メートラニーのようだ。プラ・メートラニーはタイの大地の神様である。詳しくは以下の過去記事で書いているのでご参照頂きたい。


 プラ・メートラニーはタイでは比較的よく見かけるが、ここの像はとても均整がとれていて美しく、しかも躍動感もある。

 無名の祠だったが、良いものを拝ませてもらった。チュンポーンを訪れて、もし時間が余っていたら、近くの市場やラックムアンなども併せて訪ねて観られるのもよいかと思う。

【写真】2018年12月
【文章】2019年8月


チュンポーンのラックムアン(市の柱)

DSC_5673

 こちらはタイ南部の街チュンポーンのラックムアンの社。ラックムアンについては、tag:タイの街のラックムアン(市の柱)の複数の記事でも書いているので詳細は割愛させて頂くが、タイの大きな街には大抵あるその街の守り神のような存在である。

 チュンポーンは同名の県の県都でもあるのだが、入口にはチャンワット・チュンポーンのラックムアンと書かれていたので、市の柱といいながら県の柱なのかも知れない。

※チャンワット:日本の県に近い行政区分で、日本では一般的に県と訳されており、当ブログでも同様に表記している。

DSC_5671

 社の入口には象が並んでいた。他の街のラックムアンでも何か所か象の置物などを見かけたことがある。何かしら関連する伝承などがあるのかも知れないが、私は残念ながら存じていない。

DSC_5670

 こちらがラックムアンのご本尊。綺麗に祀られている。地元の人々の信仰も厚く、掃除も行き届いている。

 ラックムアンの社あるいはご本尊の形状や様式は各都市で様々なのだが、柱に色とりどりの布が巻かれているのは多くのラックムアンで共通してみられるようだ。ただし必ずではない。

 ご神木などにも色とりどりの布が巻かれているのを見かけたことがある。きっとこの色とりどりの布を巻き付ける行為には、何かしら祈願などの意味があることなのだろうとは容易に推測できるが、それ以上のことはわからない。仏教寺院や中華廟ではほぼ見かけないので、民間信仰的なものかも知れない。

DSC_5666

 ラックムアンの近くの広場(公園?)では、市が立っていた。夕刻も近くなっており、大勢の人々で賑わっていた。

DSC_5674

 果物やおやつ・軽食などのお店が多かったように思う。ご飯前でなければ、ちょっと食べ歩きをするのも良い。

【写真】2018年12月
【文章】2019年6月



毒々しくも見えるジューススタンド

DSC_5676

 香港をはじめとしたアジアの街で生搾りの果物のジュースを売るジューススタンドを見かけるのは珍しいことではない。東南アジアの街でも増えていると思われる。ただ、タイの街のジューススタンドといえば、こういうシロップのような液体がズラリと並んでいるのもよく見かけたものである。

 シロップのような、と書いたが、実際かき氷シロップのように甘さが強烈で味が濃い。注文を受けると、ガバッと袋やコップにいっぱい氷を詰め、そこに指定された味のシロップを注ぎ入れ、最後にストローがさしこまれる。

 氷が半ば解けるくらいがちょうどよい飲み頃であるが、喉が渇いているときには飲み頃がやってくる前にずいぶん飲んでしまうことになる。とはいえ、暑い土地で動き回った後は、その暴力的な甘さが心地よく感じることもある。

 値段も味もチープだが、なぜか懐かしい気分にもなる。子供の頃にこういう飲み物ばかりを飲んでいた記憶はないが、もしかしたらその感覚は駄菓子などと共通するのかも知れない、と思ったりもする。

【写真】2018年11月
【文章】2019年6月

ミニ寿司とおにぎりの露店

DSC_5675

 タイのチュンポーンの街で見かけたミニ寿司とおにぎりの屋台。昔に比べて、日本食もずいぶん色々なところで見かけるようになったものだと思う。

 タイではセブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニが普及している。もはやない街はない、といってもよいほど、小さめの街にも日本生まれのコンビニがある。店内はもちろん日本のものと酷似しており、そこではおにぎりなども売られていたりする。特に米が主食の国では、おにぎりやお寿司は違和感なく馴染んでしまうのかも知れない。

 とはいえ、コンビニのおにぎりも、屋台の寿司も、若干定番の具材は日本とは違うようだ。もちろん流行も変わるものかも知れないが、見ていて多かったのはサーモンとシーチキン、ゲソ、あとはトビッコや明太子などの魚卵。おにぎりでも同様の傾向があったような気がする。

 日本では見られないような鮮やかな黄緑色の魚卵、なにかしらのグロい貝っぽいもの、うずら卵の目玉焼き、ピーマンのような緑の野菜、などが載ったミニ軍艦たちもある。なかなか興味を惹かれる光景だ。

 ミニ軍艦たちはすべて1個5バーツ(=18円程度)。おにぎりは1個25~30B(100円程度)くらい。日本の値段からすると妥当な線だが、地元のオーソドックスな食事に比べれば若干高めというくらいだ。

【写真】2018年12月
【文章】2019年6月

朝靄とタンク車

DSC_5708

 タイ南部チュンポーンを発った朝は、靄に包まれていた。早めに来て列車を待つが、列車は遅れているようだ。いつものことである。

 前の線路にはタンク車がズラリと列を成していた。白い靄に包まれて先端は見えない。鮮やかな色合いが目を引く。そういえば日本でも他の外国でも、タンク車はどちらかといえば武骨で単純な色合いが多かったと思う。

DSC_5707

 そもそも日本ではタンク車を見ることも減ってきた。モーダルシフトによる鉄道輸送量の減少もあるが、昨今ではコンテナ化、いわゆるパレット輸送に集約されつつある中で、タンク車も多くがタンクコンテナに切り替えられている。

 昔の貨物列車は色々な形状の貨車が引かれていて、好奇心をおおいに刺激してくれたものだ。もちろんパレット輸送がいろんな意味で効率的なのは疑いようもないが、コンテナ車しか引いていない貨物列車は、鉄道を眺めるのが好きな私みたいな変人にとって、少し風情に乏しく残念に思えるのだ。

【写真】2018年12月
【文章】2019年3月

  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設