最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

アジアの多彩な三輪車

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

福田五星の三輪車

DSC_6251

 福建省泉州にて。

 中国に『福田五星』というメーカーがある。バイクベースの三輪車や電動の三輪/四輪自動車を作っている会社だ。

 古い会社の古いモデルというわけではないはずだ。しかしオート三輪が街を闊歩していた時代を知る人ならば、懐かしさを感じるフォルムではないだろうか。もちろん福田五星はこのデザインの車輛だけではないが、他にもどことなく昭和の町を思い出させるようなデザインをしばしば見かけた。もしかしたら、若い世代には、逆に斬新に見えたりもするのだろうか。

 日本では四輪の方が性能と価格とのバランスが良くなっていったため、三輪車は衰退した。しかし中国でも他のアジア圏でも、いろいろなタイプの三輪車が活躍しているのを見ると、なぜ日本がほぼ絶滅してしまったのか、不思議に感じたりもする。政策とか法規制とか、いわゆる国策が原因ではなかったのか、と思ったりもする。




【写真】2019年1月
【文章】2019年12月

前二輪の自転車型三輪車

2007-05-03_13.21.57

 タイ東北部のマハーサーラカーム県の小さな街で見かけた三輪自転車。

 三輪車はその性質上バイクや自転車の仲間と自動車の仲間に分けられる。両者で挙動も異なるのだが、日本で言えば自動車型のオート三輪はすでに絶滅状態である。二輪に近い三輪も昨今YAMAHAなどが倒れないバイクとして売り出しており、他に宅配ピザのバイクで見かけるような三輪バイクがあるが、ポピュラーな乗り物であるとは言い難いと思う。

 なぜ日本がそのような状況になったのかはわからないし、おそらく複合的な理由なのだろうとは思うが、アジア圏において三輪車は非常にポピュラーな乗り物である。当ブログのタグ:アジアの多彩な三輪車の記事でもたくさん紹介しているが、自動車型から二輪車型、バイクベース、原動機のない自転車の三輪車、サイドカー、電動三輪など、本当に様々な三輪車が走っている。

 写真の三輪車は、原動機がなく漕ぐタイプのものだが、前に二輪があるタイプである。自転車型のものはたいてい後ろが二輪になっているものが多く、前二輪のものはどちらかというと珍しい。タイではピッサヌローク周辺で、エンジン付きの三輪で同様の前二輪のものをよく見かけた。こちらの記事で紹介している通りだ。

 三輪車のタイプ別分布図を見てみたいのだが、そういったものを作った方がどこかにいらっしゃるだろうか。

【写真】2007年5月
【文章】2018年10月

空から路地の電動三輪車の往来を眺める

20171027_161536A

河南省の開封市の路地。
車はあまり通らない、生活感の溢れる路地だった。

先ほど歩いたところだと思って、高所から眺めていると、
次から次へと電動三輪車がやってくる。

20171027_161530A

のんびりした雰囲気で心も和む。
しかし、運転には気を付けてね。

20171027_161558A

最近のデジカメの性能は凄い。

向こうが気付かないほど遠くの高所なのだが、
望遠レンズなどなくても、
人の顔がはっきり認識できるくらい鮮明に写る。
ボカシ入れなければならないほどに。

それはともかく、危ないと思うけど。

20171027_161652A

4枚の写真は約1分間で撮られたものだ。
一日でいったいどれだけの三輪車が往来するのだろう。
生活道路に見えたのだけれど。

【写真】2017年10月
【文章】2018年5月

特に旅行中に小さな子供に見つめられることが多い

DSC_0405

 中国河南省の商丘の街にて。

 私はなぜか昔から、小さな子供に懐かれたり、じっと見つめられたりすることが多い。そういえば犬猫などの動物でも、そんな傾向がある気がする。ただし私は子供嫌い・動物嫌いという程ではないが、特に好きというわけでもない。

 そんなに変わった風貌や服装をしているわけでもないはずなので、不思議に思う。なにか子供や小動物にしか見えないものが見えたり、大人には感じられないものを感じたりするのだろうか。

 DSC_0406
 
 このときもブラリと徒歩で散策していて、追い抜いて行った三輪車に載せられていた子供とたまたま目があっただけだ。でも三輪車がどんどん離れていっても、ずっとこちらを見て、視線を外さない。

 この時は珍しく写真に残っているが、こういうことがよくある。原因が科学的に解明できるのかはわからない。ただ、旅の時に多いような気がするので、やっぱり楽しんでいる雰囲気や表情を、敏感に感じ取っているのかも知れない。

【写真】2014年8月
【文章】2018年2月

山東省の街で乗せてもらった電動三輪車

DSC_0270

 こちらは中国の山東省の街、梁山で乗せてもらった三輪車。

 横に『电动』と書いてある。中国本土は簡体と呼ばれる漢字で、日本よりも更に簡略された漢字も多く使われるが、これは『電動』という漢字の簡体字である。

 文字通りの電動三輪車で、動き出す時もヒュイーンという多少のモーター音がする以外は静かなものだ。

DSC_0269
 
 日本ではピザ配達によく使われている三輪バイク以外ではあまり見かけなくなってしまった。最近ではヤマハが前輪が二輪ある特徴的な三輪バイクを出しているが、まだポピュラーであるとは言えない。しかし日本以外のアジア諸国では色々なタイプの三輪車を見ることがある。

 自動車はすでにグローバルでも標準化が進み、地域によってメーカーに偏りはあっても、車両形状などに地域的な特徴を見ることは少なくなっている。ただし、例えば主にアメリカでボンネット型のトラックやバスが主流であったり、全くないと言うわけではない。

 しかし三輪車においては、オート三輪由来、自動車由来、オートバイ由来、リアカー由来、サイドカー由来など、原型も定まっておらず、多彩なタイプの車両が見られるのが非常に興味深い。恐らくなんらかの経緯や背景などがあってそうなっているのであろうが、それを考えたり調べたりするのもまた面白い。タグ:アジアの多彩な三輪車に於いて、過去に紹介したアジアの色々な三輪車をまとめてあるので、暇な時にでも見比べて頂けると面白いかも知れない。

 中国でも色々なタイプの三輪車を目にする。各省が一つの国であってもおかしくない規模の広大な中国においては、地域によって特色があることも考えられる。

 こちらは恐らく元の車台は三輪バイクが原型だと思われる。ちょうどピザ配達用のバイクに後部座席を取り付け、ハリボテの車体で覆ったような感じで、タイのトゥクトゥクのようなオート三輪をベースにしたものではないようだ。たぶん事故に遭えばペチャンコになってしまいそうな感じだ。そんなにハイパワーではなく、日本の原付よりもスピードは出ないようだったが、街の足としては十分だろう。

【写真】2014年8月
【文章】2017年7月
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設