最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

インドシナ半島の華僑オリジナル神・本頭公の廟を巡る

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

バンコクの中華街裏路地にあった本頭公廟

DSC_5923

 バンコクの中華街の裏路地を歩いている時だった。『新本頭媽廟』という文字が目に入った。これまでいくつかのタイ各地の本頭公廟の記事を記しているが、本頭公はインドシナ半島の華僑だけの土着神である。
※詳しくはタグ『インドシナ半島の華僑オリジナル神・本頭公の廟を巡る』内の記事をご参照ください。

 確かバンコクには本頭媽廟がタクシン橋の近くにもあったはずだが、こちらは別モノである。新とついているから新しくできたものだということだろうか。昔からあったのかどうかもよくわからないが、バンコクは広いので、他にもいくつか本頭公の廟が存在するのかも知れない。

 暗い裏路地である。普通の家っぽい門構えで、周囲に人もいない。いかにも入りにくい雰囲気で溢れていたのだが、せっかく見つけたので入ってみることにした。

DSC_5925

 入ってみると、小さな廟が狭い敷地にいっぱいに建っていた。周辺の草臥れた路地の中では別世界のようで妖しい雰囲気さえ感じた。


DSC_5926

 ご本尊は女神が一体。上の幕には天后聖母と書かれている。天后聖母とは媽祖のことで、主に台湾系の華僑が呼ぶことが多い。ここの本頭公は媽祖と同一視されているようだ。だから本頭公ではなく本頭媽なのか、と得心が行った。

 フアヒンで見た本頭公の廟は媽祖の廟と繋がって隣接していたが、ここはご本尊と一体化している。そもそも本頭公のご本尊は場所によってまちまちで、本頭公という固有の存在があるのかと思ったら、別の道教などの神様を祀っていたりもするので、よくわからない。

 色々調べて巡ってみたいのだが、Google Mapなどのインターネット上の情報ではほとんど各地の所在がわからず、狙って訪問できたことは一度もない。すべて偶然出会ったものばかりである。他にもご存知の方がいらっしゃったら、是非レポートして教えて頂きたい。

【写真】2018年12月
【文章】2018年12月

ビーチリゾートの脇にあるフアヒンの本頭公廟

DSC_5794

 これまでタイ各地の本頭公廟をいくつか紹介しているが、本頭公はインドシナ半島における華僑だけのオリジナルの土着神である。
※詳しくはタグ:インドシナ半島の華僑オリジナル神・本頭公の廟を巡る内の記事をご参照ください。

 Google Mapで『本頭公』などで検索しても出てこないし、『地球の歩き方』などのガイドブックにも載っていない。私が街を歩いて偶然出会ったものだけの紹介であるが、それなりにたくさんの街にあるところを見ると、タイの華人の間ではかなりの信仰を集めているのではないかと思う。

 ハジャイやナコーンシータンマラートは大きな街で、残念ながら私が歩いた範囲で見かけることはできなかったのだが、フアヒンのビーチの北端の辺りで中国廟が集まっている場所があった。その右端に本頭公の廟を見つけた。

DSC_5799

 本頭公廟の正体は地方によってもまちまちでよくわからない。フアヒンのご本尊はなぜか男女のカップル神のようだった。余計によくわからない。

DSC_5795

 四つの廟が並んでいた。土着神や道教、仏教などを全部中華系ということで一括りにしてしまっているらしい。混淆であるとはいえ、少し乱暴な気もしなくはない。

DSC_5800

 本頭公のお隣には天后聖母、すなわち媽祖の廟があった。媽祖は以前の横浜の媽祖廟の記事などでも記しているが、航海や漁業を司る女神で、中国の沿岸部や台湾で強い信仰がある。

DSC_5804

 あとの2つは、観音様と清水祖師の廟。観音菩薩が仏教であることは言うまでもない。

 清水祖師は昔の中国の高僧で、台湾への貢献もあって、台湾における信仰が強い。媽祖を天后聖母と記しているのも台湾に多い表現だったと思う。この廟自体、台湾出身の華人の影響が強いのかも知れない。

DSC_5801

 実は四つの廟は中でも繋がっていたりする。

 乱暴ではあるが、おおらかで良いのではないかと思う。我々が考える以上に神様や仏様は寛容であると思うし、そうであって欲しい。

DSC_5796

 南国の青い海と空にマッチしているのかはよくわからない。が、それはそれで良いのだ。

【写真】2018年12月
【文章】2018年12月




タイ北部ナーンの街の本頭公廟

2008-01-28_19.27.42

 タイ北部の街ナーンは、ラオスに面するナーン県の県都であるが、山間の盆地の小さな街だった。先般の記事でも触れたが、外国人観光客もほとんど訪れないようだった。

 ナーン随一の名刹はワットプーミン。昔のタイのお札にデザインされていたこともある美しい本堂を持つ寺院である。特に目的もなくナーンにやってきた私だったが、とりあえずは近くの市場を散策したあと、ふらりと歩いてワットプーミンを見に行ってみた。

 天気はそれほど良くなかったが、バケツをひっくり返したような強雨でなく、たまに降る程度の小雨なら、南国の猛暑の中よりもよほど散歩に適している。

 ワットプーミンを訪れて、またふらりと別の道を通って帰る途中、見つけたのがナーンの本頭廟。本頭公については、これまでもタグ『インドシナ半島の華僑オリジナル神・本頭公の廟を巡る』内の記事にて記している通りである。

 旅行ガイドにも載っていなかったと思うし、見つけたのも偶々である。そもそもタイの他の街でみた本頭公廟もすべて旅行ガイドには載っておらず、調べて狙っていったわけでもない。たまたま街をふらりと散策していて見かけたものばかりである。私に縁があるだけなのか、見つけやすい位置にあることが多いのか、そこら中にたくさんあるのか、よくわからないが。

2008-01-28_19.28.36

 中は綺麗なものだった。私の数少ない経験の限りではあるが、どこの本頭公廟も丁寧に掃除や手入れがされていたと思う。それだけ大切な信仰の対象ということなのだろうと思う。

 建物は潮州風だった。本頭公廟は潮州風のものが多いように思う。シンガポールをはじめ東南アジアに進出した華僑は潮州や福州の出身が多いと聞いたことがあるが、それも頷ける。

 門神が二体描かれているが、神荼と郁塁だろうか、それとも秦叔宝と尉遅恭だろうか。少し違うような気もするが、あまり詳しくないのでよくわからなかったのが残念だ。

【写真】2008年2月
【文章】2018年7月

どの宗教や文化なのかわからなくなることもあります



2008-01-27_18.30.02

 これはタイ北部の県都チェンラーイで見かけたもの。以前の記事で紹介したチェンラーイの”市のヘソ”、サドゥームアンのすぐ近くにある。

 タイのラックムアン(市の柱)信仰は仏教とは関係のないはずだと以前の記事でも記しているが、これはタイ仏教寺院の境内にあり、しかもすぐ傍にはチェンラーイの本頭公廟があった。

 本頭公は以前にも何度か紹介しているが、インドシナ半島に住む華僑のオリジナル神様である。詳細はタグ『インドシナ半島の華僑オリジナル神・本頭公の廟を巡る』内の記事にて参照されたい。

 この写真の小さな社は、どうも仏教がベースのようだが、かなり中国仏教の影響が見える。本頭公廟があるので華僑も少なからず訪れるせいなのかも知れないが、本頭公は特に仏教の信仰対象というわけでもない。タイの寺院も傍にあり、またラックムアンもある。正直、どの宗教や文化なのかよくわからないが、この辺りはどうやら色々な宗教や信仰が混じりあったエリアなのかも知れない。

 考えてみれば、神仏混淆や道仏混淆は日本や台湾、中国でもよく見られる。他の宗教や土着の文化などと交わりながら、その土地で独自進化を遂げる仏教は、基本的に異文化や異見に対して寛容なのかもしれない。

【写真】2008年1月
【文章】2018年8月

タイ東北部の小さな街ローイエットにも本頭公廟があった

21

24

 ノンカーイの廟ナコーンパノムの廟に続き、インドシナ半島に住む華僑オリジナルの土地神、本頭公の廟をローイエットでも発見した。本頭公の詳細については、ノンカーイの廟の記事を参照されたい。

 ローイエットは同名の県の県都であるが、特に観光名所があるわけでもなく、あまり観光客も見ない。街の中心部は歩いて回れるほどの小さな街である。そして歩いて散策しているときに、この本頭古廟と書かれた廟を発見した。

 このローイエットでもそうだったが、他の街で見かけた本頭公の廟も、そもそもガイドブックにはまったく紹介されていないし、地図にも載っていない。稀に目印として「中国廟」と地図に書かれている場合がある程度だ。

 そんなわけだから、私も本頭公廟を狙って訪問しているわけではなく、たまたま街を散策していて見つけるだけである。だがそれでも遭遇するほどに、タイの小さな街も含めて各地に華僑はおり、本頭公はその華僑たちに信奉されているということだろう。

 ナコーンパノムの時は『洛坤拍儂』が何か悩んだものだが(ナコーンパノムの廟の記事参照)、そのおかげもあって『黎逸』がローイエットの中国語表記であろうことはすぐにわかった。

【写真】2007年5月
【文章】2016年6月
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設