最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

タイの街のラックムアン(市の柱)

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

チュンポーンのラックムアン(市の柱)

DSC_5673

 こちらはタイ南部の街チュンポーンのラックムアンの社。ラックムアンについては、tag:タイの街のラックムアン(市の柱)の複数の記事でも書いているので詳細は割愛させて頂くが、タイの大きな街には大抵あるその街の守り神のような存在である。

 チュンポーンは同名の県の県都でもあるのだが、入口にはチャンワット・チュンポーンのラックムアンと書かれていたので、市の柱といいながら県の柱なのかも知れない。

※チャンワット:日本の県に近い行政区分で、日本では一般的に県と訳されており、当ブログでも同様に表記している。

DSC_5671

 社の入口には象が並んでいた。他の街のラックムアンでも何か所か象の置物などを見かけたことがある。何かしら関連する伝承などがあるのかも知れないが、私は残念ながら存じていない。

DSC_5670

 こちらがラックムアンのご本尊。綺麗に祀られている。地元の人々の信仰も厚く、掃除も行き届いている。

 ラックムアンの社あるいはご本尊の形状や様式は各都市で様々なのだが、柱に色とりどりの布が巻かれているのは多くのラックムアンで共通してみられるようだ。ただし必ずではない。

 ご神木などにも色とりどりの布が巻かれているのを見かけたことがある。きっとこの色とりどりの布を巻き付ける行為には、何かしら祈願などの意味があることなのだろうとは容易に推測できるが、それ以上のことはわからない。仏教寺院や中華廟ではほぼ見かけないので、民間信仰的なものかも知れない。

DSC_5666

 ラックムアンの近くの広場(公園?)では、市が立っていた。夕刻も近くなっており、大勢の人々で賑わっていた。

DSC_5674

 果物やおやつ・軽食などのお店が多かったように思う。ご飯前でなければ、ちょっと食べ歩きをするのも良い。

【写真】2018年12月
【文章】2019年6月



なぜか中華風のコラートのラックムアン

2005-08-17_19.42.47

 タイの大きな街には、ラックムアン(市の柱)と呼ばれる守り神がある。『タイの街のラックムアン』にタグ付けされている過去記事でも書いているので、詳細は省略させて頂く。

 タイは上座部仏教の国であるが、このラックムアン信仰は仏教とは関係がないはずだ。とはいえ、日本でも仏教と神道のほかに、道祖神や精霊信仰に類するもの、あるいは儒教やキリスト教など、多様に混じり合って宗教観や道徳観が形成されているのと同じように、タイでも土着の神様や精霊信仰、華僑の道教など、色々な信仰が混じり合っているようだ。

 写真はコラート(ナコーンラーチャシーマー)のラックムアン。旧市街のちょうど真ん中付近にある交差点の一角にある。ナイトバザールが開かれる通りのすぐ近くだ。知らなければただの小さな中華廟に見える。狛犬の代わりに象がいることを除けば、だが。

 タイのオリジナルの信仰の対象としては不思議な感じであるし、他の都市のラックムアンでこのような中華廟は見たことがない。ただし過去記事でも触れたが、チェンラーイのラックムアンは仏教寺院の境内にあって、すぐそばには中華廟があったりするので、似ているのかも知れない。

 今までたくさんのタイの都市を訪れてはいるが、特に目的をもってラックムアン巡りをしているわけではなかった。しかし、今まで出会ったラックムアンを思い返してみると、本当に多種多様である。今後もし機会があれば、ちょっと意識的にタイの色々な都市のラックムアンを訪れてみようかと思っている。

【写真】2005年8月
【文章】2019年5月

ナコーンシータンマラートのラックムアン(市の柱)

DSC_5469

 ナコーンシータンマラートはタイ南部の街である。街の規模はそれなりに大きいが、あまり見どころはない、と旅行ガイドなどには書いていたりもする。しかし街を歩いてみると、それなりに色々とあるものだ。

 こちらはナコーンシータンマラートの市の柱、ラックムアンの社である。ラックムアンについては、こちらの過去記事でも書いているので詳細は割愛させて頂くが、タイの大きな街には大抵あるその街の守り神のような存在である。

 なかなか美しい場所なので、立ち寄ってみる価値はあるのではないかと思う。

DSC_5471

 立派な白亜のサーンチャオ。サーンチャオとはラックムアンを収めている社のこと。
 なんだかチェンラーイのホワイトテンプル、ワットロンクンを思い出す造形である。

DSC_5477

 濃い蒼の空に白を基調とした尖塔は映える。

DSC_5476

 正面の階段の両端にあるナーガも真っ白。

DSC_5473

 こちらが社の中にあるご本尊のラックムアン。四方に面がついているのは変わっているかも知れない。

 なにか儀式のような感じでお祈りをされていた方もいらっしゃったので、邪魔にならないように…。

DSC_5474

 信仰の対象であり、お供えやお祈りを捧げるスペースもある。

 ナコーンシータンマラートにいらっしゃる機会があれば、訪れてみるのもよいかと思う。

【写真】2018年12月
【文章】2019年4月

チェンラーイのラックムアンは市のへそ

06

 昨日の記事ではローイエットのラックムアン(市の柱)を紹介したが、こちらはタイ最北県チェンラーイのラックムアン。

 そういえば色とりどりの布を巻きつけるのは、多くのラックムアンで共通して見られた気がする。何らかの縁起物なのか、龍を模したりしているのか、日本の寺院にある五色幕とも関係があったりするのか、私は知らないのだけれど、なかなか興味深い。また調べてみようと思う。

 チェンラーイのラックムアンは、サーンチャオと呼ばれる社がなく、雨風吹き曝しの屋外にある。真ん中の本体のラックムアンから放射状に並べられた環状列柱は、恐らくなんらかの意味があるのだろうとは思うが、タイの中でも独特のランナータイ文化が残るチェンラーイでも、他の場所でこういった風景を見かけた覚えはない。少し不思議な雰囲気を醸し出している。

 チェンラーイのラックムアンは他にも特徴がある。ラックムアンの信仰は仏教とは関係ないはずなのだが、チェンラーイのラックムアンは、ワットプラタートチョームトーンという寺院の境内にある。市街地の外れ付近の小高い丘にある寺院で、暑い中まっすぐな参道の階段を登ったのを覚えている。ただ、寺院の脇にある体で、寺院の一部という感じではなかった。

 またチェンラーイのラックムアンは、サドゥームアンという通称がある。訳すと『市のへそ』という意味だ。こういった呼び名であれば街の中心にあることから付いたのかと想像してしまうが、上述した通り、どちらかというと町の中心部から外れている。恐らくこの環状の構造からの連想ではないかと思う。

08

 私が着いたのはそろそろ夕刻といった時間であった。この時は一人旅だ。少し雰囲気を楽しみつつ、休んでいると、白髪のおじさんとそのお孫さんらしき二人連れがいらっしゃった。地元の方だそうで、日本から来た旅行者だというと、笑顔で歓迎の言葉をくださり、少しお話をした。

 英語もほとんど通じなかったので、なんとか片言のタイ語を駆使する。当時はスマホで使える高速な翻訳ツールもなかった。今から思うと不便なものだ。

 私の少ない経験上ではあるが、指差し会話帳や辞書は便利そうに思えても、実際の会話ではほとんど役に立たない場合が多かった。よほど大事なキーワードなら調べることも有効だが、大抵の場合は調べるよりも、知っている単語を駆使して、あとは身振り手振りや筆談、あるいは簡単な絵を描いて説明するほうが方が早く通じる。調べている間、コミュニケーションは双方向ではなくなってしまい、そこでいったん切れてしまうような感覚がある。

 それはともかく、これも2008年の写真なので、少年もきっと大きくなっておられることだろうと思う。おじさんも息災であると願いたい。旅の出会いは大抵の場合、その時限りである。だけれど、ここで出会っていなければ、一生出会うこともなく、お話しすることもなく、こうして写真が残ることもなかったかも知れない。これも縁や巡りあわせというものだろう。

【写真】2008年2月
【文章】2018年2月

タイの地方都市ローイエットのラックムアン(市の柱)

20

 タイの県庁所在地クラスの町では、ラックムアンと呼ばれる柱が祀られているのを見かけることがある。都市の守護神が宿った柱として、住民たちの信仰の対象となっており、綺麗に祀られている。

 正式にはチャオポー・ラックムアンเจ้าพ่อหลักเมืองと言う。チャオポーは男神あるいは父神、ラックは色々な意味があるがここでは棒杭や柱のこと、ムアンは都市や街を意味している。

 最初のラックムアンは現王朝でもあるチャクリー朝の創始者ラーマ1世が、対岸のトンブリーから現在のバンコクに都を移した際、最初の建物に収めたのが始まりだそうだ。ラーマ1世とチャクリー朝の創生については過去の記事などで簡単に触れているので、ここでは割愛する。

 09

 このローイエット以外にもいくつかの街のラックムアンを見たことがあるが、大抵はサーンチャオと呼ばれる社に収められていることが多い。

 ただ、ラックムアンにしても社にしても、どうやらその大きさや形状あるいは様式は、各地で異なる。およそ統一感がないのが不思議でもある。

 各地様々なスタイルで地域の神様を祀るのは、日本の道祖神信仰にも似ている気がする。そういえばタイは基本的には仏教国なのであるが、いわゆるアニミズム、ピーと呼ばれる精霊への信仰も根付いている。日本で言うところの八百万神というか、神様仏様、お化け、霊、妖怪、などの人智の及ばない存在の総称みたいなイメージに近い。単なる感想に過ぎないが、もしかしたらラックムアンはピー信仰の一種なのかも知れないとも思ったりした。

【写真】2007年5月
【文章】2018年2月

  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設