最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

旅先グルメ(食べ物/飲み物)

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

厦門の蚵仔煎(牡蠣のオムレツ)

DSC_6241

 蚵仔煎と言えば、日本では台湾名物の牡蠣のオムレツとして知られている。台湾の夜市や食堂街に行けば、見かけないことはないと言ってよい。

 ただし台湾の料理の多くは中国大陸から来たもので、特に台湾島に近い海岸沿いの潮州や福建省をルーツとするものが多い。したがってそのあたりで同様の料理を見かけても、決しておかしいことではなく、むしろオリジナルに近い可能性も高い。

 福建省の厦門の街でも、メニューに蚵仔煎を挙げているお店を多く見かけた。旅先では大当たりの可能性が頭を過ぎってしまい牡蠣を食べるのを控えることが多いのだが、やはり台湾と違うのかどうか、興味のほうが勝ってしまったので、一度食べてみることにした。

 見た目はよく似た感じだったが、少し違うのは、台湾のもののように片栗粉のような粉が入っておらず、純粋に卵焼きに閉じ込めただけのようだ。そのせいで食感が異なるだけでなく、味もしっかりしているように思えた。上にかかるソースも台湾ほど甘酸っぱくなく、それが牡蠣の味を余計にしっかり感じさせる。これはこれで悪くない、どころか、こちらのほうが美味しいかも。

 色々な場所を訪れると、文化の繋がりに気付くこともある。新たなモノに出会うと、今まで見てきたモノの見え方が変わったりもする。一つの事や物等を極めるのも良いが、その周囲や他を知ることで、繋がりを発見したり視野を広げたりすることも大切なのだろう。

【写真】2019年1月
【文章】2019年11月

金門島で金門牛を食す

DSC_6590

 中国福建省厦門の沖に浮かぶ台湾領の金門島。ここには高梁酒をはじめとしていくつか名産品があるが、金門牛もその一つであるとのことで、食べさせてくれるレストランに行ってみることにした。

 最近は便利なもので、こういう名産やそのお店などもネットを使えば現地ですぐに情報を入手することができる。昔は宿の人やお店の人など、交流を持つことができた限りの小さい範囲で情報を集め、苦労して行ったものだった。楽になったのは良いことに思えるが、実は非日常や趣味の世界では、快適であることは必ずしもプラスとは限らないようにも思う。そもそも趣味というのは、その楽しみを共有しない他人から見れば、なぜ実益もないのに面倒や苦労を嬉々としてやっているのか、と受け取られるようなことばかりだ。だからといって、旅に出てわざと苦労したいとは思わないし、昔の方が良かったとも思わないのだけれど。

DSC_6591

 閑話休題。
 店の中はこんな感じ。まだ夕方の早い時間だったけれど、店は賑わっていた。後で知ったことであるが、それほど大都会ではない金城(金門島の中心街)の夜は早い。暗くなったら閉まる店も非常に多いようだった。

DSC_6592

 ちゃんと金門牛の肉を買ってます、という表記。せっかく来たのだから、地元のものを食べたい。

DSC_6595

DSC_6594

 味は…普通に美味しい。値段もそれほど高くはない、いやむしろ日本人の感覚からするとかなり安い方である。値段相応ではあるが悪くはない。

 日本で〇〇牛などの名前がついているブランド牛と同様のレベルを期待してはいけない。そんなスペシャルで絶品なものではない。しかし離島であることも鑑みると、値段と質のバランスは良いほうだろう。

 そもそも金城に絶品のレストランがひしめいているわけでもなく、むしろ食べるところを探すのに少し苦労するかも知れないような街だったので、選択肢の一つとしては悪くないと思う。



【写真】2019年1月
【文章】2019年10月 

台湾の小籠包

P1070411

 日本では、台湾の代表的な食べ物と言えば小籠包、小籠包と言えば台湾、というイメージが定着しているように思う。

 確かに台湾の小籠包は概してレベルが高いし、小籠包の名店もそれなりに多い。だから前述のイメージも全くの間違いであるとは言わない。しかし少なくとも私的には少し違う。私が勝手に思うに、台湾の代表的な食べ物と言えば魯肉飯や蚵仔煎、小籠包と言えば上海、である。

 台湾の小籠包のイメージが強いのは、台湾の名店が日本に進出していることや、台湾の官民一体の観光政策の影響などが大きいのではないかと思う。


 現代では色々混じったり独自進化を遂げたりしているので一概には言えないが、そもそも台湾の料理といえば、中華料理のうちでも最初に台湾に移り住んだ福建人の料理がベースである。小籠包は上海生まれの浙江料理で、かなり後世に持ち込まれたものなのだ。古くからの台湾人としてのアイデンティティが強い人々の中には、外省人(=太平洋戦争後に大陸から移ってきた台湾人)が持ち込んだ小籠包などは台湾料理とは認めないという意見もあると聞いた。そこまで極端な意見ではなくても、台湾の代表的な料理としては疑義を挟む台湾人は多いのかも知れない。台湾の名物料理の一つではあっても、代表的な料理ではないのだ。

P1070415

 ちなみに上の小籠包の写真は、台北では有名な金品茶樓というお店。鼎泰豐で修行をしたシェフが作る小籠包が人気だが、他のメニューも豊富で美味しい。

 ただし。以前にも書いたことがあったかも知れないが、私的に一番小籠包が良かった街はどこかと言われると、一瞬の迷いもなく上海と答える。上海でも台湾でも、そのほかの地域でも、結構たくさんのお店で小籠包を食べたと思う。高級な名店もあれば巷の小汚い食堂もあった。その平均的な実力が一番高かったと思ったのは上海だった。巷のお店でも美味しいし、名店となれば言わずもがな。そして値段も総じて安かった。

 そういうわけで、もし美味しい小籠包を求めて旅をするなら、私的には上海やその周辺の浙江省をお勧めする。ただ断っておくが、台湾も素晴らしいパフォーマンスであることが多いし、私も台湾に行って食べるものに迷ったら、とりあえず小籠包を食べに行こうと思い立つ。

 だってルーツだどうだの、歴史がどうだの、シェフだの名店だのと言ったって、結局は値段の割に美味しければ満足なのだから。

【写真】2009年12月
【文章】2019年8月

開封の老舗レストラン『第一楼』

20171028_192256A

 一つ前の記事でも述べたが、開封は灌湯包子が名物料理である。フラリと立ち寄ったお店でも食べてみたが、やはりせっかく来たので、開封ナンバー1との声も高い老舗レストランで食べてみたくもなった。

 実は開封で投宿した場所の近くにあり何度か前を通っていた。一応高級レストランとのことで、なんとなく気軽には入り難い雰囲気を感じていたが、入ってみればそんなことは杞憂に過ぎなかった。店は賑わっていて店の人々も忙しく動き、むしろ庶民的な雰囲気に近い。

 ちょうど食事時ということで忙しかったのだろうとは思う。しかし下の写真の鴨肉と灌湯包子の二つの料理を頼んだのだが、鴨肉がやってきてから30分程経っても灌湯包子がやってこない。注文が通ってないのかと思って確認したら、通っていると言う。何度か諦めて席を立とうかと思ったくらいだった。

 そしてようやくやってきたのが写真のものである。

 一般的に小籠包と呼ばれているものよりは若干大き目で平べったい。綺麗な形は菊花に例えられるそうだが、それも頷ける。

 味は…たしかに開封の巷で食べたものよりは美味しかった。値段は確か日本円にして300~400円程度だったと思うのでそれほど高くはないし、費用対効果も悪くはない。とはいえ、開封随一のお店だとすれば、若干残念な感じでもある。

 上海や台湾の美味しいお店のようにスープもこぼれるほどでもないし、それほどジューシーでもない。美味しいことは美味しいけれど、こんなもんか、と思ってしまったのが正直なところだ。

 色々な美味と出会いを重ねると無駄に舌が肥えてしまう。仕方がないことだとはいえ、純粋に未知との遭遇を楽しめなくなっていくのはちょっと寂しい気もする。これは美味に対するものだけでなく、美景や他の色々な刺激に対しても同じである。

20171028_185502A

 閑話休題。灌湯包子だけでなく、蒸した鴨肉も頼んだ。中華圏ではポピュラーで、中国や台湾へ行ったら必ず食べたくなるものの一つだ。値段は忘れてしまったが、老舗レストランの割にはそれほど高くはなかったはずで、こんなに山盛りでやってきて驚いた。

 鴨は大好きなのでとりあえず美味しくは食べられるが、とても塩辛すぎた。また鴨肉は肉が固くなりやすく、それをフワッとジューシーに仕上げるのが名店の技だと思うが、それほどレベルが高いものでもなかった。残念ながらこの一品も、開封随一の老舗レストランと呼ぶにはふさわしくないと思えた。

 ただし、灌湯包子も鴨肉も、それほど不味かったわけではないし、値段的にも高くはない。巷の庶民的な食堂で出されていたら、普通にこんなもんかと思って食べるだろう。開封随一の老舗レストランと期待しすぎたのがいけなかったのかも知れない。

 まぁこれもまた行ってみないとわからないことなので、別に後悔はしていない。これもまた旅の思い出、である。



【写真】2017年10月
【文章】2019年8月

開封名物の灌湯包子、小籠包とどう違う?

20171027_194836A

 河南省の古都、開封の街では『灌湯包子』を出すお店がたくさんある。発祥の地と書いてあったのも見たが、他にも発祥の地を謳う土地があるようで本当のところは知らない。ただ古くから愛されていて、名物となっているのは確かなようだ。

 上の写真はお粥がメインの食堂だが、軒先には『開封名物・灌湯小籠包』の幟が掲げられている。

20171027_194816A

 幟の下には金属製の蒸籠が設置されていた。

 ちょうど晩飯時で、フラリフラリと屋台などを巡ってつまみながら歩いていたので、この蒸籠につられて、ちょっと入ってみることにした。

20171027_194236A

 一つ食べちゃった後の写真で恐縮である。

 この『灌湯包子』、色々なお店の看板を見ると『灌湯小籠包』や『灌湯包』、あるいは単に『湯包』とだけ書かれているものもあるのだが、ほぼ日本で言うところの小籠包と同じものだと思ってよい。

 ただし、「日本で言うところの」と言ったのには理由がある。本来『小籠包』の定義は日本で一般的にイメージされているものよりもっと広いものだからだ。

 中国では、小麦粉ベースの生地で、肉などの餡を包む料理全般を『包子(パオズ)』という。日本で言うところの豚まん・肉まんは代表的な包子の一種である。小籠包は小籠包子とも言うが、文字通りこれもまた包子の一種で、蒸籠で蒸し上げる、サイズの小さな包子全般を指す。そしてその小籠包の中でも、日本で一般的に小籠包と言った時に連想されるスープをたくさん含んだものは、中国では「スープ入りの小籠包」あるいは「スープ入りの包子」という意味で、『小籠湯包(子)』『湯包(子)』などと呼ばれる。

 『灌湯包子』の灌という字は、灌漑や灌仏会などの単語で使われるが、水などを流して注ぎ入れる、という意味がある。つまり灌湯包子もまたスープ入りの包子という意味なのだ。『灌湯小籠包』も普通に文字の意味から「スープ入りの蒸籠の包子」、すなわち小籠湯包(子)とほぼ同じものだということがわかる。

 長々と小籠包の言葉の定義について書いてしまったが、開封名物の灌湯包子は日本でイメージされる小籠包とほぼ同じものだと考えてもよい。とはいえ、味を言うと、小籠包の発祥とされる上海と比べた場合、圧倒的に上海の方が美味しかった。開封のほうが値段もかなりお手軽で安かったが、費用対満足度で言っても若干上海に軍配があがるかと思う。上海も開封もいくつかのお店でしか食べていないし、私感にしか過ぎないが。

【写真】2017年10月
【文章】2019年7月
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設