最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

海外の不思議な日本語

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

足裏マッサージ屋さんの名前は『名古屋』

DSC_4827

 海外の日本語のお店の名前には、『京都』やら『千葉』やら『埼玉』やら『大阪』やら、地名をそのまま店名にしているのをしばしば見かける。

 日本なら、たとえば沖縄料理のお店に『沖縄』とついていたら、ちょっとセンスがないようにも受け取れる。そんな直接的ではなく、その地を連想させる単語や旧国名あるいは方言を使う等、もうちょっと遠回しにその地を思わせるような店名にするのが普通である。

 だが海外でそんな遠回しな表現をしても、ほとんど伝わらない。だからもっと直接的に日本を連想させるネーミングになるのだろう。

 とはいえ、写真はマレーシアのペナンで見かけたフットマッサージのお店。名前は『名古屋』。名古屋ってマッサージで有名だっただろうか?とふと疑問に思ったが、そんなことはないはずだ。

 なぜ名古屋という名前を付けたのかもよくわからない。台北の『埼玉』のように響きが良いから、という理由なのか、それとも店主になにか所縁があるのか…よくわからない。謎のままである。

【写真】2018年11月
【文章】2019年6月

流行の変な日本語Tシャツ

DSC_5992

 2018年末の旅の少し前、日本のTVで「タイで日本語のTシャツが流行っている」と紹介されていたのを見た。以前の記事でも書いているが、タイでは周期的に日本の文化などが流行するようだ。また流行がやってきたらしい。

 確かにバンコクなどの都会では、しばしば日本語の書いたTシャツを着ている人や売られている露店を見かけた。それなりにTシャツに似つかわしい文言などもあるが、なかなか訝しいものも多くて微笑ましい。

 しかし考えてみれば、日本で売られているTシャツでは英語などのラテン系の言葉が書かれているものも多いが、それらは単なるデザインと受け取り、意味を考えないまま買って着ている人も多いのではないだろうか。つまり日本で売られているTシャツも、ネイティブの人が見たら「なんだこれ?」と思われるような文言が書かれているものもあるのかも知れない。

 にしても、日本の文字ではあるが日本の言葉ではない文言、私が見ても意味不明なものまであったりもする。

DSC_4992

 そういえば少し前からSuperdryというブランドが、変な日本語が書いた服やグッズで有名だ。あれはたぶんわざとやっているのだろうとは思う。

 どうやらこれはそのパクリだと思われるが、Superdayとか書いてる。OSAKA?太陽クドーオ?86?もういったい何の意味があるのかはわからない。

 他にもたくさん変な日本語のシャツを見かける。お店で見つけたら、色々変な日本語Tシャツを漁ってみるのも面白いかも知れない。

【写真】2018年12月
【文章】2019年5月




Japaneseは日本語?日本の?

DSC_6139

 バンコクのサイアムセンターにあった案内板。タッチパネルのものが設置されており、時代は進んだなぁと思いつつ、言語選択できるようなので見てみると、『中文』の次が『日本の』。

 タイ語で日本語というときは「~語+日本」という意味の言葉で言うので、タイ語からの翻訳では間違えようがない。おそらく英語のJapaneseという単語が場合によっては『日本の』とも『日本語』とも訳せるせいだろうか。しかし中国語は正しく『中文』と表記されているのがまた不思議である。

 いずれにしても、こんなに目立つところなのに、誰もチェックも指摘もしないものなのだろうか。別に伝わるから良いと言えば良いのだが。

【写真】2018年12月
【文章】2019年3月

ジャスミソ姫

DSC_6572

 ジャスミソ姫。台湾の金門島の資料館にて。

 まぁソとンを取り違えるのは、海外ではよくある間違いだ。しかし毎度のことながら、ここに大きく描いて掲げてしまう前に、誰か気づいて修正しないのか、と思う。

 ちなみにもう一つ言うと、そもそも姫という訳も正しくない。中国語で茉莉仙子、英語でJasmine Fairyと書いてある。日本語でいうならジャスミンの妖精が相応しいと思う。

 ボタンを押すと音声案内が流れたので、かなり長い話だったがしばらく聞いてみた。どうやらこの地方に伝わる神話や伝承のようだ。完全には理解できなかったが、おそらく以下のような話だと思う。

 若者アミン(阿明?)とジーサ(吉沙?)という娘が恋に落ちて、一時はその恋を阻まれて幽閉されたりしたが、ジャスミンの妖精の香りによる導きで二人は再会し、遠くへ逃げて恋は成就した。

※間違っているかも知れません。

【写真】2019年1月
【文章】2019年3月

導いて背負うマッサージ

DSC_6182

 タイはいわゆる古式マッサージ、伝統的なマッサージなどもあり、首都バンコクでも随所にマッサージ屋が見受けられる。そんなバンコクのとあるマッサージ店。

 ご丁寧に日本語訳もつけてくれている。バンコクは旅行者も含めて日本人も多いので、利用者もそれなりに居るのだろう。

 どれどれ…ん?

 『マッサージを導いて、背負ってください』

 これは何だ?

 他の日本語訳はなんとなくわからないわけでもないが、ここだけなぜか文章になっている。

 よく考えてみるとわかった。おそらく『Head』を『頭』ではなく『導く』と訳し、それにともなってandで結ばれる『Shoulder』も『肩』ではなく『背負う』と訳したのであろう。

 つまり典型的な機械翻訳の誤訳だと思われる。混乱させるだけの日本語なら、むしろ無いほうが良いと思わなくもない。

 とはいえ、善意の結果であろうとは思うので、別に非難するわけではない。ただ不思議なのは、なぜこうやって掲げてしまう前にどこかで気が付いて歯止めがかからないのか、ということである。この訳だけ妙に長かったら、何かおかしいと思うのが普通だと思うし、逆翻訳をかければすぐにわかるはずだろう。発注者や印刷者の承認ルートの中でチェックをしていないのも、私からすると不自然である。恐らく仕事のやり方なども文化の違いというものがあるのだろう、と感じる。

【写真】2018年12月
【文章】2018年12月

  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設