最果志向 ~放浪家坂木さんの足跡~

この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ。たまに自作の音楽の紹介。

茶党の旅

【坂木より】
2016年6月2日開設。現状一日1~2記事の更新です。皆様と『最果(さいはて)志向』と『漂泊の思い』を共有できれば幸いです。たまに昔作った音楽も公開しています。

普洱茶(プーアル茶)の茶餅

P1010855

 普洱茶は中国南西部の雲南省を代表するお茶である。日本でも美容に良いとのことで注目されて久しいので、ご存じの方も多いと思う。アレルギーにも良いとのことで、万年花粉症すなわちアレルギー性鼻炎の私も愛飲していた時期がある。効いていたのかどうかは定かでない。即効性のものではないし、飲んでいるときと飲んでいないときの比較が難しいからだ。

 細かな説明はあまりにも長くなりそうなので、今後機会があれば記すこととして、普洱茶は長期発酵・熟成させたお茶である。発酵すると色が真っ黒になるので、中国の六色の色分けによるお茶の分類では『黒茶』とされている。

 面白いのが、英語ではblack teaと言えば、日本や中国で言う紅茶のことである。black teaもまた発酵させて色が黒くなることから来ている。しかし中国では更に黒いお茶、普洱茶が黒茶であり、英語でいう所の黒茶(black tea)はまだ発酵具合が緩やかな『赤いお茶』なのだ。

 日本にはプーアルにしてもblack teaにしても『黒茶』という分類や概念はない。少なくとも紅茶という名は中国から来ているのだろうと思う。欧米から入ってきていたら、黒茶になって更にややこしいところだったのかもしれない。

 P1010854

 このプーアル茶は大きく二つの製法がある。昨今では熟茶という高温多湿にして菌の力を借りる方法が多い。短い時間で大量に熟成することができるからで、日本のスーパーなどで置いている一般的な普洱茶はほぼこれだ。

 古来の製法は生茶と呼ばれる。お茶を天日干しにして茶葉に残っている酵素を活性化させた上で、長時間発酵させるのだとか。私も聞いただけなので本当にそんな作用があるのかはわからないが、ともかく天日干しにするのは絶対条件らしい。

 なんだか動物の糞みたいにも見えるが、茶葉を固めてあるもので、茶餅と呼ばれる。生茶はたいていこの茶餅で売られており、飲むときは少しずつ削ったり崩したりする。

 生茶は作るのに時間もかかるし、年代の古い、いわゆるビンテージものは、かなり高額で取引される。私も数年前に中国で買ったそれなりの年代物の普洱茶の茶餅が一つあるのだが、もったいなくてなかなか飲めない。長期保存しても、品質は落ちないどころか上がるのだから良いのだけれど。

【写真】2012年8月
【文章】2018年2月

茶党の旅

DSC_0412

 コーヒー党か紅茶党か、と問われれば、私は迷わず紅茶党と答える。いや、紅茶に限らず、烏龍茶もプーアル茶も緑茶も含めて、お茶が大好きな茶党である。

 家内はコーヒー党である。従って我が家では特別にリクエストしない限り、朝食にはコーヒーが出てくる。私も家内がコーヒーメーカーで淹れるコーヒーを黙って飲んでいる。別にコーヒーが嫌いなわけではないし、少々の味の違いはわかる程度の舌は持っている。しかしこの十数年の間、私が自分で淹れてまで飲みたいと思ったことは数度しかない。

 昨日は家内が早朝から出かけたので、一人で朝食をとった。自分で淹れるなら、やはりお茶だ。パンにガーリックソースを塗り、チーズを載せて焼いた。(写真には写っていないが)目玉焼きも作った。洋風テイストになったので、ここは紅茶だ。

 最近あまり色々な茶葉を買っていないので、自分でブレンドするバリエーションが少なくなった。特にリラックスタイムに飲むような芳醇な味や香りの茶葉を好んで買うことが多いので、朝の目覚めに良さそうなシャキッと渋系のケニアやアッサムなどはあまり揃っていない。ウバ(セイロン)が少しばかり合いそうという程度だ。

 とはいえ、市販のブレンドも悪くない。というか、プロのブレンダーがやっているのだから、美味しいに決まっている。ただ気分に合わせて調合できないし、好みもあるだろう。

 結局、朝用の紅茶としては定番中の定番、ハロッズのNo.14ブレンドを淹れることにした。有名百貨店ハロッズが送り出した世界中で売られているブレンドだ。感動的に美味しいわけではないが、飽きずに飲める安定の味だと思う。ただ、日本の水で淹れると、地元の英国で飲むよりも若干刺激が少なくてまろやかになり、色合いも薄くなるようだ。軟水だからかも知れない。だから心持ち茶葉を多め、時間も少し長めに淹れるほうが、朝の目覚めには良いと思う。胃腸には良くないかも知れないが、ミルクを淹れても良く合うので問題ない。

 思えば1997年に私がロンドンを訪れたのは、ミュージカルキャッツのオリジナルロンドンキャストを見たかった、ということと、美味しい紅茶を探して、という2つの目標があった。

 世界三大紅茶の産地はインド、スリランカ、中国であり、茶の産地はほとんどアジアであるが、それらはイギリスに多く運ばれブレンドされる。良質の茶葉も多く集まり、優秀なブレンダーが揃うイギリスは、やはり美味しい紅茶を求める人にとっては天国だと思う。実際、日本や中国よりも美味しい紅茶が安価で入手できた。

 その後も旅に出る都度、よく茶葉を買う。烏龍茶、プーアル茶、紅茶、など、種類も様々である。ホントは茶器も欲しいなぁと思うものとたくさん出会うのだけれど、嵩張るので2~3回買って帰ったことがある程度だ。それにお茶は飲めばなくなるが、使わない茶器をコレクションする趣味はないので、控えることにしている。

 お茶については終わりがなさそうなくらい書けてしまうので、本日はこの辺りで。
 続く…かもしれない

世界三大紅茶・祁門の産地を抱える黄山市のお茶市場

P1020630

P1020631

 インドのダージリン、スリランカのウヴァと並び、世界三大紅茶と言われる中国の祁門。日本ではキームンあるいはキーマンと呼ばれる。祁門紅茶は安徽省黄山市の祁門県で作られたものしか名乗ることはできず、周辺で作られている紅茶は祁門と分けて安徽紅茶と呼ばれている。いずれにしても黄山の周辺一帯は有数のお茶の産地なのである。

 黄山市街はほどほどの趣のある田舎の地方都市といった風情で、歩いて散策するにも良いところだった。街をふらりと散歩していると、黄山茶城というところがあった。周辺にはお茶のお店、おそらく問屋だろうと思うが、びっしりと軒を連ねていた。2枚の写真の道の両側はすべてお茶のお店だった。

 日本でも祁門紅茶は簡単に入手できるが、品質があまり良くないものも多いので注意したほうがよい。祁門が有名になるにつれ、産地偽装なのかそうでないのかはわからないが、世界三大銘茶に挙げられるようなお茶とはとても言えない粗悪品もたくさん出回るようになっているらしい。よく祁門はスモーキーだと言われるが、上質なものはそんなことはない。文章で表現するのは難しいが、紅茶の渋みが少なくまろやかで、上質でちょっぴり香ばしい感じがするエキゾチックな華の香り、とでも言えばいいのだろうか。

 購入する場合は、祁門県で取り決めた正式な等級があるので、しっかり確認するほうがよい。ただベストなのは、紅茶に限らず色々なお茶を飲めば違いはわかるようになるので、あとは自分の舌で確かめることだとは思う。観光地の土産物店やスーパーで買うならともかく、ちゃんとしたお茶の店なら、たいてい試飲させてくれる。これは黄山に限ったことではなく、中国本土や台湾でも同じである。

【写真】2013年12月
【文章】2016年6月 2018年8月修正
  
プロフィール
管理人:坂木
ただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。何もないことを見に行く。そんな性癖を勝手に最果(さいはて)志向と名付けた。
職業は会社員。休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。



記事検索
カテゴリー
ブログコミュニティ
いろいろな旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ

いろいろなタイ旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

いろいろな台湾旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

いろいろな中国旅行のブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
メッセージ

名前
メール
本文
Thanks for your visit (UU counts)

    2016/6/2開設